2022-11-15 18:00

吉田あかり、1st写真集のお気に入りは“ファーに水着”大人っぽくもあり幼さもあり「今の私にピッタリ」

1st写真集「青い果実」(幻冬舎)を発売した吉田あかりにインタビュー
1st写真集「青い果実」(幻冬舎)を発売した吉田あかりにインタビュー

モデルや俳優、そしてグラビアでも活躍中の吉田あかりが、ファースト写真集「青い果実」(幻冬舎)を発売した。沖縄本島および宮古島で撮影されたメモリアルな本作は、大人っぽい一面、逆に幼い一面、18歳の今だからこそ表現できる吉田あかりの全てが詰まっている。このたび発売を記念してインタビューに応じた吉田あかりが、作品の見どころのほか、撮影エピソード、さらにこだわりのカットを紹介してくれた。

――写真集発売おめでとうございます。こうして出来上がった作品を手にしてみていかがですか?

吉田あかり:ありがとうございます! ずっと写真集を出すことが憧れだったので、「ついに!」という気持ちになりました。

――“憧れ”というのはデビュー当時からですか?

吉田あかり:芸能人といったら写真集みたいな(笑)、「いいなぁ~」と思っていました。何度が表紙を務めさせていただいた時にうれしかったんです。コンビニに行って自分が並んでいるのが不思議で、でもすごく感動して、それがまさか本屋さんに並ぶとは…と考えるとワクワクしています!

――“憧れ”のオファーがあった時は、どんな心境でしたか?

吉田あかり:「ホントに!?」って、ビックリしました。すぐ母に連絡しました。でも母は驚きもせずだったんですよ…普通に「おめでと~」って。母も実感が湧いてなかったんだと思います。なので実際に出来上がった作品を渡したら驚くかもしれません。まだ見てないんですよね。でも私がオフショットとか見せびらかしてはいました(笑)。

――写真集のコンセプトやテーマなどはありますか?

吉田あかり:特に決まってはいないんですが、私らしさを全面に出したいなと思って。私は普段から年齢よりも上に見られたり、逆に年下に見られることもあって、そんな18歳の今を全面に出したような写真集になったかなと思います。撮影場所も、カメラマンの桑島智輝さんの提案だったんですけど、“ザ写真集”みたいな明るいスポットと、ちょっとダークな感じの…光と影みたいな二面性を出してみたいなと思いました。

――吉田さんからもアイデア出しとかされましたか?

吉田あかり:今回、スタイリストさんと水着を全部選ばせていただいて、衣装も選ばせていただいたのはとてもうれしかったです。元々こだわりの強いタイプなので「あかりちゃんも一緒に衣装を見た方が安心だし、何も考えず全力で臨めるね」となって。一緒にスタイリングの倉庫みたいな場所でたくさん選ばせていただきました。めちゃくちゃ迷いました(笑)。私が全部選ぶと、“派手・派手・派手”になっちゃうこともあって。赤・青・黒…自分の好みで選ぶこともあって、派手なものばかり選んじゃったので、そこはスタイリストさんにいい組み合わせ・バランスを取っていただきました(笑)。

――そんなロケ地となった沖縄は、これまで行かれたこともありましたか?

吉田あかり:一度だけ旅行に行ったんですけど、3日間行って、すっごい楽しくて、あの雰囲気がすごく好きです。

――そんな大好きな沖縄での思い出やエピソードなどありますか?

吉田あかり:沖縄料理が好きなので、たくさん食べたかったんですけど、水着での撮影が多いので、たくさん食べられなくて(笑)。それが残念でした。ハプニングとかつらかったこととか何一つない、ぜいたくな時間だったんです。家族旅行に来ているような感じで、みんなでずっとおいしいご飯を食べて、のんびり撮影して、「あそこ行きたいね…行ってみようか」とか、すごく楽しい撮影でした。

――撮影中はずっと楽しかったということですが、撮影に行く前の体作りとかはいかがでしたか?

