2022-07-24 00:00

日向坂46「W-KEYAKI FES.2022」開催!『太陽は見上げる人を選ばない』で幕開け

日向坂46「W-KEYAKI FES.2022」より
カメラ:上山陽介
日向坂46「W-KEYAKI FES.2022」より
カメラ:上山陽介

日向坂46が出演する『W-KEYAKI FES.2022』が、7月23日、富士急ハイランド コニファーフォレストで開催された。昨年同会場で初開催された『W-KEYAKI FES.』は、1本の欅から生まれ、それぞれ自分たちの坂を駆け上がってきた櫻坂46と日向坂46が、かつて『欅共和国』を行ってきた“聖地”ともいうべき富士急ハイランド コニファーフォレストに集結するという合同野外ライブ。当初、今年は7月21日~24日の4日間にわたり、1日目と3日目を日向坂46、2日目と4日目を櫻坂46が単独ライブを行う予定だったが、櫻坂46メンバーのコロナ感染により2日目と4日目が中止に。21日の初日を経て、日向坂46が今年の『W-KEYAKI FES.』を締めくくることとなった。

前日に影山優佳のコロナ感染がアナウンスされ、この日は20人でライブに臨むことに。小雨が続く中、上村ひなのと山口陽世による影アナを経て、スクリーンに「伝説は、1本の欅から始まった」というメッセージを告げるオープニング映像が流れ始める。続いて、空色ジャケットと白いスカートを着用した日向坂46メンバーがステージに登場すると、いきなり「太陽は見上げる人を選ばない」からライブはスタート。おひさま(=日向坂46ファンの総称)の予想を裏切るオープニングに、客席からはどよめきの声も聞こえるが、すぐに一体感の強い盛り上がりで会場全体の熱量は高まっていき、曲終盤では空高くまで無数もの風船が飛ばされるほか、キャプテンの佐々木久美が「『W-KEYAKI FES.』、開幕です!」と高らかに宣言するなど、早くもクライマックスのような展開を見せた。

その後「Overture」を経て、トロピカルカラーの衣装に着替えたメンバーが再登場すると、「キツネ」でエネルギッシュなステージを繰り広げていく。続くフラッグを使ったダンスパフォーマンスではウオーターショットによる放水も相まって、ステージ上の華やかさが一気に増すことに。そこから「君しか勝たん」に続くと、センターの加藤史帆を中心としたピースフルな空気感におひさまのハンドクラップが加わるなど、多幸感に満ち溢れたステージが展開されていった。

最初のMCでは佐々木久美が櫻坂46キャプテン・菅井友香から預かった手紙を読み上げる一幕も。「日向坂46と櫻坂46は同じ欅から生まれたグループということで、これからもリスペクトし合いながらいい関係を築いていけたらうれしいです」という菅井からのメッセージを受けて、久美も「私たちは櫻坂46さんの分の魂も背負って、この『W-KEYAKI FES.』を盛り上げて、楽しんでいきたいと思います!」と力強いコメントを寄せた。また、加藤史帆の「皆さん、今日はなんの日だと思いますか?」を合図に、この日21歳の誕生日を迎えた河田陽菜をサプライズでお祝い。バースデーケーキを前にした河田は「今年の目標は携帯を見るときに、眉間に皺を寄せないこと。いつも言われているので、気をつけたいと思います(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

その流れで「アザトカワイイ」へとつなげると、メンバーは2手に分かれてトロッコに乗り、会場外周を移動。そして会場後方のサブステージに到達すると、そのまま会場中に散っていく。続く「思いがけないダブルレインボー」ではメンバーの放水や水鉄砲、さらにはウオーターショットも加わり、晴れ間が差し始めた会場に虹を作ろうと試みる。おひさまのみならずメンバー自身も全身水浸し状態だが、『欅共和国』から数えても初めてとなる自らの手による放水に、メンバーはみな終始ご機嫌の様子だった。

その後は金村美玖、小坂菜緒、濱岸ひよりによるしっとりしたユニット曲「もうこんなに好きになれない」で会場に穏やかな空気が流れ始める。しかし、一期生による「好きということは…」「真夜中の懺悔大会」でタオル回しや放水などでお祭り騒ぎが繰り広げられると、続く二期生は「世界にはThank you!が溢れている」「恋した魚は空を飛ぶ」で息の合ったダンスを見せつけ、三期生は「この夏をジャムにしよう」「ゴーフルと君」にて可愛らしさをアピール。期ごとに異なるカラーのパフォーマンスで、日向坂46の層の厚さを証明してみせた。

