2022-10-06 20:00

下乳・くびれ・お尻の“三刀流”グラドル蒼猫いな「体を張る系も何でもやります!(笑)」

インタビューに応じた蒼猫いな
インタビューに応じた蒼猫いな

撮影会モデルとして活動している人気グラビアアイドルの蒼猫いなが、8月27日に千葉県の「プラネアール 木更津スタジオ」で開催された「Fresh!スペシャル大撮影会」に参加。撮影会の合間に実施したインタビューでは、趣味のコスプレやグラビアの仕事を始めたきっかけ、憧れの“あの人”について語ってもらった。

――まずは、簡単な自己紹介からお願いします!

蒼猫いな:蒼猫いなです。バスト89cm、ウエスト59cm、ヒップ87cmのGカップ。下乳・くびれ・お尻の“三刀流”で売っております!(笑)

――現在の活動は撮影会とコスプレがメインですか?

蒼猫いな:コスプレはほぼ趣味なので撮影会のほうが多いです。コスプレはアニメよりもゲームのキャラクターが多いかもしれません。

――コスプレは自分に合っているなと思うキャラクターを探すんですか?

蒼猫いな:最初は好きなキャラクターにチャレンジして、やってみたのはいいけど何か似合わないって思ったものはおうちの中だけで楽しむ感じ。大きいイベントとかに参加する時はおうちで1回着て、これならいけそうだなと思った自信作を披露しています。

――本日の撮影会の舞台「プラネアール 木更津」で印象に残っている場所はありますか?

蒼猫いな:やっぱり周りが透明になっているプール。写真を撮っている方たちが「すごい、すごい。エチエチだね」って言ってました(笑)。

――今日の水着選びのポイントは?

蒼猫いな:スタジオの雰囲気を見て、今日は「和」の感じなのかなと。1部は「和」に合うようなゴールドが入っている新しいマイクロビキニを下ろしてみました。2部は“地味子”が脱いだらすごかったみたいな感じでメガネをかけたおさげの女の子のイメージ。3部はいろいろ持って来た中から一番落ち着いているビキニを着ようと思っています。

――グラビアの仕事を始めたきっかけは?

蒼猫いな:撮影会で水着になったことがなかった頃に確か「ABEMA」さんだったと思うんですけど、ある番組に水着で出演させていただいたんです。それが水着の初披露。その後に撮影会でも水着で出たりしているうちにDVDのお話とかも頂けて。そこから本格的に頑張ろうと思いました。

――最初に水着を披露した時のファンの反応はいかがでしたか?

蒼猫いな:意外とよかったです。だけど、今みたいに水着の布の面積は小さくなかったです(笑)。

――段々小さくなっていったんですか?

蒼猫いな:マイクロビキニは絶対着ないと思っていたんですけど、DVDの撮影で初めて挑戦して。マイクロって水着が動いてポロリしちゃうんじゃないかっていうイメージがあったんです。でも、意外とそんなことはなくて。そこから撮影会でも着るようになりました。今の布の面積が私の限界です(笑)。

――憧れている芸能人はいますか?

蒼猫いな:目指しているのは、コスプレもやりながら雑誌とかでグラビア系の活動もしている、えなこさん。自分の世界を持ちながら幅広いジャンルで活躍しているところがすごい。コンビニとかに行くと必ず何かの雑誌の表紙を飾っているじゃないですか。ホントに憧れます。

――最後に今後の目標と何か告知があれば、ぜひ!

蒼猫いな:グラビアやコスプレをやりながらバラエティー番組に出たいです。トークもそうですし、体を張る系も何でもやります!(笑) 子どもの頃、男の子たちと一緒に少年野球をやっていたので野球関連の仕事にも挑戦したいです。

あとは、最近YouTubeを始めました。たくさん持っている水着を紹介したり、撮影会の裏側を紹介したりする潜入リポートなどを配信しているので、ぜひ見てください!

◆取材・文・撮影=小池貴之

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ) 2023年1月号 BUBKA(ブブカ) 2023年1月号 BUBKA(ブブカ) 2023年1月号
2022年日本語ラップの旅Rの異常な愛情vol2 かれしちゃん「ニュー・スクール・ロマン」 BUBKAデジタル写真集 大嶋みく「放課後アバンチュール」 BUBKAデジタル写真集
杉本愛莉鈴「Private roman」 BUBKAデジタル写真集 愛森ちえ