2022-10-07 20:00

木内くるみ、“珍しいプール”がお気に入り「外から中が丸見えになっているところがちょっとセクシー」

木内くるみにインタビューを実施
木内くるみにインタビューを実施

グラビアアイドルの木内くるみが、8月27日に千葉県のプラネアール木更津スタジオで開催された「Fresh!スペシャル大撮影会」に参加。インタビューでは、初めて来たスタジオの印象やグラビアを含む自身の活動、将来の夢などについて語ってもらった。

――まずは、簡単な自己紹介からお願いします!

木内くるみ:木内くるみです。身長は149cmです。小さいんですけど、写真で見るとすごく長いからびっくりされる足がチャームポイント(笑)。最近はグラビア活動やアンバサダー、たまにコンカフェ(コンセプトカフェ)で働いています。みんなに会える機会がたくさんあるので、ぜひ会いに来てください!

――そういえば、コンカフェでオムライスを作っていましたよね?

木内くるみ:そうなんです。私は普段全く自炊をしないんですけど、コンカフェで働き始めたらオムライスが作れるようになりました。

――グラビアを始めたきっかけは?

木内くるみ:グラビアを1回もやったことがなかった頃に「ミスアクション2014」のオーディションがあって。当時のマネージャーさんに「受けてみないか」って言われて受けたら、たまたまグランプリを受賞したんです。それがきっかけでグラビアの仕事をやるようになりました。

――芸能界に憧れはあったんですか?

木内くるみ:私は人見知りなんです。誰とでも仲良くなれる妹に憧れていて、自分の性格とは全く違うだろう芸能の世界に行ってみたいなという思いはありました。今でも仕事の関係者が集まる打ち上げのような場は緊張しますけど、ファンの皆さんの前では人見知りじゃなくなります。

――確かに撮影会の時はファンの方にツッコんでいますよね。

木内くるみ:撮影会には私のことを応援してくれている人たちが来てくれるので安心感があります。

――撮影会をやっていて楽しいこと、大変なことはありますか?

木内くるみ:ファンの方はもちろん、今まで私のことを知らなかった人が撮ってくれたり、それをきっかけに他のイベントにも遊びに来てくれたり。いろいろお話をする機会が増えてその人のことをどんどん知ることができたりするとうれしいですね。

撮影会で皆さんが撮ってくれたきれいな写真がもらえるのも楽しみの1つです。大変だなと感じるのは夏のシーズン。いつもより倍ぐらい暑さに体力を奪われます。 

――Twitterで前髪の変化に気付いたファンの方がいらっしゃったとつぶやいていましたね。

木内くるみ:そうなんですよ。前髪が長くなるのが嫌なのでわざわざ美容室に行って、前髪だけ切ってもらっています。

――その変化に気付くのはすごい!

木内くるみ:私もびっくりしたけど、すごくうれしいです! ちゃんと私のことを見てくれているんだなって思いました。

――今日の撮影会の舞台・プラネアール木更津スタジオの印象は?

木内くるみ:初めて来たんですけど、いろんなシチュエーションがあって新鮮です。プールの枠が透明になっていて外から中が丸見えになっているところが珍しくてちょっとセクシー。非日常的な写真が撮れたんじゃないかなって思います。

――どんなタイプの水着が好きですか?

木内くるみ:首から下げないタイプ。紐があったりすると首が痛くなるし、肩も凝るんです。バンドゥビキニや肩で押さえるような水着が好きですね。

――憧れている芸能人はいますか?

木内くるみ:指原莉乃さんです。トークが上手ですし、周りへの気配りがすごいなと思います。

――将来の夢は何ですか?

木内くるみ:芸人さんとお話をするのが大好きなので、バラエティー番組のお仕事ができたらいいなと思っています。

――このインタビューでも頭の回転の速さを感じるのでバラエティー向きかもしれません。

木内くるみ:何か聞かれたことに対して切り返すことはできるけど、常識的な知識とかがないので答えている中身はポンコツ。その自覚はあります(笑)。

――最後に何か告知があれば!

木内くるみ:コンカフェには定期的に出勤していますし、ピーアークのアンバサダーも務めているので私のTwitterやInstagramを見ていただけたら会える日が分かると思います。ぜひ、遊びに来てください!

◆取材・文・撮影=小池貴之

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年12月号 BUBKA(ブブカ)2022年12月号
BUBKA(ブブカ)2022年12月号 大嶋みく「放課後アバンチュール」 BUBKAデジタル写真集 杉本愛莉鈴「Private roman」 BUBKAデジタル写真集
愛森ちえ 坂上未優