2022-09-05 22:00

【@JAM】リルネード、最後の夏フェスはキュートさ満開の「王道的なLOVEソング」で締めくくる

リルネードが「@JAM EXPO2022」のピーチステージに出演
リルネードが「@JAM EXPO2022」のピーチステージに出演

リルネードがポップカルチャーイベント「@JAM EXPO2022」(8月26日~28日、神奈川・横浜アリーナ)のピーチステージに登場した。

9月28日(水)にZepp DiverCity(TOKYO) で行われる単独ライブをもって解散することを発表しており、今回が最後の「@JAM EXPO」、そして最後の夏フェスとなるリルネード。

おなじみのSEに乗ってメンバーの蔀祐佳、桐原美月、栗原舞優がステージに姿を見せ、栗原が「ピーチステージラスト、楽しんでいきましょう!」と声を上げる。

「@JAM EXPO2022」ピーチステージの大トリとなるリルネードのステージは、「夏のレコードがまわりだす」でスタート。爽やかなパフォーマンスを展開する3人に、詰め掛けたファンもサビに合わせてペンライトを回すなど、振りコピでいきなりテンションを上げていく。

「ふたりのサマーデイズ」「きらめき、いま、見えるでしょ?」を聞かせた後は、「最後まで楽しんでいきましょう!」と呼び掛け、「王道的なLOVEソング」へ。疾走感あふれる、まさに“王道的”なアイドルソングでかわいさを加速させる。

曲中では「『@JAM』ありがとー!」と叫び、さらに栗原が「ラスト夏フェスにトリで思い出を作れて、本当に良かったです」「トリで緊張してたんですけど、本当に楽しかったです」とファンに伝え、リルネード最後の夏フェスを締めくくった。

リルネード[ピーチステージ]セットリスト

M1:夏のレコードがまわりだす
M2:ふたりのサマーデイズ
M3:きらめき、いま、見えるでしょ?
M4:王道的なLOVEソング

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

坂上未優
そよん