2022-12-04 20:15

天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第49回「テッド・デビアス」

天龍源一郎が語るプロレスラー テッド・デビアス
天龍源一郎が語るプロレスラー テッド・デビアス
写真/平工幸雄

天龍源一郎は、その40年間の“腹いっぱいのプロレス人生”で様々な名レスラーと出会い、闘い、交流した。ジャイアント馬場とアントニオ猪木の2人にピンフォールでの勝利を収めた唯一の日本人レスラーであり、ミスタープロレスとまで称された天龍。そんな天龍だからこそ語れるレジェンドレスラーたちとの濃厚エピソードを大公開しよう!

俺のデビュー戦を10分リードしてくれた オーソドックスな一流の血を引いた選手

11月になると思い出すのはプロレスでデビューした頃のこと。俺は46年前の1976年11月13日、テキサス州ヘレフォードでプロレスラーになったからね。

振り返ると、デビューまでは怒涛の毎日だったよ。10月15日に東京ヒルトンホテル(現ザ・キャピトルホテル東急)で全日本プロレス入団記者会見をやって、2日後の17日の新潟県三条大会からシリーズに合流して開場前にジャイアント馬場さんやザ・グレート・カブキさんにプロレスの基本を教えてもらい、大会が始まったらリング上から入団の挨拶。10月28日の蔵前国技館大会まで11大会の試合前に練習しただけで10月30日にはハワイに飛んで、そこからロサンゼルス経由でテキサス州アマリロ入りしたのが11月7日。で、11月13日に本番の試合だから、全日本入団から1カ月もしないうちにデビューしたんだよ。

アマリロに到着してからドリー・ファンク・ジュニアには数回しか教わっていないよ。だってプロモーターでトップレスラーだったからね。アマリロのテリトリーはサーキットが長いから、ドリーが帰ってくるのが遅いんだよ。だから朝早く起きてアマリロのスポーツアリーナに来て、俺にプロレスを教えるのは多分、きつかったと思うよ。アマリロでドリーの右腕的存在だった技巧派のジェリー・コザックに教わるほうが多かったかな。ジャンボ(鶴田)はドリー直伝の派手なプロレスを覚えたけど、俺はジェリー・コザックに教わったから、地味なプロレスになっちゃったんだよ(笑)。

デビューの2日前には会場の雰囲気に慣れるためということで、馬場さんとドリーが考えたと思うんだけど、スポーツアリーナで相撲のまわしを付けたエキシビションマッチもやったね。

それがあっての本番のデビュー戦だったけど、今にして思うと、テッド・デビアスも大変だったと思うよ。今でも覚えてるんだけど、アマリロに行って最初に馬場さん、桜田(一男=ケンドー・ナガサキ)と観た試合のメインイベントがデビアスと誰か……多分、サイクロン・ネグロだったと思うんだよ。俺はこの年の蔵前でのジャンボとテリー・ファンクの華やかな試合(6月11日)でプロレスに魅せられたから「デビアスって地味だなあ」「ぽっちゃりしていて、パッとしないなあ」っていう印象しかなかったね。基本に忠実なプロレスをやるから、地味に映ったんだよね。

試合後にドレッシングルームに行ったら、ドリーとデビアスがシャワー浴びていて、デビアスがドリーの背中を流していたんだよ。「ああ、やっぱり相撲社会と同じで弟子が師匠の背中を流すんだなあ」と思って見ていたら、デビアスがポイッて石鹸を渡して、ドリーに背中を流させたからビックリしたよ。「えーっ、これでいいの!?」って、マジでカルチャーショックだったよ。

で、デビュー戦の時には日本のシリーズが始まるから馬場さんは日本に帰っちゃって、桜田も俺とは違う会場で試合が組まれていたから、月刊ゴングの現地通信員の茨城君(清志=のちにW★ING代表)の車で、住んでいたアマリロのホリデーインから1時間ぐらいのヘレフォード・ホールに行ったんだよ。

対戦相手のデビアスとはベビーフェイス同士ということで同じドレッシングルームだったのかもしれないな。「好きなことやっていいから。あとは俺がリードしてやるから、ついてくればいいよ」って言ってきてくれて、気が紛れたのを憶えているからね。

――記事の続きは発売中の「BUBKA1月号」で!

取材・文/小佐野景浩

天龍源一郎|1950年生まれ、福井県出身。1963年に大相撲入り。1976年のプロレス転向後は「天龍同盟」での軍団抗争や団体対抗戦で日本・海外のトップレスラーと激闘を繰り広げ、マット界に革命を起こし続ける。2015年の引退後もテレビなど各メディアで活躍中。

テッド・デビアス|1954年、アメリカ・ネブラスカ州生まれ。大学時代からザ・ファンクスの元でトレーニングを積み、1974年にプロレスラーデビュー。アマリロをテリトリーにNWAを主戦場にする。各地区の王座に就きリック・フレアーと並び次期NWAヘビー級王者の最有力と目される。1976年初来日。1983年には天龍との新王者決定戦を制しUNヘビー級王座を獲得。1987年からWWFに再登場してミリオンダラー・マンとしてヒールで活躍。1993年には全日本に参戦してスタン・ハンセンとのコンビで活躍する。1996年にはWCWに移籍してnWoのマネージャーになるが首の負傷などもあり引退。その後宣教師に転身。2010年WWEの殿堂入り。

「BUBKA1月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

BUBKA (ブブカ) 2023年 1月号
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA RANKING5:30更新

  1. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  2. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  3. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  4. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  5. すべての球団は消耗品である「#3 1999年の野村阪神編」byプロ野球死亡遊戯
  6. 田村潔司「解析UWF」第2回…アントニオ猪木が与えた多大なる影響
  7. プロレス・木村健悟「藤波は童顔でかわいらしい顔して、まだ身体も細かったから『絶対に俺のほうが強いだろ』と思ってたよ」
  8. SKE48荒井優希、山下実優選手とのシングルマッチ!試合に集中しメンバーの存在は「すっかり忘れていました」
  9. スタン・ハンセン「『ラリアット』がプロレス技として辞書に載ったりしたら、こんなに光栄なことはないね」
  10. 【新連載】田村潔司がUWFを解析…レスラーたちは何を見せていたのか
  1. 乃木坂46は「お姉さん感」、日向坂46は「三女感」人気振付師CRE8BOYが語る振り付けのこだわり
  2. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  3. 杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
  4. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  5. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  6. アイドルグループ「クマリデパート」音楽プロデューサー・サクライケンタが語る創作のこだわり
  7. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  8. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  9. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  10. 日向坂46 四期生「おもてなし会」dTVで生配信決定