2022-08-02 06:15

R-指定(Creepy Nuts)が語るスチャダラパーの時代

R-指定(Creepy Nuts)
R-指定(Creepy Nuts)
写真/河西遼

Creepy NutsのR-指定が日本語ラップ愛を語り尽くす『Rの異常な愛情』。単行本第二弾の刊行も控えているので、アルバム制作が佳境極まる彼に今回も本編とは違う雑談を、と思いきや……。最近どハマリしているらしいスチャダラパーの話が始まったので、ゆるやかに“大ネタ”使いの新章スタートの兆しです!

「SDPとしての自意識」

R-指定 こないだちょっと体調を崩しちゃったんですけど、そのとき、めっちゃスチャダラパーを聴いてたんですよ。

――具合が悪いときにフィットする音楽だったと。

R-指定 解釈に悪意があるわ(笑)。でも、スチャの楽曲も、めちゃくちゃテクニカルなのに聴きやすくて疲れない、ビートは渋い、しかも内容も面白いっていうことに、改めて新鮮に感動しましたね。ほんとに『スチャダラ大作戦』から聴き直して。

――1990年5月リリースのインディでのデビューアルバムだね。32年前のアルバムだ……。

R-指定 メジャーデビュー作の『タワーリングナンセンス』(91年)はその翌年に出てるんですね。そして、もうその時点で自分たちが世間から思われてるイメージだったり、受け止められ方に対してかなり分析的に考えて、楽曲に落とし込んでるんですよね。

――特に“タワーリングナンセンス”は、ゾッとするぐらい自分たちへの評価に対してシニカルに分析してる。

R-指定 「スチャダラっぽく頼みますよ」「それってスチャダラっぽくなくない」みたいに言われることに対して、かなり明確にアンサーしてて。そういう発想の曲は、俺らもあの曲ほど明確ではないけど、前作『Case』や最近の作品では考えてることでもあったんで「うわっ、先やってたやん!」と同時に、「そりゃそうか……」みたいな。

――あのアルバムには、インタビューに対してずっとキレてるっていう曲があって。

R-指定 “ROCK!ロック雑誌”。

Rの異常な愛情 ─或る男の日本語ラップについての妄想─
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2022年9月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ)コラムパック 2022年9月号
BUBKA(ブブカ)コラムパック 2022年9月号

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA 2022年9月号
BUBKA 2022年9月号 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~ ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る-