ハッピーオーラに満ち溢れた序盤から一変、日が落ち始めた中盤では「川は流れる」「飛行機雲ができる理由」と、比較的落ち着いたトーンの楽曲が繰り出される。そして、最新シングル「僕なんか」ではステージ前のウオータースクリーンを使った幻想的な映像演出とともに、センターの小坂を中心とした情熱的なパフォーマンスや楽曲の持つ切なさが強調され、さまざまな持ち味で観る者を魅了していく。

さらに、佐々木久美の「続いては、この『W-KEYAKI FES.』でしかできない、『W-KEYAKI FES.』だからこそできる、私たちの大好きで偉大な先輩方の曲を披露させていただきたいと思います」という言葉を合図に披露されたのが、欅坂46の楽曲「語るなら未来を…」。けやき坂46時代にも披露したことのある1曲だが、今こういうタイミング/場所でパフォーマンスすることに大きな意味を持つナンバーといえるだろう。曲が始まると、会場はすぐ緑色(=欅坂46のイメージカラー)のペンライトに染め上げられ、この貴重な瞬間を思う存分楽しんだ。センターを務める齊藤京子をはじめとする1期生はもちろん、2期生や3期生も真剣な表情でパフォーマンスに臨み、改めて彼女たちが1本の欅の木から生まれ、派生していったグループであることを体現してみせた。

その勢いのまま、2手に分かれた彼女たちは「My fans」で激しいパフォーマンスを展開。エネルギッシュさを伴うダンストラックを挟んで「アディショナルタイム」へとつなげると、ウォータースクリーンに時計を映し出す演出を交えながら、センターの金村美玖を中心にクールさと可愛らしさの相まったダンスで観る者を魅了する。さらに、「NO WAR in the future 2020」「誰よりも高く跳べ!2020」と彼女たちのライブには欠かせない人気ナンバーを連発。特に後者では、後半のブレイクで佐々木久美の「『W-KEYAKI FES.』、跳べ!」を合図にウォーターショットが上空高くに打ち上がる演出が、一体感の強い盛り上がりに華を添えた。

本編最後の曲に選ばれたのは、最新シングル『僕なんか』収録曲の「知らないうちに愛されていた」。温かみの強いサウンドにポジティブなメッセージを乗せたこの曲について、佐々木久美は「今は皆さん、声を出せないですけど、いつか声が出せるようになった日にみんなで一緒に歌っていきたいなと思っている曲です。一緒に心の中で歌ってくださるとうれしいです」とおひさまに伝えたが、曲終盤のシンガロングパートではさらなる一体感を生み出すことができそうだ。きっと会場にいた多くのおひさまも、心の中で一緒に歌うことでステージ上のメンバーと心をひとつにしていたはずだ。

アンコールは爽快感の強い「ドレミソラシド」からスタート。ライブTシャツ&スカート姿に着替えたメンバーが満面の笑みで歌い踊ると、続いてメンバーがこの日の感想を述べていく。齊藤京子は「『欅共和国』から私たちは参加させてもらったなと思うと、本当に感慨深いですし、こうやって毎年やらせていただけてうれしいです。来年は櫻坂さんと影山優佳も、全員で出れたらなと思います」と語り、小坂菜緒は「私は去年の『けやフェス』に参加できていなかったので、今年が初めての参加なんですけど、こんなに皆さんがタオルを掲げてくれたりペンライトを振ってくれて、野外のライブって素晴らしいなと心の底から思いました」とうれしそうにコメント。髙橋未来虹も「去年の『けやフェス』は悔しい思いもしたけど、今年は私自身、去年よりも全部出し切れたんじゃないかな。来年もまたここでライブしたいなと思いました」と、早くも来年へ向けた意気込みを口にした。

日向坂46東村芽依1st写真集公式Twitter

写真集公式Twitter

日向坂46東村芽依1st写真集各ネット書店版

日向坂46 東村芽依1st写真集
通常版アマゾン
楽天ブックス限定版
HMV&BOOKS・@Loppi限定版
TSUTAYA限定版

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS