2022-10-19 17:00

菅谷夏子「『ONE PIECE』を第1話からずっと見てます。今、ニートだからこそできるので」

「Fresh!スペシャルアイコンプール大撮影会 Days2」に参加した、元キャンディzooのペリカン担当・かこちゃん(菅谷夏子)
「Fresh!スペシャルアイコンプール大撮影会 Days2」に参加した、元キャンディzooのペリカン担当・かこちゃん(菅谷夏子)

“動物園系アイドルユニット”キャンディzooのメンバーとして活躍していた菅谷夏子(かこちゃん)が、9月18日に埼玉県の川越水上公園で開催された「Fresh!スペシャルアイコンプール大撮影会 Days2」に参加。

撮影会の終了後にインタビューを行い、グラビア活動や近況などについて語ってもらった。

――水着撮影会にはかなり出られてますが、経験を積んで良い感じに成長されてますか?

菅谷夏子:久々に撮影してもらった方々に「表情とかポーズのレパートリーが増えたね」って、すごい言われるようになりました。

――去年のかこちゃんとは違うぞ!っていう感じですね。

菅谷夏子:そうですね、余裕が出てきました!

――新たに見つけたチャームポイントはありますか?

菅谷夏子:いまだに、それは悩んでるんですよ。あはは(笑)。でも、やっぱ1番言われるのは痩せ過ぎない、太り過ぎない、ちょうどいいって撮ってくれる方々に言われることが多くて。あと、私はホクロが多いので、あった方がセクシーかなとか思って(笑)、それも個人的にはチャームポイントにしてます。

――今日の水着のお気に入りポイントを教えていただけますか?

菅谷夏子:一着目は、それこそ戦隊モノのレッドみたいなイメージで、胸の谷間の所にヒモがあったりとか。そういうのを意外と着たことがなかったので、着てみてかわいいなと思って。やっぱ、かわいい水着を着た方が自分の気分も上がるので、かわいいなと思って決めました。二着目は純粋にひと目ぼれで。「黒、かわいい!」と思って。大きいリボンが肩に2個あって、レースになってて、レースもハートだったりするんですよ、実は。それがかわいくて、今回は結構お気に入りの2着にしました。いつもはファンの人ウケを考えるんですけど、今回はわりと自分の着たい水着にしました。

――前日の撮影会で着ていた水着に比べると、今日の方が大人っぽいなと感じました。

菅谷夏子:あー、確かに! 昨日は淡い色が多かったかもしれないですね。

――インスタのストーリーで見た時に、意識して違いを出してるのかなと思って。

菅谷夏子:あっ、全然思ってなかったですけど、言われれば確かにと思って(笑)。Fresh!さんの撮影会は初めてで、何を求められているか分からないので、着たい物を着ようと思って決めました。

――じゃあ、今日のは純粋にかこちゃんが着たい水着ということですね。

菅谷夏子:そうですね、着たい物、好きな物を着てます。あはははっ(笑)。

――そろそろ水着撮影会のシーズンも終わってしまうと思いますが、普通の撮影会には興味はないんですか?

菅谷夏子:興味がないわけではないんですけど…たまたま夏に水着撮影会が重なってただけで、今は「撮影会で活動していきます!」っていう感じじゃないので…。元々、服に興味がなくて。あっはっはっは(笑)。

――自分で洋服を買わないって言ってましたね。

菅谷夏子:そうなんですよ。だから、私服で撮影するってなると、具合悪くなるくらい考えこんじゃうんですよ。「どんなのがいいかな?」とか。水着は好みとか、「みんな、これだった喜ぶかな?」とか分かってるんでスムーズに買えるんですけど、私服になると何着ていいか分からなくて、寝込むくらい考えるんで…あんまり得意じゃないです(笑)。

――水着撮影会のシーズンだけでなく夏も終わりですが、今年の夏は楽しく過ごせましたか?

