2022-06-29 00:00

日向坂46渡邉美穂、感動の卒業セレモニー「この場を迎えられるってほんとに幸せ」

日向坂46渡邉美穂卒業セレモニーより
日向坂46渡邉美穂卒業セレモニーより
カメラ:上山陽介

再びMCコーナーに移ると、久美が渡邉に対して「最初よりぜんぜん悲しくなさそうなんだけど」と鋭い指摘。ライブ冒頭では涙をこらえていたにもかかわらず、今は笑顔になっている渡邉は、「みんなと踊るの楽しすぎて、最後だって忘れちゃうんですよ」とその理由を語った。ここで、サプライズが。日向坂46の冠番組「日向坂で会いましょう」の司会を務めるオードリーからのビデオメッセージが流された。若林が「ひなあい、何週間かに一回苦しい企画もありますけど、諦めず前へ前へと何かを起こそうとする渡邉さんの姿勢、目に焼き付いております」とたたえれば、春日も「我々は何度も救われましたよ」と語る。

ここからはライブ終盤。最新シングルの表題曲「僕なんか」、渡邉が齊藤とともにセンターを務める「NO WAR in the future 2020」、最新シングルの二期生曲で渡邉がセンターを務める「恋した魚は空を飛ぶ」、そして「誰よりも高く跳べ!2020」をパフォーマンス。「誰よりも高く跳べ!2020」では、冒頭のイントロで渡邉の決めポーズ「ガオー」を全員でやったほか、大サビ前には久美に促された渡邉が「おひさま(日向坂46ファンの総称)、跳べー!」と絶叫した。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS