2022-12-02 11:10

乃木坂46阪口珠美、この場所だから出会えた新しい自分…選抜復帰を果たし、見えてきた世界

「BUBKA1月号」に登場する乃木坂46・阪口珠美
「BUBKA1月号」に登場する乃木坂46・阪口珠美
撮影/幸田昌之

「樋口さんの『見せない努力』が好きだから、私もそうしようと決めたんです」。前号で自身が信じる美学をこう語ってくれた阪口珠美。その信念を貫き勝ち取った、3年半、8作ぶりの選抜復帰。BUBKAは、今この瞬間の彼女の思いをどうしても知りたかった。 選抜入りしたことで見えてきた世界、そして偉大な先輩たちの卒業により変革の時を迎えるグループの未来について話を聞いた。

私の財産

――先月号のグラビア、反響はどうでしたか?

阪口珠美 とってもありました!ミーグリ(オンラインミート&グリート)では全員が「このページがいい」「これが好き」って感想を言うくらい(笑)。皆さん、はがきも書いてくださって。

――前号で取材した時点で選抜発表は……。

阪口珠美 まだです。少し経ってから発表がありました。そろそろかなと覚悟しながら生きていました。

――覚悟というと?

阪口珠美 選抜発表では毎回落ち込んでしまうので、どうやって自分の気持ちを上げようかな、何を食べようかな……って考えていました。もちろん毎回選ばれたいと思っているけど、「きっとダメだろうな……」の気持ちが7割くらいあるので。

――名前を呼ばれた瞬間の気持ちは?

阪口珠美 「記憶ってこんなに飛ぶんだ」っていうくらい、夢の中にいるような気持ちでした。「あれ?本当に名前呼ばれたのかな」「サカグチタマミって私の名前だっけ?」っていう。返事をしたかどうかも覚えていないです。

――初選抜の『SingOut!』の時もそんな感じでしたか?

阪口珠美 あの時も記憶は飛びかけたけど、驚きと喜びが強くて、ポジティブさがありました。それに比べると、今回は予想外すぎました。

――真っ先に連絡をしたのは誰ですか?

阪口珠美 たくさん連絡したい人はいたけど、ひなちま(樋口日奈)さんです。勝手に手が動いていました(笑)。「お忙しいなか、申し訳ないんですけど……」と連絡したら、大興奮で返事をいただきました。ひなちまさんって冷静な方ですけど、ハイテンションのお返事がありました。

――同期の反応はいかがでしたか?

阪口珠美 発表が終わって、3期生の楽屋に戻ったら、扉を開けた瞬間、みんなが「おめでとう!」って拍手してくれました。発表直後だから、それぞれの思いがあるはずなのに。でも、拍手で迎えてくれて、「なんて心がいい子たちなんだ!」って。やっぱり3期生最高だなって思いました。

――3期生が6人いる選抜に入るのはどんな気持ちですか?

阪口珠美 「これからは3期生と4期生の時代だよ」と言っていただけることがありますけど、アンダーにいると、私はそこに入っているのかなって思ってしまいます。でも、選抜にいると、堂々としていられます。それがすごく嬉しいですし、3期生にも囲まれているのも心強いです。

――3年半ぶりに復帰できたのはなぜだと思いますか?

阪口珠美 これという理由は思いつかないけど、私は先輩の背中を見て活動してきて、その背中に教わってきたことをやってきたからだと思います。それは、真面目に、誠実に取り組むということです。アンダーライブで(北野)日奈子さんや(伊藤)かりんさんが全力で踊ってらっしゃるのを見ていたから、その姿を学ぶことができて、それが私の財産になりました。その姿勢が伝わったのかもしれません。というか、伝わっていてほしいです(笑)。

――30枚目のアンダーライブの話になりますが、4期生が参加するようになって1年が経ちました。自分が先輩として振る舞わないといけない期間でしたよね。

阪口珠美 急に先輩がいなくなったから、「そろそろ本当にヤバいね」って3期生で話し合いました。なので、レッスンが始まる前、3期生みんなで4期生に伝える時間を作りました。

――阪口さんは何を伝えましたか?

阪口珠美 「私はアンダーライブが好きだから、そのいいところを受け継ぎたい。みんなでリハーサルからちゃんと歌おう。アンダーライブの魅力を伝えよう」って言いました。その結果、パワーアップできたライブになったと思います。私自身、歌が得意なわけではないですけど。でも、いつもやってきたから、最近になってアンダーライブの文字をスケジュールに見つけると、「私もリハに行かなきゃ」っていう気分になってしまって。それくらい打ち込んできたんだなって思います。

――インタビューの続きは発売中の「BUBKA1月号」で!

取材・文/大貫真之介

さかぐち・たまみ=2001年11月10日生まれ、東京都出身。忍耐と頑張りを重ね、今作で8作ぶりの選抜に返り咲いた、乃木坂46の忍たま頑太郎。選抜発表の時に「何でもやるので頑張ります!」と勇気100%の意気込みを見せた。愛称は「たまちゃん」。

「BUBKA」2023年1月号の表紙を飾る櫻坂46

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 乃木坂46は「お姉さん感」、日向坂46は「三女感」人気振付師CRE8BOYが語る振り付けのこだわり
  2. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  3. 杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
  4. アイドルグループ「クマリデパート」音楽プロデューサー・サクライケンタが語る創作のこだわり
  5. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  6. 日向坂46 四期生「おもてなし会」dTVで生配信決定
  7. NMB48安部若菜1st写真集発売決定「水着の撮影は1年ぶりで恥ずかしさも…」元気な表情からセクシーで大人っぽい姿まで
  8. AKB48“17期研究生”山﨑空&水島美結、2回目のランウェイに緊張も「お洋服の良さを伝えることができた」
  9. 日向坂46丹生明里、表紙&巻頭グラビアを飾る「記念すべき特別な号で本当に光栄です」
  10. 日向坂46渡邉美穂、感動の卒業セレモニー「この場を迎えられるってほんとに幸せ」
  1. 乃木坂46は「お姉さん感」、日向坂46は「三女感」人気振付師CRE8BOYが語る振り付けのこだわり
  2. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  3. 杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
  4. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  5. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  6. アイドルグループ「クマリデパート」音楽プロデューサー・サクライケンタが語る創作のこだわり
  7. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  8. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  9. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  10. 日向坂46 四期生「おもてなし会」dTVで生配信決定