2022-09-25 12:15

SKE48古畑奈和卒業コンサート開催「毎日がすごく刺激的で愛情にもあふれてた」

SKE48古畑奈和卒業コンサートより
SKE48古畑奈和卒業コンサートより
©2022 Zest, Inc. / AEI

SKE48の古畑奈和が、9月24日、日本ガイシホールにて卒業コンサートを開催した。

古畑は、2011年10月にSKE48第5期オーディションに合格。2013年から2015年まではAKB48と兼任で活動した。SKE48では、2013年の「美しい稲妻」でシングル初選抜入りを果たして以降、25thシングル 「FRUSTRATION」では、センターを務めるなど、今年まで表題曲選抜メンバーとして活動してきた。

自身のファンのことを「ハニーちゃん」と呼んでいることから「古畑奈和卒業コンサート@日本ガイシホール ~ハニーフェス~」と名付けられた本日の卒業コンサート。ステージ上の蜂蜜のつぼの中から女王蜂に扮(ふん)した古畑がぴょこっと顔を出し、「ハニーフェス、始まるよー!」とタイトルにちなんだ「みつばちガール」でスタート。

センターを務めた「FRUSTRATION」では、初っ端から火柱の特効と共にSKE48の正規メンバー50人あまりでの迫力あるパフォーマンスで一気に会場を引き込む。その勢いのまま「SKEフェスティバル」「チャイムはLOVE SONG」とSKE48らしい明るい楽曲をパフォーマンス。可動式のムービングステージで迫力あるステージで魅了した。

自身のユニット曲「愛してるとか、愛してたとか」では、ピアノ、サックス、歌のセッションで、特技のサックスをグルーヴ感たっぷりに聴かせる。「毒リンゴを食べさせて」では、古畑を慕う松本、伊藤、岡本、林に毒リンゴを食べさせ、「毒蜘蛛」では、毒蜘蛛役の古畑が、それぞれのメンバーと熱く絡むパフォーマンスを繰り広げた。

「今何してるの?」と電話の声がすると、サプライズで卒業生の高柳明音が後方のステージに登場。「従順なSlave」「I’m sure.」の2曲を二人でパフォーマンスし、ミッドナイト公演のシーンがよびがえるディープなステージに。

AKB48グループ選抜総選挙で、自己最高位14位にランクインした時の選抜楽曲AKB48の「#好きなんだ」、翌年15位にランクインした時の選抜楽曲AKB48の「センチメンタルトレイン」に続き、自身がセンターだったチームKⅡの楽曲「蹴飛ばした後で口づけを」で、会場はKⅡカラーの真っ赤に染まる。初めてSKE48選抜メンバーに抜てきされた「美しい稲妻」に続き、「春夏秋冬、いつも皆さんと過ごせて楽しかった」という気持ちを込めて、「片想いFinally」「花火は終わらない」「言い訳Maybe」「12月のカンガルー」と四季の名曲を続けて披露。古畑がSKE48に加入してからこれまでのヒストリーをたどりつつ、かわいい後輩メンバーと楽しくパフォーマンスするステージとなった。

アンコールでは、グループ史上初の卒業ソロシングル曲「ひかりさす」をロイヤルブルーのドレスで歌唱。ゴスペラーズの黒沢薫氏プロデュースの優しいバラードやロックなどさまざまなジャンルを詰め込んだ楽曲で、会場中がブルーとグリーンのサイリウムでエールを送る。

「みんなで楽しみましょう!」と全メンバーで「アイシテラブル!」、最後はセンターステージで、全メンバー一人一人とハイタッチしながら「To be continued.」で締めくくり、全30曲を披露。「メンバーのみんな、ファンのみんな、11年間、みんなのおかげですごい楽しかった、ありがとう」と、笑顔でステージを後にした。古畑はこの後、本拠地SKE48劇場にて、9月29日(木)にチームKⅡ「最終ベルが鳴る」古畑奈和卒業公演を開催し、9月末日にSKE48を卒業する。

古畑奈和コメント

(卒業コンサートを終えて)まず楽しかったです。自分のためにこうやって来てくれる方がいたり、スタッフさんが動いてくれて、メンバーも私がちゃんと気持ちよく卒業できるようにっていろいろ(振りとか)覚えてくれたりとかして。自分がそんなふうに尽くしてもらえるなんて思ってもみなかったので素直にうれしかったですね。不思議な気持ちでした。

ドレスは、すごく重くて、重厚感を大事にしてもらいました。後ろから見てもかわいいように飾りも後ろにチェーンが垂れてたりとか。(台風の影響があったけれど)本当に来てくださったファンの皆さまには感謝しかないし、来られなかった方もすごい悔しがってくれてる方とかもいらっしゃったので、ちゃんと私が頑張ってる限りその人たちにきっと会えるチャンスが巡ってくのかなって思うので、改めて卒業後頑張りたいって思えることにつながりました。配信があってよかったなって思いました。本当に100人ぐらいしかきっと来られないんだろうなって思っていたんですけど、自分の想像を遥かに超える人数が来てくださってすごくうれしかったし、みんなの頑張りには感謝しかないです。

SKE48は私にとって本当に刺激的で退屈することのない場所でした。毎日がすごく刺激的で愛情にもあふれてたし、一つのことに向かってみんなで頑張る姿勢も楽しかったし、たまに落ち込むことがあるのもすごい楽しかったし、全部が全部本当にいとおしい時間だったなと感じています。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年12月号 BUBKA(ブブカ)2022年12月号
BUBKA(ブブカ)2022年12月号 大嶋みく「放課後アバンチュール」 BUBKAデジタル写真集 杉本愛莉鈴「Private roman」 BUBKAデジタル写真集
愛森ちえ 坂上未優