2022-09-02 11:10

ハチミツ二郎×掟ポルシェ対談…孤高のショーストッパーの生還

自伝『マイ・ウェイ』を刊行したハチミツ二郎と掟ポルシェがトークを展開
自伝『マイ・ウェイ』を刊行したハチミツ二郎と掟ポルシェがトークを展開

東京ダイナマイト・ハチミツ二郎の自伝『マイ・ウェイ』がこの度刊行された。レジェンド芸人との交流や先輩との確執、二度危ぶまれた死からの脱出、「M-1」栄冠への想いなど、隠すことなく綴った内容が話題となっている。今回、古くから親交のある掟ポルシェを招き、お笑いに身を焦がした半生を語ってもらった。

遺書のつもりで書いた

ハチミツ二郎 掟さんとの付き合いは、めちゃめちゃ古いんですよ。

掟ポルシェ 浅草お兄さん会っていうお笑いの大会があって。そこでよくチャンピオンになってたのが、二郎さんの相方が今の松田(大輔)さんじゃなくて、曽根(卍)さんだったころの東京ダイナマイトだったんです。

ハチミツ二郎 ロマンポルシェ。のDVD(『ロマンポルシェ。の独占!男の60 分』)のネタも書いてますよ。

掟ポルシェ DVDにドラマパートみたいのがあって、そこの台本を二郎さんに書いてもらったんです。結局、ギンティ小林監督が台本の原型がほぼないくらい破壊的な演出をしてしまって、申し訳なかったですけど(笑)。今回の二郎さんの『マイ・ウェイ』、BUBKA編集部から対談の依頼が来る前に普通に買って読んでました。「ハチミツ二郎の本が赤裸々すぎてヤバい」って聞いて、俺の周りの人みんな即買いしましたから。

ハチミツ二郎 ありがとうございます。

掟ポルシェ 聞いてた以上にとんでもなく面白かったです。関係各所的に大丈夫なのかなって発言も多くて心配になりましたけど。

ハチミツ二郎 結局、2回死にそうになったんで。タイトルには「ハチミツ二郎自伝」って付けてますけど、もう遺書のつもりでした。「死んでたら言わないままだったんだな」と思ったことを書こうって考えたんです。

掟ポルシェ 死にかけたエピソードと死にかけたエピソードでサンドイッチになってる構成で。

ハチミツ二郎 最初の原稿は1回目の死にかけた話(急性心不全で入院したエピソード)だけで終わってたんです。2年以上前に原稿は書き終わってたんですけど、発売が遅れていって。そうしたら今度はコロナ陽性になって。「もう1回死にそうになってんじゃないか」って読んだ人に言われるだろうと思って、そこも本に足すことにしたんです。そっからまた発売が遅れたら、その後にもいろいろなことが起こって。

掟ポルシェ 当初は、2018年に心不全で死にかけたことを中心に書いた本になるはずだったんですか?

ハチミツ二郎 死にそうになって、そこから復帰してNGK(なんばグランド花月)の舞台で漫才をやれたってところまでの本だったんです。でも、あまりにも時間が経ちすぎて、いろんなことが起こりすぎちゃったから。ホストの『ザ・ノンフィクション』を続けて見てたら、パート3パート4ぐらいで全然違う話になってることとかあるじゃないすか。

掟ポルシェ ホスト辞めて焼き鳥屋の経営始めたり(笑)。

ハチミツ二郎 ノンフィクションで書き進めてたら、そうなっちゃったっていう感じです。

掟ポルシェ 田崎(健太)さん(ノンフィクション作家。主な著書は『真説・長州力』など)が解説で本に参加してますけど、最初から原稿を田崎さんにチェックしてもらおうと?

ハチミツ二郎 原稿はできあがったけど発売時期が延びて動きがフリーズしていたときに、担当編集の人が田崎さんに原稿を見せたんですよ。田崎さんは「文章はこのままにして、説明不足のところに解説を足そう」と言ったんですけど、説明不足のところはあるに決まってるんですよ。だって、死にそうになったときだけの本だったはずが、内容が増えていっちゃったんだから。継ぎ足し継ぎ足しの内容で、編集の人も困っちゃって。それで田崎さんが要所要所に解説を足すことになったんです。

マイ・ウェイ ―東京ダイナマイト ハチミツ二郎自伝―
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2022年10月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

「BUBKA10月号」コラムパック
「BUBKA10月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 乃木坂46・山下美月が作詞したソロ曲『夏桜』に散りばめられた“乃木坂46愛”を読み解く
  2. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  3. 乃木坂46林瑠奈さんからあふれ出る知識と音楽愛
  4. 【BUBKA12月号】横山由依卒業記念・杉作J太郎特別インタビュー
  5. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  6. 乃木坂46齋藤飛鳥、“嘘偽りのない言葉”でつづったファンへのメッセージ
  7. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.9 坂本慎太郎、ブレイクしたくない 好きな人に届いているいまがベスト
  8. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  9. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  10. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  1. 日向坂46小西夏菜実、グループ随一のクールビューティーが透き通る美貌を披露
  2. 日向坂46加藤史帆、洗練された美しいグラビアショット!齊藤京子との思い出も
  3. 乃木坂46伊藤理々杏「私は“やまかき”推し」、2人の後ろ姿に「なんて素晴らしい!」
  4. 乃木坂46・山下美月が作詞したソロ曲『夏桜』に散りばめられた“乃木坂46愛”を読み解く
  5. 乃木坂46・遠藤さくら、念願のバナナマン日村との散歩で見せた、公式お兄ちゃんよりも親子のような関係性
  6. 市川美織、音楽活動にも意欲「FANCYLABOとしてのライブができたら」
  7. 日向坂46松田好花『週チャン』初登場「春を感じるパステルカラーの衣装にも注目してもらいたい」
  8. 乃木坂46齋藤飛鳥“卒コン”Blu-ray&DVD特典映像予告編公開
  9. 宮脇咲良がブルーのロングヘアで“美しく強い髪”を表現!ヘアケアライン「&be HAIR」のモデルに決定
  10. 櫻坂46“仲良し3人組”が共演「中学生みたいなことで笑い転げてるよね」