2022-08-02 11:15

RHYMESTER宇多丸のマブ論「今月もなんだかんだで夏っぽいアゲ曲が並んでます!」

RHYMESTER宇多丸のマブ論
RHYMESTER宇多丸のマブ論

まずは今月の優勝曲、というより優勝シングル! ハロープロジェクトが送り出す新グループ「OCHA NORMA」のデビュー曲『恋のクラウチングスタート』は、星部ショウ作詞作曲&鈴木俊介編曲による言わばハロプロ・ディスコ2022年型……Kool & the Gangのダンスクラシック『Celebration』オマージュなどを含むアレンジがとにかくゴージャスで、一聴して大変力が入っているのがわかります。加えて、通常盤Aのみ収録の(もったいない)『デート前夜狂想曲』が、「ボッサ風味を過激な打ち込みの中に織り込んだデジタル・オールディーズ」とでも言うべき怪/快曲(児玉雨子作詞&shusui/ha-j作曲&ha-j編曲)で、超面白い! こういうのはやっぱりハロプロからしか出てこないものだよな、と改めて。同様につばきファクトリー『アドレナリン・ダメ』(児玉雨子作詞&中島卓偉作曲&炭竃智弘編曲)も、王道ハロプロ・ファンクで良かったです。

7年ぶりとなる6thオリジナルフルアルバム『ノクターナル』のリリースを8月3日に控える東京女子流、きなみうみ作詞作曲編曲の先行配信曲『Viva La 恋心』も、ある意味ようやく時代がこのグループに追いついたとも言える近年の流れのなかで、先駆者としての貫禄を堂々見せつけるようなミッドテンポの最新型シティポップに仕上がっていて、期待を裏切らない!

femme fatale『ジェットコースター』はお馴染みケンモチヒデフミ楽曲、これまで通りクールに研ぎ澄まされつつも、音色やリズムにトロピカルなカラフルさも感じさせる、どこか夏らしい一曲に。6月10日リリースゆえ本来なら前回取り上げておくべきだった戦慄かなの『Iceblink』と共に、引き続きやっぱりめちゃくちゃスリリングで、気持ちいい!

――記事の続きは発売中の「BUBKA9月号」で!

宇多丸|ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー。放送業界の最高栄誉「ギャラクシー賞」を受賞するなど、メディアでの活躍もめざましい。

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2022年9月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ)コラムパック 2022年9月号
BUBKA(ブブカ)コラムパック 2022年9月号

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

BUBKA (ブブカ) 2022年 9月号
Amazonで購入

BUBKA (ブブカ) 2022年 9月号
セブンネットショッピングで購入

BUBKA (ブブカ) 2022年 9月号 NMB48 川上千尋Ver
TSUTAYAオンラインで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  2. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.9 坂本慎太郎、ブレイクしたくない 好きな人に届いているいまがベスト
  3. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  4. 渡辺正行「テレビに出る前の原石を、たくさん見ることができたのは幸せですよね」
  5. 吉田豪インタビュー、中村一義…いつも『最後の聖戦』の気持ちで
  6. みうらじゅん「アブノーマルもラブさえあればラブノーマルだと思うんですよね」<永いおあずけ>
  7. イコラブと山本彩が初コラボ!『あのコン』を熱唱
  8. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  9. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  10. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  1. フジ佐久間みなみアナ、引き締まった腹筋も披露…1stフォトブック発売「ありのままの自分を」
  2. 阿部華也子、生田キャスターに写真集を渡すも「絶妙の恥ずかしさ」
  3. 阿部華也子「自分の顔をまじまじと見るのが恥ずかしい」2nd写真集発売
  4. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開
  5. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  6. 乃木坂46・5期生の井上和、憧れの先輩と同じ「non-no」で専属モデルデビュー
  7. 鈴木絢音、『あざとくて何が悪いの?』で方言を交えた、めんこい“あざと女子”を披露
  8. 乃木坂46の5期生菅原咲月、金曜レギュラーとして『ラヴィット』登場!最速の開始20分で洗礼を受ける
  9. 宮田愛萌、フォトブック発売決定!ファンを惑わす“あざとぶり”は健在
  10. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学