吉田あかり:パーソナルのジムに通い始めました。せっかくだったら万全の体形で行きたいなと思っていたので、お尻が楽しみでした(笑)。

――食事制限などはいかがですか?

吉田あかり:普段グラビアの撮影の時は、本当にご飯を食べないんです。マイルールみたいな感じで、終わるまで食べないと決めてて。でも今回の撮影は、そんなの忘れて…ちょっとだけ気を使いながらたくさん食べて、夜ちょっと動かせばいいかなと。自然体な姿が残ったかなと思います。だから無理はしてないです、何も(笑)。

――写真集は、ほかにも女優さん、タレントさん、グラビアアイドルさんも出されているわけですが、どなたか参考にされたとかありますか?

吉田あかり:田中みな実さんの写真集を見たんですけど、ポージングとかすっごいきれいで、勉強させていただきました。

――せっかくなので、お気に入りカットをご紹介いただいてもよろしいでしょうか?

吉田あかり:すごい難しいんですよね~(笑)。ファーに水着という組み合わせはあまり見ないので、ちょっと奇抜な印象になっちゃうかなと思ったんですけど、どうしてもやりたくてやらせていただいたカットですね。表紙にも使われているんですけど、このカットが好きですね。大人っぽすぎず、ハイソックスとかはいてて、ちょっとロリータ感というか、ちょっと幼さも残しつつ、ちょっとファーでませた感じで、今の私にピッタリかなと思います。

――ほかにも印象的な衣装、オススメ衣装、見どころはありますか?

吉田あかり:今回、スッピンのカットがあるんですけど、本当のスッピン! 寝起き・顔も洗わず・歯も磨かず・髪の毛も整えず…そのまま撮影したんですよ(笑)、着替えただけで。そのカットが、ほかのタレントさんの写真集で、たまにやるというお話を聞いて、前日の夜にサウナに入っている時に聞いて、「ぜひやりたいです!」と自分からお願いしました。“スッピン風”くらいの予定はあったんですけど、「絶対やりたいです」と言って、寝起きそのまま撮っていただきました。抵抗は全くなかったです。目が腫れていたらイヤだなとか、むくんでいたらイヤだなとかありましたけど(笑)、サウナにも入りましたし大丈夫かなと。一番調子良いスッピンです(笑)。

――定番の質問で恐縮ですが、写真集に点数を付けていただきたいのですが。

吉田あかり:100点満点中ですか…200点です(笑)。ファッション誌の撮影とかで“キメ”の撮影が多いから、自分で予想ができているんです。「こういふうに撮られたいな」とか、「こう見せたいな」とか、「この表情したら盛れる」みたいな。自分の中で決め顔があって。でも今回、逆に「この写真を選ぶんだ」とか、「やっぱこれ使ってもらえている」とか、「こんなに大人っぽい顔してたっけ」とか、あどけない表情の写真もあって、いい意味で期待を裏切られた…そんな写真集です。

――では最後になりますが、ファンの方・読者の方メッセージを頂けますか?

吉田あかり:「青い果実」という写真集ですが、18歳の今、大人でもない子供でもない、18歳らしい私が残っているなとちょっと大人っぽくませた顔だったり、何も考えてなく無邪気に笑っている姿とか、それがいい具合に合わさった、そんな1冊かなと思います。ぜひ見ていただきたいです、いろんな方に。私を知ってもらいたいです。

吉田あかり1st写真集『青い果実』
Amazonで購入

【電子限定セレクト版】吉田あかり 青い果実 Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2022年12月号 BUBKA(ブブカ)2022年12月号
BUBKA(ブブカ)2022年12月号 大嶋みく「放課後アバンチュール」 BUBKAデジタル写真集 杉本愛莉鈴「Private roman」 BUBKAデジタル写真集
愛森ちえ 坂上未優