2022-10-04 06:00

RHYMESTER宇多丸のマブ論「ドリームチーム」が生んだ新たなハロプロ・クラシック!

RHYMESTER宇多丸のマブ論
RHYMESTER宇多丸のマブ論

早速ですが今回の優勝曲はもちろん、これしかないでしょう!

ハロー!プロジェクトの「ダンス選抜」(&ヘアサロンとのタイアップ企画)ユニットL!PPのシングル『Sunset Summer Fever』は、 作詞:NONA REEVES西寺郷太、作曲:西寺郷太&SANABAGUN.大樋祐大、編曲: 西寺郷太&大樋祐大& カルメラ小林洋介、さらにはやはりNONA REEVESから奥田健介と小松シゲルがそれぞれギターとドラムで参加という、通常のハロプロ楽曲とは異なるドリームチーム的シフトで作られた、当連載的にはまさに夢のような一曲! グッと重心を落としたグルーヴに、生のホーンを贅沢にあしらった本格フィリーソウル調サウンド、一聴してわかるその圧倒的な豊かさ優雅さゴージャスさは、数多あるディスコ歌謡との格の違い、センスの差を見せつけるかのよう……中盤わりと早め&たっぷりめに( それこそ『ソウルトレイン』的なダンスシークエンス用の)ブレイク・パートが用意されているあたりも、ツボを押さえた作り(そして当然のように、MVなどで見られる実際のパフォーマンスも、流石過ぎるカッコ良さ!)。言ってしまえば「然るべきところにしっかりお金と技術力を投入したクリエイティヴの強さ」を思い知らされるような(笑)、これもまたひとつの、ハロプロならではの横綱相撲と言えるのではないかと思います。

もうひとつ、今月色々と聴いたなかでは、例によってこれまで完全にノーチェックで申し訳ありませんでしたが、またしてもご自身で諸々全て切り盛りされているらしいセルフプロデュース型シンガー武井麻里子のミニアルバム『週末絶景』が、各トラックメイカー選びなどディレクションも的確なのでしょう(過去には当連載でもお馴染みヤマモトショウ、蓮尾理之、佐々木喫茶といったメンツとの楽曲も多数あったりしてチェック漏れが悔やまれる)、とにかくキュートなエレクトロポップ揃いで、大きな収穫でした。特にMameyudoufuによる『時雨TIME』は、あえて無機質なヴォーカルとちょっとひねったメロがテクノ歌謡として大変魅力的な一曲、最高!

――記事の続きは発売中の「BUBKA11月号」で!

RHYMESTER 宇多丸|ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー。放送業界の最高栄誉「ギャラクシー賞」を受賞するなど、メディアでの活躍もめざましい。

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2022年11月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

MAGAZINE&BOOKS