2022-09-03 20:15

プロデューサー、トラックメイカーS.A.Lの音楽性のルーツを探る

「BUBKA10月号」に登場する音楽プロデューサーS.A.L.
「BUBKA10月号」に登場する音楽プロデューサーS.A.L.

楽曲派という言葉が死語になる前に伝えることがある!ということで始まった当連載。今回は、O’CHAWANZや、MIKA☆RIKAをプロデュースし、ヒップホップとジャズを組み合わせたサウンドでアイドルシーンで注目を集めているS.A.L.が登場。あまり語られることのなかった彼の経歴から、その音楽性のルーツを聞いた。

日本ヒップホップ黎明期

――僕がS.A.L.さんと出会ったのは2014年あたりで、当時はMIKA☆RIKAのサウンドプロデュースをされていて。そこから遡ってRomantic Productionの仕事や『Jazzin’ for Ghibli』を知ったのですが、そのもっと前のことをうかがってみたいなと。

S.A.L. 地元が柏なんだけど、先輩にGASBOYSとかチエコ(・ビューティー)さんとかがいて。

――え!

S.A.L. GASBOYSのひとりは中学の先輩で、同じ陸上部だったりするので(笑)。自分はスケボーをやってたんですけど、そこら辺がみんな先輩たちに巻き込まれて遊んでたりしたんです。高校生の頃からクラブに連れて行かれて。ECDさんも遊びに来たりしてましたね。

――いきなりそんな話が出てくると思わなくて驚いてます。80年代後半あたりの話ですか?

S.A.L. そうそう。西麻布のミロス、ガス、ピカソとかによく行ってて。

――インクスティックとか。

S.A.L. インクはもう毎週のように。芝浦GOLDのスケーターズナイトに呼ばれたりもして。本郷綜海さんとか、そのあたりのイベンターみたいな人たちに遊びに連れて行ってもらって、というところから自分もDJやってみようと思って機材を揃え始めたんです。音楽のベーシックなところを通らず、ギターも持たずにDJセットを持つような感じで。

――当時のDJは見習いなどもあって厳しかったんじゃないですか?

S.A.L.  そういうディスコDJとは区別されてて、自分はヒップホップ系に行ったのであまりなかったかな。(須永)辰雄さんとかのほうに結構遊びに行ってました。

――日本のヒップホップの初期から現場を見ていたんですね。

S.A.L.  もう、ド初期。それでDJゴングショーみたいなものが始まって、知り合いが出たりしたのもあって、俺も調子に乗って一度出たことがあって……CHECK YOUR MIKEっていう。

――うわ! 日本のオールドスクール期の固有名詞がバンバン飛び出しますね。昔話だけでページが埋まってしまいそうだ……。

S.A.L.  蓋を開けてみたらMUROさんが対バンだったりして。当時はBOY-KENさんもレゲエじゃなくてヒップホップをやっていたし、インクに行くとタイニーパンクスがいて、ビブラストーンがいて。これからはヒップホップ、という雰囲気でした。

「BUBKA10月号」コラムパック
「BUBKA10月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

坂上未優
そよん