2022-09-30 19:00

HKT48田中美久、夏の思い出グラビア…表紙&巻頭を飾る

「BUBKA11月号」で表紙&巻頭グラビアを飾るHKT48・田中美久
「BUBKA11月号」で表紙&巻頭グラビアを飾るHKT48・田中美久
撮影/中山雅文

夏が来れば思い出す―海、砂浜、プール、そしてみくりん。夏の始まりに出会ったあの子が、僕らの前にまた戻ってきた! BUBKAのカバーガールクイーンと言っても過言ではないみくりんハタチの夏の思い出を一緒に楽しみましょう。

カワウソは大丈夫

――本誌7月号の表紙を飾ってくれたみくりんが早くも再登場です!

田中美久 夏先取りグラビアを撮っていただいて、夏の終わりもブブカさんに撮影いただけてありがたいです。夏気分をたっぷり味わうことができました。

――プライベートで夏らしいことはできました?

田中美久 家族でバーベキューをしましたよ。

――地元で?

田中美久 はい。ツアーのタイミングで熊本に寄って。ライブ前日もお休みをいただけたので、ゆっくり家族と過ごすことができました。

――もし長期間の夏休みをもらえたら何をしたいですか?

田中美久 愛犬を連れて家族みんなで温泉旅行がしたいです。でも、犬アレルギーなので、そんなにずっと一緒にいられないのが悲しい……。

――散歩も連れて行けない?

田中美久 行けるんですけど、痒くなっちゃうんです。でも、3日も経てば治るので大丈夫です。

――愛犬が甘えてべったりして来たら?

田中美久 そういうときは、「はいはい」って受け流しつつも、心の中では「かわいいなぁ~」と思って撫で撫でしてあげます(笑)。猫カフェにも癒やされたくて行ったことがあるんですけど、猫もアレルギーで。

――くしゃみが止まらなかった?

田中美久 そうなんですよ。犬と猫どっちもアレルギーで悲しすぎました……。カワウソだったらアレルギーがないので大丈夫そうなんですけどね。でも、飼うのが難しいらしいので、YouTubeでカワウソを飼ってる方の動画を観て癒やされてます。

――お仕事では、3年ぶりに夏に開催された『TOKYO IDOL FESTIVAL 2022』にHKT48が出演しました。

田中美久 アイドルとして、TIFがないと“夏”っていう感じがしないので、今年は出演できて楽しかったです。ほかのアイドルグループの皆さんとコラボさせていただいたり、一緒のステージに立たせてもらったりしたので、「こんな可愛い子がいるんだ?」っていう発見があったり、いろんなアイドルの皆さんを見ながら楽屋裏で癒やされてました(笑)。

――「一緒に撮ってください!」って写真攻めに遭いましたか?

田中美久 いやいや(笑)。でも、まねきケチャさんと一緒に写真を撮ったりして楽しかったです。

――交流を深めたんですね。

田中美久 この前、イコラブ(=LOVE)のみりにゃちゃん(大谷映美里)ともプライベートでカフェに行ったんですよ。初めて会って、わぁ~!! ってなって。お互いに「実物のほうがかわいい!」とか言い合ってました(笑)。

――若い頃からお仕事をしていると、プライベートで遊ぶ友だちは同じ業界の人が多いですか?

田中美久 やっぱりそうですね。小学校の頃の幼馴染がひとりだけいるんですけど、お仕事を始めてからアイドル以外の友だちはひとりもいないです(笑)。

――どうしてもそうなっちゃいますよね。

田中美久 福岡のアイドルだったら、LinQの金子みゆちゃん、海月らなちゃん、新木さくらちゃん(卒業生)の3人とはもともと仲が良くて、一緒に岩盤浴に行ったりします。あとは、さしこちゃん(指原莉乃)とか、(田島)芽瑠ちゃんとか、卒業メンバーと遊ぶことが多いですね。大原優乃ちゃんとか、元・私立恵比寿中学のぁぃぁぃ(廣田あいか)とも新大久保にごはんを食べに行ったりしました。ぁぃぁぃは「呼んでくれたらいつでも行くから呼び出して」って言ってくれます。

――エビ中在籍時代から交流があったんですか?

田中美久 中山莉子ちゃんと一緒に同じ雑誌で専属モデルをしていたので、知ってたんですけど、何きっかけで仲良くなったのかは忘れちゃいました。めちゃくちゃ優しくて、なんでも「いいよ、いいよ」って言ってくれる人ですね。

みくりん警察巡回中

――TIFの話に戻りますが、HKT48のステージでは今年5月にお披露目されたばかりの6期研究生・最上奈那華さんがセンターに立ち、話題を呼びました。

田中美久 6期生は幼いメンバーが多いんですけど、しっかり者の奈那華ちゃんがみんなをまとめていて、支えてくれていますね。

――6期生とは話しましたか?

田中美久 (石松)結菜ちゃんっていう、10歳の子がいるんですけど……。

――そんな日が訪れるとは(笑)。

田中美久 お話ししたくて結菜ちゃんに話しかけても、緊張して最初はなかなか話せないんですけど、そこを奈那華ちゃん経由で話したりして。それでどんどん話していくうちに、ふたりでもしゃべれるようになって。

――10歳の子とどんな会話をするんですか?

田中美久 「勉強は今何やってるの?」って聞いたり(笑)。親心が働いちゃって、気になって仕方なくて。結菜ちゃんがSHOWROOM配信をしてたら、「大丈夫かな?」って心配で観ちゃいますね。勝手にコメントパトロールしてます(笑)。

――妹というより娘のような感覚ですか。

田中美久 そうなんです。楽屋で結菜ちゃんがお弁当を食べていたら、「ちゃんとごはん食べてえらいね~」って思っちゃう(笑)。

――田中さんはもうすぐ誕生日ですね。

田中美久 ブブカさんが発売される頃には21歳になってます。

――ハタチの誕生日にファースト写真集を発売しましたが、この1年間はどうでしたか?

田中美久 本当にあっという間でしたね。グラビアをたくさんやらせていただけたので、充実した濃い毎日を過ごすことができたなって思います。継続的に雑誌に載せていただけることがすごくうれしかったですし、アイドルファンの方以外の方にも届いている感じがして。「HKT48の田中美久ちゃんっていう子知ってる?」みたいな方が増えた印象です。

――インタビューの続き、アザーカットは発売中の「BUBKA11月号」で!

取材・文/宮田英一郎

田中美久=たなか・みく|2001年9月12日生まれ、熊本県出身。チームH所属。誕生日を迎える前の自己紹介MCで「21歳」と先回りしてしまうほどに時空を歪ますコズミック・キューティー。愛称は「みくりん」。

「BUBKA11月号」通常版表紙を飾るHKT48・田中美久
「BUBKA11月号」通常版表紙を飾るHKT48・田中美久

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ) 2023年1月号 BUBKA(ブブカ) 2023年1月号 BUBKA(ブブカ) 2023年1月号
2022年日本語ラップの旅Rの異常な愛情vol2 かれしちゃん「ニュー・スクール・ロマン」 BUBKAデジタル写真集 大嶋みく「放課後アバンチュール」 BUBKAデジタル写真集
杉本愛莉鈴「Private roman」 BUBKAデジタル写真集 愛森ちえ