2022-07-03 17:00

元乃木坂46能條愛未、まいやんの表情を研究「ナチュラルな感じがすてき」1st写真集『カーテンコール』発売

1st写真集「カーテンコール」(blueprint)取材会に出席した能條愛未
1st写真集「カーテンコール」(blueprint)取材会に出席した能條愛未

元乃木坂46のメンバー・能條愛未(のうじょう あみ)が、1st写真集「カーテンコール」(blueprint)を発売。リリース記念イベントに出席した能條が囲み取材に応じ、作品に込めた思いなどを語った。

タイトルの「カーテンコール」に関して能條は「舞台とかミュージカルをずっと続けているんですが、かなりの緊張しいだし、小心者だし、怖がりだし、本当は性格的にはあまり芸能界に向いていないはずなんです。それでもこうしてずっと続けている理由の一つが、舞台の最後に“カーテンコール”という、演者のみんながお客様に『ありがとうございました』というごあいさつをするんですけど、その瞬間が本当に何にも代えがたい幸福感だったり達成感だったり、あの瞬間が忘れられなくて、そのカーテンコールが大好きです! それが、この世界にずっといる理由なんですね。その一番の理由であるカーテンコールをタイトルに付けました。

撮影中も『(タイトルを)どうしようかな~』『(案が)降ってくるかな~』と考えたんですけど(笑)、なかなかしっくりくるものが浮かばなくて、写真集の中でインタビューしていただいている時に、自分の中で“カーテンコール”というワードが結構出てきて、『あっ! カーテンコールかもしれない!』と、その一瞬でこれしかないとなりました」と、その理由・こだわりを明かした。

グループ在籍時代には多くのメンバーが写真集を出している。今回自身の写真集発売に関して、「誰かの作品を参考にしたか? アドバイスを受けたか?」との質問も寄せられた。

能條は「アドバイスは特にもらってはいないんですけど、なんとなくみんなどんな感じだったっけ…というのでちょっと見て、表情を研究したりはしました。まいやん…白石麻衣ちゃんとか。すごく素晴らしい写真集だったので、まいやんのは。ちょっと勉強をさせていただきました。ナチュラルな感じがすてきだなと、参考にさせていただきました」と、正直に打ち明けた。

最後にファンに向けて「今回の1冊は、とにかく私の今の気持ちが詰め込んであります。それは、この先への希望だったり、期待だったり、あるいは不安だったりとか、全てが詰まっています。写真もそうですけど、最後のインタビューカットも、本当にたくさんのことを語らせてもらって、生い立ちから乃木坂46現役時代の葛藤だったり、そこから卒業して女優としてやっている今の私の本当の気持ちとか、全て赤裸々に語ってますので、ぜひインタビューカットもぜひ読んでほしいなと思っています。たくさんの方に見ていただけることを願っています。ありがとうございました」と、メッセージを送った。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA 2022年9月号 BUBKA 2022年9月号
BUBKA 2022年9月号 坂上未優
そよん