2022-11-14 15:00

松本幸四郎、今年の漢字は『夢』…「固い信念・固いこだわり・自分へのこだわり…強く持っていた」

カルビー「堅あげポテト うすしお味」リニューアル発表会に出席した松本幸四郎
カルビー「堅あげポテト うすしお味」リニューアル発表会に出席した松本幸四郎

歌舞伎俳優の松本幸四郎が、11月14日、都内で開催されたカルビー「堅あげポテト うすしお味」リニューアル発表会に出席。「堅あげポテト応援部部長」に就任した松本幸四郎が、この時期ならではの企画コーナー“今年の一文字”を、巨大扇子型ボードにしたためた。

松本幸四郎が書いたのは「夢」。「まだまだ厳しく大変な状況が続いておりますけど、今年1年を振り返って、前に進んでいるというか、前に進んでいこうという、自分自身も前に進んでいかなければいけない…一歩でも半歩でも前に進んでいくというのが今年のテーマだと思っていましたので、その進む力といいますか、エネルギーには自分の目標、あるいは夢であったり、目指すものであったり、そういうものがエネルギーとなって進んでいく勇気と力が生まれるのではないかと思うんですね。

大変な状況ではありますけど、こうやって『堅あげ』も、最初の商品が進化して、前に進んでいく力、歌舞伎の世界もそうですけど決して終わりのない、さらにもっともっとという中で進化をして歴史が生まれていくと思います。それには、皆さん何か夢を持っていたのではないかなと、『堅あげ』につなげる訳ではありませんけど(笑)、すごく固い信念といいますか、固いこだわりといいますか、自分へのこだわりですね。持っていたからこそ、ここまで今年来たのではないかと、進んできたのではないかと、前進できたのではないかと。そういう意味では、象徴的な一文字として考えるのであれば『夢』というのを、強く胸に持っていたのではないかということで、書かせていただきました」と、力強くその理由を説明した。

また、来年に向けての目標については「聞き流していただきたいんですけど、来年50歳になるんです…忘れてください(笑)。あまり何かの節目に区切るとかまとめるとか振り返るということはしないでおこうと思っていましたけど、来年に関しては、あえてそれにこだわろうと思っていまして。それには今まで生きてきたものをふまえて、じゃあ何ができるのか、今年が『夢』だったら来年は『叶』う、『叶』えるだと思います。それに向かって強く行動できる年にしたいと思います」と、宣言していた。

カルビー 堅あげポテト うすしお味 65g × 12袋
Amazonで購入

カルビー 堅あげポテト柚子こしょう味 60g×12袋
Amazonで購入

カルビー 堅あげポテトブラックペッパー 65g×12袋
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS