2022-11-05 20:50

乃木坂46齋藤飛鳥、31stシングルセンターに決定!タイトルは「ここにはないもの」

“電撃”卒業を発表した乃木坂46齋藤飛鳥
“電撃”卒業を発表した乃木坂46齋藤飛鳥

昨日11月4日、1期生・齋藤飛鳥が卒業を発表したばかりの乃木坂46が、12月7日(水)に発売する31stシングルの新曲を乃木坂46オフィシャルYouTube「乃木坂配信中」にて初披露生配信した。

また新曲のセンターを齋藤飛鳥が担い、タイトルが「ここにはないもの」で決定したことも併せて発表され、リアルタイムの配信視聴者数は約25万人にも及んだ。

東京スカイツリーを背にし、ソラマチタワーの屋上から生配信された今回の「乃木坂配信中」。配信冒頭で自身の卒業に触れた齋藤飛鳥。

「11年間、本当にありがとうございました。発表してからすぐに、皆さんに生の声を届けられるとは思わなかったです。ブログを読んでいいただけましたか? この11年間でたくさんの人と出会い、楽しく活動ができました。特に今年の夏の全国ツアーは、私にとって最後のツアーだと思いながら臨みました。

会場に来てくれたお客さんやメンバーの楽しい姿。その中でも北海道真駒内の会場や久しぶりの神宮球場のサイリウムが本当に綺麗で。今になって本当に寂しいです。初めて涙が出てきた…。そんな大切なみんなに大切な時間をもらって、今から披露する新曲もすてきな楽曲に仕上がりましたので、ぜひ、心して見てください」と涙ながらに語った。

12月7日(水)に発売する乃木坂46 31stシングルのタイトル名は「ここにはないもの」。齋藤飛鳥は“ここにはないもの”を探すために、乃木坂46を旅立っていく。間違いなく注目される乃木坂46の新曲が完成した。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS