2022-10-06 20:00

日向坂46佐々木久美、四期生との対面は「結構ドキュメンタリーな出来事でした」

「日向坂映画祭 VOL.2」舞台あいさつに出席した高本彩花、佐々木久美、東村芽依
「日向坂映画祭 VOL.2」舞台あいさつに出席した高本彩花、佐々木久美、東村芽依

アイドルグループ「日向坂46」のドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」と「希望と絶望」を続けて上映する「日向坂映画祭 VOL.2」が、10月6日、都内の劇場で催された。その合間には舞台あいさつも行われ、キャプテンの佐々木久美のほか、高本彩花、東村芽依が登壇した。

「希望と絶望」公開されてからの反響について佐々木久美は「公開当日から何回も見に行ってくださった方もいて、“ミーグリ”でも『5回見たよ』と言われたりとか、結構皆さん何回も劇場に足を運んでくださっているのを聞いてうれしくなりました」。高本彩花は「公開初日、ミーグリがあった日なんですよ。ファンの方とお話ができる日だったんですね。朝一のミーグリで『今から見に行ってくるよ』という方が帰ってきて、感想を言っていただいただいたりとかあって、公開した時期にすごくファンの方とコミュニケーションが取れる機会がありました」。東村芽依は「私もミーグリでおひさまの方が『見たよ』と言ってくれたりとか、友達も見に行ってくれて『あのシーンが衝撃だった』と言われました」と、それぞれが明かした。

ドキュメンタリー映画にちなみに、「最近あったドキュメンタリーな出来事は?」との質問に、佐々木久美は「ありましたねぇ~いいですか言っちゃって。私たち日向坂46に新たな四期生のメンバーが12人加わりまして、その子たちに会ってお話しをしたというのが結構ドキュメンタリーな出来事でしたね。日向坂46にとってもすごく大きな出来事だったなと思いました」。

高本彩花が続けて「四期生の方々との初対面が号泣から入ってきていたので、その状況がすごくドキュメンタリーでしたし、『研修期間中に、日向坂46の皆さんを見てすごい頑張りました』と泣きながら伝えてくれるメンバーもいて、それに感動しちゃって、東村はそれで泣いちゃいました」とその様子を報告。

東村芽依は「感動しちゃいました、私も。頑張って泣きながらしゃべっている姿を見て、こっちまで泣けてきました」と、正直に打ち明けた。

佐々木久美は「四期生は結構年の差もあって、みんなが日向坂46をずっと見て、好きでいてくれたんだなというのが伝わってきて、新しい感覚でしたね」と、その瞬間を振り返っていた。

BRODY(ブロディ) 2022年6月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS