2022-07-30 06:00

NMB48川上千尋「阪神タイガース愛」を熱弁

「BUBKA9月号」に登場するNMB48・川上千尋
「BUBKA9月号」に登場するNMB48・川上千尋
撮影/LUCKMAN

27thシングルの選抜メンバーを決めるNMB48版総選挙『NAMBATTLE2~愛~』で1位に輝き見事センターをゲットした川上千尋。ベテランの復権にNMBファンは沸きに沸いた。センターとしての強い覚悟をすべての写真から感じて欲しい。

今年の阪神

――吉田朱里さんの動画(YouTubeチャンネル『アカリン家』)で対談されてましたけど、好きな阪神タイガースのことも仕事に繋げていかないと、という話をされていたじゃないですか。

川上千尋 そうなんですよ。

――というわけで早速お仕事にしました。今回は「阪神タイガース愛」をテーマに話しましょう!

川上千尋 前にもやりませんでしたっけ?

――やはり覚えてましたか。これなんですけど(2014年の本誌増刊号で川上さんが発表したベストナインを見せる)

川上千尋 あー! はいはいはい(笑)。これ、この前ファンの方が送ってくださったんですよ。ちょうどこのタイミングで。で、いま見たらありえへんオーダー組んでるなと思って。1番に藤川(球児)さん選んでるし(笑)。

――まだ甘かったというか。

川上千尋 甘かったですね(笑)。

――そこから8年間、知識もたくさん増えて、今や阪神のことを常に考えているくらいだと思うんですけど。

川上千尋 えへへ(笑)。

――2022年の川上千尋が選ぶ、阪神とNMB48のベストナインを出してもらおうと思いまして。

川上千尋 NMBもですか!?

――8年前もやってるんですよ。2014年版「川上千尋が選ぶベストナイン」は、1番ピッチャー山本彩、2番ファースト木下春奈、3番サード薮下柊、4番レフト川上千尋。

川上千尋 自分を4番にしてたんや(笑)。

――5番ライト岸野里香、6番ショート渡辺美優紀、7番セカンド山尾梨奈、8番キャッチャー森田彩花、9番センター上西恵。そしてウグイス嬢・三田麻央(笑)。

川上千尋 あはは(笑)。

――川上さん以外、今はもう誰もいないですもんね。

川上千尋 いないですね。ウグイス嬢まで選んでましたか(笑)。

――ほとんどのメンバーが卒業されたので、ファンの人も最新版を聞きたいと思いまして。

川上千尋 かなり顔ぶれが違いますからね(笑)。

――まず今年の阪神ですが、シーズン前から矢野監督が辞めるのを宣言して、いきなり連戦連敗で4月には終戦ムードになってたじゃないですか。

川上千尋 そう、9連敗したときはほんとにもう優勝無理やな、って思いました(笑)。

――でも交流戦ですごい勝率を残して、結構持ち直してるんですよね。

川上千尋 はい、交流戦で2位になってからだんだんチームの調子自体が上がってきて。まだ5位なんですけど(7月4日時点)、あれがあったからファンの人の希望も復活したなって思います。

――なんといってもあの時期は神がかり的に大山悠輔選手が打ちまくって。

川上千尋 6月だけで10本打ちましたからね。

――でも7月はまだ1本という。

川上千尋 打たない時期と打つ時期が激しい印象があるかもしれません。以前ファンの小学生が学校の授業で「春の大山」ってタイトルの詩を書いたことが話題になっていて。「打てないけどまだ春だから」と大山選手への愛と期待を込めての詩でしたね。

――でも、あれだけ広い甲子園球場でスタンド中段までホームラン飛ぶじゃないですか。見ていて気持ちいいですよね。

川上千尋 そうですね。今年はサトテル(佐藤輝明選手)が4番で、大山さんが5番っていう長打を打てる選手の安心感があって。

――でも、佐藤選手が残念なのは、これだけ川上さんが応援してるのに、ももクロのファンじゃないですか。

川上千尋 あはは(笑)。そうですね。

――ホームランを打ったあとに「Z」のポーズするじゃないですか。あの瞬間って川上さんとしてはどういう気持ちで見てるんですか?

川上千尋 「Z」を、こうしたら「N」だよって(手を回転させる)思います(笑)

――8年前はマートンが一番好きだったみたいですけど、いまは一番好きな選手は誰なんですか?

