2022-07-03 12:00

能條愛未、水着やランジェリーショットにも挑戦「恥ずかしくない程度に腹筋とか」1st写真集発売

1st写真集「カーテンコール」(blueprint)取材会に出席した能條愛未
1st写真集「カーテンコール」(blueprint)取材会に出席した能條愛未

乃木坂46の元メンバーで、現在は女優としても活躍中の能條愛未(のうじょう あみ)が、6月30日にファースト写真集「カーテンコール」(blueprint)を発売。都内でリリース記念イベントを開催し、囲み取材に応じた。

乃木坂46の1期生として活動し、2018年12月にグループを卒業した能條。その後、女優として舞台を中心に活動を続けている。今回の写真集は、全編沖縄ロケ。写真は熊谷直子氏が担当し、着替えや入浴シーンなど、プライベートなひとときを惜しむことなく披露。あたかも2人で旅行を楽しんでいるかのような、素の能條愛未が感じられ、自身初となるセクシーカットも収録されている。

オファーを受けた際の心境について能條は「せっかく芸能界にいさせていただいて、いつかは私も写真集を出せたらいいなぁ…でもあまり現実的にはそこまで考えていなくて。乃木坂46現役の時も、周りのメンバーが写真集を出していて『おめでとう!』という気持ちだったんですけど、『私にはまだまだ…かな』というのがあったので、本当に驚きでいっぱいでした」と、その時の心境を振り返る。

それでも決まったからには準備を始めたと言い、「写真集というと、お洋服以外にも水着だったり、今回ランジェリーにも挑戦したので、結構おなかとか脚とか、腕とか、普段見せないところがあらわになるので、恥ずかしくない程度に腹筋とかしてみて、おなかはポヨポヨしていたので(笑)、それを少しでもキュッとなるように筋トレなんかはしてみました」と準備を明かす。

お気に入りカットにはシンプルな表情の1枚を挙げ「今までたくさんの写真を撮っていただいて、この写真集に限らず。その中で、この写真は本当に朝イチでお風呂で撮ったんですけど、スッピンなんですよね(笑)。本当のスッピンで撮影されるというのが『うわぁ~写真集の撮影してるなぁ~』という感じになって。撮影している時も慣れない感覚というか、『大丈夫かな私』みたいな緊張とか不安とかあったんですけど、本当に素のままの私が写っている1枚になったなと思って、お気に入りにしました」と、その理由を説明した。

そんなメモリアルな作品には「90点」と自己採点する。「もうちょっと腹筋の線を割っておけばよかったかなと(笑)」と、正直に打ち明けていた。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA 2022年9月号 BUBKA 2022年9月号
BUBKA 2022年9月号 坂上未優
そよん