菅谷夏子:楽しかったです! 今まではアイドルをやってたのでライブづくしで、それはそれで楽しかったんですけど。今回は撮影会が月に1回あるくらいで、あとは特に何もなかったので、今までは友達と半年に1回遊べばいい方だったんですけど、結構遊びましたね。あと、お母さんが門限とか厳しいんですけど、20歳になったので同い年の女の子の幼馴染がいて、その子と2日連続で朝の5時までカラオケしてました。深夜にポテトとか食べながら(笑)。

――今までとはガラッと変わって、夜遊びに出掛けているんですね。

菅谷夏子:でも、友達が少ないんで今は幼馴染としか遊んでないんですけど。今週も3~4回とか。

――考えてみれば、久しぶりにアイドルじゃない夏でしたね。

菅谷夏子:って言われると、特に何もやらなかったですね。あははっ(笑)。

――数年前の夏に見にいきたがってた『ミッション:インポッシブル』って結局見られましたか? ずっと気になっていたのですが(笑)。

菅谷夏子:あー、見る時期を逃しちゃったんですよ。映画館で見るのが好きなんですよ。DVDとかより映画館がいいんで、上映してないと見ないですね。映画自体も好きなんですけど、映画館が好きなので。最近だと「ONE PIECE」を見にいきました。今、「ONE PIECE」のアニメを第1話から見てて。600話くらい、「魚人島」のところまで来ました。ずっと「ONE PIECE」を見てるって、今ニートだからこそできるので。お姉ちゃんが美容師なんですけど、「私はできない、ニートだからできるんだよ」ってすごい言われました(笑)。

――そんなにニートを強調しなくても(笑)。免許を取ったりもしてて、すごいなと思ってました。

菅谷夏子:あの期間、めちゃくちゃ勉強してました。

――この間なんか、1人で運転したって言ってて。

菅谷夏子:そうなんです、結構1人で運転してます。

――都内って運転しづらくないですか?

菅谷夏子:運転しづらいですね。「まっすぐ」って言われても、「右と左があるんだけど、どっちがまっすぐなんだろう?」みたいな道ありますよね? あれに、すごい惑わされます。

――ナビが「左折です」って言うけど、左折できる場所がいっぱいあったりとか。

菅谷夏子:そう、左に道が何本もあって、「いや、分からん!」みたいな。都内はそれが厳しいなって、今は思ってます。

――でも、ちゃんと運転してて偉いなって思います。

菅谷夏子:毎年、お姉ちゃんとお祖母ちゃん、私の3人で旅行に行くんですけど、その時いつもお姉ちゃんが運転してるんですよ。4日間くらい。なので、次に旅行する時まで、私が運転できるようっていうことで、今お姉ちゃんに「迎えにきて」とかすごい言われてます。

――なるほど、特訓中なんですね。お姉さんの負担を減らせるといいですね。

菅谷夏子:でも私、運転してると眠くなっちゃうので危険です。

――お姉ちゃんに、ずっと話し掛けてもらうとか。

菅谷夏子:そう、喋ってたら大丈夫なので。

――最後に、今やりたい事ってありますか?

菅谷夏子:海外に行きたいですね。あと、この前1人で大阪に旅行したんですよ。上野月癸ちゃんに会ったり、今Creepy Nutsが好きなので、ライブに行ったりしました。海外は誰かと行きたいですけど、名古屋とか1人で行きたいです。味噌カツとか食べたい! 1人で食べ物目当ての旅行がしたいですね。

――かこちゃんが1人で旅とか、ちょっと心配な気もしますが(笑)。

菅谷夏子:1人で旅行ができるくらいには成長したんですよ。仙台にも行きたくて、牛タン食べに! あはははっ(笑)。

【菅谷夏子Twitter】https://twitter.com/kakochn_
【菅谷夏子Instagram】https://www.instagram.com/kakochn/

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ) 2023年1月号 BUBKA(ブブカ) 2023年1月号 BUBKA(ブブカ) 2023年1月号
2022年日本語ラップの旅Rの異常な愛情vol2 大嶋みく「放課後アバンチュール」 BUBKAデジタル写真集 杉本愛莉鈴「Private roman」 BUBKAデジタル写真集
愛森ちえ 坂上未優