川上千尋 一番注目しているのは島田海吏選手。2番バッターの。赤星選手の背番号を受け継いでいるんですよ。だから足もすごい早くて、赤星さんを彷彿とさせるものもあったり。1番バッターを任せられるし、2番も任せられるし、みたいな。

――足でいうと中野拓夢選手は、盗塁王になっているんですよね。

川上千尋 はい。去年なりましたね。みんな生え抜きです。だから今年は阪神ファンとしても楽しいですね。ちゃんと若手とベテランが入り混じってるスタメンが多いので。

――インタビューの続き、アザーカット、そして「川上千尋が選ぶベストナイン2022」は発売中の「BUBKA9月号」で!

川上千尋=かわかみ・ちひろ|1998年12月17日生まれ、大阪府出身。NMB48・チームM所属。愛称は「ちっひー」。アイドル界のてっぺんを“虎視担々”と狙い続けるトラ年生まれの新センター。甲子園ではタイガースのユニフォームに身を包み、お気に入りだという「伊藤将司のとろ~りチーズ担々麺」を食べて応援している。

BUBKA (ブブカ) 2022年 9月号 NMB48 川上千尋Ver
TSUTAYAオンラインで購入

「BUBKA9月号」TSUTAYAオンライン版表紙を飾るNMB48・川上千尋
「BUBKA9月号」TSUTAYAオンライン版表紙を飾るNMB48・川上千尋

BUBKA (ブブカ) 2022年 9月号
Amazonで購入

「BUBKA9月号」表紙を飾る伊織もえ
「BUBKA9月号」表紙を飾る伊織もえ

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

▼ コミックシーモア(近日配信予定)

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2024年6月号 BUBKA(ブブカ)2024年6月号 宮﨑想乃「たゆたう気持ち」 BUBKAデジタル写真集
石浜芽衣「おもかげ」 BUBKAデジタル写真集 西野夢菜 奥村梨穂
朝比奈みゆう 大槻りこ 麻倉瑞季

BUBKA RANKING11:30更新

  1. SKE48荒井優希、トーナメント参戦も初戦敗退「すごく力の差を感じた」
  2. SKE48荒井優希「プロレス界でももっと1番を狙っていけるように」渡辺未詩とのタッグで勝利を収める
  3. SKE48荒井優希、山下実優選手とのシングルマッチ!試合に集中しメンバーの存在は「すっかり忘れていました」
  4. 乃木坂46向井葉月さんがファンに愛される理由…セレモニアルピッチに挑戦
  5. SKE48荒井優希、人生初の“ビンタ”に気合!!久々のシングルマッチ決定に「自分のできることを全部出せたらベスト」
  6. SKE48荒井優希、宮本もか選手とのタッグで準決勝進出「この勢いで次の試合でも頑張りたい」
  7. SKE48荒井優希&宮本もか“もかゆき”コンビ、決勝戦進出ならず
  8. SKE48荒井優希、初対戦のアジャコングに“一斗缶攻撃”も食らい完敗
  9. 高山一実、人生初の始球式は20点「あんなに曲がるなんて思わなかった…」
  10. 田村潔司「解析UWF」第11回…Uの復権を信じ進む若き戦士たちの覚悟
  1. 田中美久「こんなセクシーに攻めていいの?」大人みくりんのグラビアショット
  2. 乃木坂46阪口珠美、朝のランジェリー姿を披露!1st写真集『青いバラ』より新カット解禁
  3. OL兼グラドル・花雨、“隣のエロいお姉さん”と過ごすドキドキグラビア
  4. 日向坂46松田好花1st写真集よりシーツに潜むランジェリー姿の“振り向いて”ショット解禁
  5. “エロすぎるコスプレイヤー”水那しおね、看板に偽りのないハードグラビアの真骨頂
  6. 本郷柚巴、キュートな笑顔と春の爛漫ボディで魅せるグラビアショット
  7. グラビアアイドル菜本みくる、チャームポイントはくびれ「最近筋トレを始めて…」
  8. グラビアアイドル夏来唯、大人の魅力あふれるハードグラビアを連発
  9. 日向坂46金村美玖が表紙に、富田鈴花が巻末グラビアに登場
  10. コスプレーヤー&グラドルの二刀流・栗原もみじ、新人離れのグラビアシーンに興奮