2022-08-17 12:15

乃木坂46齋藤飛鳥、アンディ・ウォーホル大回顧展オーディオガイドナレーターに就任「作品や作家を身近に感じて」

オーディオガイドのナレーターを務める乃木坂46・齋藤飛鳥
オーディオガイドのナレーターを務める乃木坂46・齋藤飛鳥

アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥が、9月17日(土)から京都市京セラ美術館・新館「東山キューブ」にて開催されるアンディ・ウォーホル大回顧展「アンディ・ウォーホル・キョウト/ANDY WARHOL KYOTO」の展覧会オーディオガイドのナレーターを務めることが明らかとなった。

同展では、門外不出の「三つのマリリン」や、大型作品「最後の晩餐」など、日本初公開作品100点以上を含む約200点を一挙公開する。

オーディオガイドは、齋藤が作品やアーティストのバックグラウンドについて語り、来場者と同じ目線で展覧会を楽しみながら巡っているような内容になっている。なお、今回のオーディオガイドは、来場者全員が無料でアクセスできるWEBブラウザ形式になっている。

乃木坂46・齋藤飛鳥コメント

アンディ・ウォーホルが大好きな方々には、日本初公開の作品が100点近く展示され、全国的に見ても約十年ぶりの大規模個展となる今回の貴重な機会をぜひお楽しみいただきたいなと思っています。また、私たちの世代くらいのアンディ・ウォーホルをご存じない方も、オーディオガイドなどを通して知識を深めて、作品や作家を身近に感じていただけるとうれしいですし、また、何も知らなくても作品を見るだけで楽しんでいただけたり、心に刺さる作品に出会えたりもすると思いますので、ぜひアンディ・ウォーホル・キョウトに足をお運びください!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS