2022-09-03 18:15

天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第46回「渕正信」

プロレスラーの渕正信
プロレスラーの渕正信
写真/平工幸雄

天龍源一郎は、その40年間の“腹いっぱいのプロレス人生”で様々な名レスラーと出会い、闘い、交流した。ジャイアント馬場とアントニオ猪木の2 人にピンフォールでの勝利を収めた唯一の日本人レスラーであり、ミスタープロレスとまで称された天龍。そんな天龍だからこそ語れるレジェンドレスラーたちとの濃厚エピソードを大公開しよう!

10月で全日本プロレスは旗揚げ50年。俺が相撲からプロレスに転向した時にいたメンバーで、今も全日本で現役としてやっているのは渕(正信)君だけになったよ。

当時、渕君、大仁田厚、ゴリちゃん(ハル薗田)の三羽烏と呼ばれる生え抜きの若手がいて、俺より若かったけど、俺は彼らが先輩だという意識はあった。

で、ゴリちゃんは別として、渕君と大仁田には「元幕内力士とはいえ、何で天龍が馬場、鶴田の次のポジションになるんだよ」っていう苛立たしさ、腹立たしさがあったと思うよ。すでに彼らは2年半のキャリアがあったから、下手クソな俺がそのポジションに入ることが納得いかなかったんだと思う。大仁田なんかは「何で天龍がポンと上に行くの?冗談じゃないよ、こんなの!」って公言していたからね。大仁田は表に向かって発散していたけど、渕君は内に秘めていたと思う。そういうのが感じ取れたよ。ゴリちゃんだけはなかったけどね(笑)。

全日本に入団してすぐにシリーズに合流して試合前にカブキさんの指導で練習を始めたけど、受け身の練習相手になってくれたのはゴリちゃん。渕君と大仁田は10回に1回ぐらいしかいなかったよ。それも馬場さんに「ほら、天龍の受け身の相手をちゃんとやってやれよ」って言われて、嫌々やっていた感じだったね。ゴリちゃんは三羽烏の中で一番後輩だったから、仕方ないと思って割り切ってやっていたんだろうけど。

「BUBKA10月号」コラムパック
「BUBKA10月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING17:30更新

  1. SKE48荒井優希、人生初の“ビンタ”に気合!!久々のシングルマッチ決定に「自分のできることを全部出せたらベスト」
  2. SKE48荒井優希、山下実優選手とのシングルマッチ!試合に集中しメンバーの存在は「すっかり忘れていました」
  3. SKE48荒井優希、コロナ復帰後のタッグマッチを白星で飾る「体力が心配だった」
  4. 鈴木愛理、ノーバンならず…3年連続3回目「千葉ロッテ」始球式に登場
  5. ももクロ高城れに、甲子園で始球式に挑戦「ライブより緊張しました」
  6. 清原和博が野球人としてもっとも輝いていた時代を読む3~プロ野球死亡遊戯があえて“令和の夏”に書きたかった話(著/中溝康隆)
  7. 乃木坂46向井葉月さんがファンに愛される理由…セレモニアルピッチに挑戦
  8. SKE48荒井優希、宮本もか選手とのタッグで準決勝進出「この勢いで次の試合でも頑張りたい」
  9. SKE48荒井優希選手が辰巳リカ選手とのシングルマッチで大熱戦
  10. SKE48荒井優希、初対戦のアジャコングに“一斗缶攻撃”も食らい完敗
  1. 僕が見たかった青空による青春グラビア!『週刊少年マガジン』初登場
  2. 乃木坂46・矢久保美緒の「3期生さん全員ママ化計画」に最後の砦、岩本蓮加は「私には理解できない」と断固拒否!
  3. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  4. 乃木坂46五百城茉央の“添い寝姿”を収めた封入特典ポスターカット解禁
  5. 乃木坂46井上和&五百城茉央、鉄板の必殺技は「お腹いっぱい」も先輩・久保史緒里から「20歳になるまでやりなさい」という忠告でやめられない⁉
  6. ラフ×ラフ夏目涼風、雨の中 大好きな松田好花の写真集パネル展へ
  7. 乃木坂46井上和、“シンプル美”の極み…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より特別カット続々到着
  8. 乃木坂46矢久保美緒「心にいる人数は変わってない」4期の絆エピソードを明かす
  9. 櫻坂46大沼晶保「私の不徳の致すところです」突然の涙に一同爆笑
  10. 中村アンのパワーの源は「食べること、飲むこと、寝ること」TCKの新CM“東京ダービー篇”でダートを疾走