2022-09-03 20:15

プロデューサー、トラックメイカーS.A.Lの音楽性のルーツを探る

「BUBKA10月号」に登場する音楽プロデューサーS.A.L.
「BUBKA10月号」に登場する音楽プロデューサーS.A.L.

楽曲派という言葉が死語になる前に伝えることがある!ということで始まった当連載。今回は、O’CHAWANZや、MIKA☆RIKAをプロデュースし、ヒップホップとジャズを組み合わせたサウンドでアイドルシーンで注目を集めているS.A.L.が登場。あまり語られることのなかった彼の経歴から、その音楽性のルーツを聞いた。

日本ヒップホップ黎明期

――僕がS.A.L.さんと出会ったのは2014年あたりで、当時はMIKA☆RIKAのサウンドプロデュースをされていて。そこから遡ってRomantic Productionの仕事や『Jazzin’ for Ghibli』を知ったのですが、そのもっと前のことをうかがってみたいなと。

S.A.L. 地元が柏なんだけど、先輩にGASBOYSとかチエコ(・ビューティー)さんとかがいて。

――え!

S.A.L. GASBOYSのひとりは中学の先輩で、同じ陸上部だったりするので(笑)。自分はスケボーをやってたんですけど、そこら辺がみんな先輩たちに巻き込まれて遊んでたりしたんです。高校生の頃からクラブに連れて行かれて。ECDさんも遊びに来たりしてましたね。

――いきなりそんな話が出てくると思わなくて驚いてます。80年代後半あたりの話ですか?

S.A.L. そうそう。西麻布のミロス、ガス、ピカソとかによく行ってて。

――インクスティックとか。

S.A.L. インクはもう毎週のように。芝浦GOLDのスケーターズナイトに呼ばれたりもして。本郷綜海さんとか、そのあたりのイベンターみたいな人たちに遊びに連れて行ってもらって、というところから自分もDJやってみようと思って機材を揃え始めたんです。音楽のベーシックなところを通らず、ギターも持たずにDJセットを持つような感じで。

――当時のDJは見習いなどもあって厳しかったんじゃないですか?

S.A.L.  そういうディスコDJとは区別されてて、自分はヒップホップ系に行ったのであまりなかったかな。(須永)辰雄さんとかのほうに結構遊びに行ってました。

――日本のヒップホップの初期から現場を見ていたんですね。

S.A.L.  もう、ド初期。それでDJゴングショーみたいなものが始まって、知り合いが出たりしたのもあって、俺も調子に乗って一度出たことがあって……CHECK YOUR MIKEっていう。

――うわ! 日本のオールドスクール期の固有名詞がバンバン飛び出しますね。昔話だけでページが埋まってしまいそうだ……。

S.A.L.  蓋を開けてみたらMUROさんが対バンだったりして。当時はBOY-KENさんもレゲエじゃなくてヒップホップをやっていたし、インクに行くとタイニーパンクスがいて、ビブラストーンがいて。これからはヒップホップ、という雰囲気でした。

「BUBKA10月号」コラムパック
「BUBKA10月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  2. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  3. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  4. “水ダウ”藤井健太郎דWACK”渡辺淳之介「悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術」刊行記念対談
  5. 日向坂46高瀬愛奈×富田鈴花、先輩後輩を超えた“ 推し”対談【BUBKA12月号】
  6. R-指定が語る、団地が生んだ「路上の詩人」O2
  7. 乃木坂46与田祐希「『難しいからやらない』『あきらめる』っていうのは絶対違うなと思う できる限りは全力で挑戦したいなって思います」
  8. プロ野球界において、「落合博満」こそ、最高のエンタメだ。〈ノーカット版〉
  9. NZA(永野)×D.O、楽しむという鎖に繋がれた異端児が再び交わる、白昼堂々130分!
  10. R-指定(Creepy Nuts)、“R流”楽曲制作のロジックと計算式
  1. 乃木坂46・矢久保美緒の「3期生さん全員ママ化計画」に最後の砦、岩本蓮加は「私には理解できない」と断固拒否!
  2. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  3. 乃木坂46五百城茉央の“添い寝姿”を収めた封入特典ポスターカット解禁
  4. 僕が見たかった青空による青春グラビア!『週刊少年マガジン』初登場
  5. 乃木坂46井上和&五百城茉央、鉄板の必殺技は「お腹いっぱい」も先輩・久保史緒里から「20歳になるまでやりなさい」という忠告でやめられない⁉
  6. 乃木坂46井上和、“シンプル美”の極み…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より特別カット続々到着
  7. 櫻坂46大沼晶保「私の不徳の致すところです」突然の涙に一同爆笑
  8. 日向坂46富田鈴花&松田好花“花ちゃんズ”と春日俊彰のコラボに若林正恭が抱腹絶倒
  9. 乃木坂46久保史緒里、梅澤美波らが“飯テロ”おつまみ紹介「深夜に食べても次の日に残らない」
  10. 日向坂46金村美玖が表紙に、富田鈴花が巻末グラビアに登場