2022-12-14 20:00

キスマイ玉森裕太『2022年 最も美しい人』に選出…「感謝の気持ちを大事に」

「2022年 最も美しい人」贈賞式に出席したKis-My-Ft2玉森裕太
「2022年 最も美しい人」贈賞式に出席したKis-My-Ft2玉森裕太

アイドルグループ「Kis-My-Ft2」の玉森裕太が、VOCEが選ぶ「2022年 最も美しい人」に選出され、都内で行われた贈賞式に登壇した。

グレーのスーツにドレッシィなシャツのコーディネイトで登場した玉森は、初めて聞いた時「『え? 僕ですか?』という感じでした。『何かのドッキリなんじゃないか!?』と思いましたが、今、ドッキリじゃないんだなという雰囲気を感じています。(トロフィーを受け取って)やっぱり何か形になっていただけるのはすごく光栄ですし、“最も美しい人”に恥じぬよう、自分磨きを頑張っていきたいです」と完走を語った。

VOCE遠藤友子編集長は、「玉森さんには継続してVOCEの表紙を飾っていただいていますが、そのたびに読者から大きな反響があります。その透明感あふれるルックスに対してだけでなく、インタビューで語られる言葉に対しても賛辞が寄せられます。私は、玉森さんから否定的な言葉を聞いたことがありません。自分と違う考え方も受け入れ、他者を認められる柔軟さは、まさにいま私たちが求めているものです。また、TVドラマの主演などでのご活躍は言うまでもありません。今年の最も美しい人は玉森さんがふさわしいと考えました」と、その贈賞の理由を語る。

玉森裕太インタビュー

――編集長の受賞理由を受けていかがですか?

玉森裕太:本当ベタ褒めで、うれしいです(笑)。僕、本当に、褒められることって普段はなかなかないので、どきどきしちゃいます。すごくうれしかったです。ありがとうございます。

――ご自身の2022年を振り返っての想いや、その理由は?

玉森裕太:一言で言うなら、「駆け抜けた」かな。3年ぶりの有観客ライブを今年からキスマイとして再開したこともそうですし、あとは2期連続でドラマに出演させていただいたことも、もちろん大きな経験になりました。この1年を振り返ると、すごく濃く駆け抜けることができたと思っています。本当に、濃い1年を過ごすことができました。

――ご自身の美肌や美しさを維持するために毎日心がけていること、美容法はありますか?

玉森裕太:お水は毎日本当にたくさん飲んでます。毎日、3リットルくらいは飲んでいるんじゃないかな? 乾燥しないためにも、内側からも潤いを与えていきたいなと思っています。あとは、毎日パックしています。朝も、夜もしているんですが、パックしている間は大体仰向けになって、目を閉じて、10分~15分くらいただ待ってます。

――仕事、プライベートなど、人間関係でご自身が日々心がけていることはありますか?

玉森裕太:どんな方にもリスペクトを持つようにしています。この仕事をしていると、1回限りしか会えないこともよくあるので、限られた時間でよりその方を知れるように、リスペクトを持つようにしています。そして、感謝の気持ちを大事にしています。

――今後実践してみたい美容法やコスメはありますか?

玉森裕太:本当に僕が逆に知りたいんです。皆さんの方が詳しいじゃないですか。教えてください! 僕も勉強しているけれど、まだまだなところたくさんあるので。こだわりの美容法をいろんな方から、もちろん『VOCE』からも教えていただきたいです。こういう食べ物がいいだったり、運動がいいだったりという知識は入ってくるんですけど、結構面倒くさがり屋でできなかったりもするので、簡単に美しくなれる方法があればいいなと思っています(笑)。

――ご自身が日頃「美しい人だな」と感じるのはどんな人?

玉森裕太:「自信のある方」はすてきだなって思います。いろんな経験をされ、たくさんの失敗もあっただろう中で、今ここにこの人がすごく自信をもって輝いているんだと想像するととても美しく見えます。知らない大きないろんな決断を経た今があると思うと、すてきだなと思うんです。僕自身は、自信があるかどうかといわれると自信はない方だと思います。でも、自分の経験してきたことは裏切らないと思っているので、何かを披露する時は自分がやってきたことをうまく発信できたらなと思っています。

――ご自身が思う「女性を美しいと感じる瞬間」は?

玉森裕太:さっきの自信についての質問の答えと似ちゃう部分はあると思うんですけど、きらきらと笑っている姿はすてきですよね。ついつい見たくなっちゃう。ガハガハ笑う、そんな人がいいなと思います。

――ジャニーズで美容男子というと三宅健さんですが、三宅さんはどんな存在?

玉森裕太:小さい頃からテレビで見ていた先輩なので、やっぱりジャニーズの先輩であり、美の先輩でもあるので、美に対してのお話も聞いてみたい気持ちはあります。

――Kis-My-Ft2のメンバーにも千賀さんという美容男子がいますね?

玉森裕太:千ちゃんもすごく美容が好きでよくいろんなものを試してみたりしているので、機会があればいいものを教えてもらいたいと思っています。

――千賀さんと美容トークはするんですか?

玉森裕太:教えてもらったりしますよ! 「タマはこういう肌質だから、こうして、こうして」と教えてもらったりしています。ためになっていると思います。ライバル心はないです。

――内面の美しさに心掛けていることはありますか?

玉森裕太:失敗を恐れないようにしています。やはり年齢を重ねるほど「失敗したくない」「怒られたくない」と思う気持ちがどんどん大きくなるんですけど、失敗して得るものもすごく多いので、何事にも恐れずチャレンジしてみて、失敗したら、次は失敗しないためにこうしてみようとか。もうその連続なのかなと思っています。その先に何か自分の求めていたことがあればいいなと思っています。

――怒られることもあるんですか?

玉森裕太:怒られるというか、お芝居だったら「今のじゃちょっと伝わらないよね」とか、そういうことを言われたりすると「俺、一生懸命頑張ったけどダメだったんだ」って思うし。じゃあ、「そう思われないためにもっとこうしてみよう」とか、またなにか新しいチャレンジ精神が湧いてくるので怒られること自体、嫌じゃないです。

――ご自身で自信を持とうと心掛けているのですか?

玉森裕太:「自信を持っていこう」という気持ちはありますけれど、やっぱり緊張したり、今まで培ってきたものが100%出せないと思ったり、そんな時ももちろんあります。けど、経験は裏切らないと思うので、ちょっとずつでも経験値を増やしていきたいと思っています。

――ご自身のクリスマスのご予定は?

玉森裕太:マネージャーさんは気を使ってスケジュールを空けてくださっているんですけど、することなさすぎて多分オンラインゲームをしているんじゃないかなと思います。クリスマスに暇な人たち同士で、「クリぼっちオンラインゲーム大会」。事務所の後輩やよくオンラインゲームをする友達と、ゲームしながらクリスマスのお祝いをしたいと思います。

――現在32歳の玉森さんがこれから目指していく、美しい大人の男性像とは?

玉森裕太:「経験を積みたい」と自分自身で思っているのと、どこかで聞いた言葉なんですけど「男性は格好つけなくなってからが、格好いい」という言葉を聞いた時に、すごくいい言葉だなと思ったので、そういう大人の男性になっていけるように目指していきたいです。たくさんの経験を積んで、内から出るエネルギーが人を魅了する力になればと思います。「格好つけなくなってからが、格好いい」ってどんなことなんだろうなと、考えながらでも答えを導いていけるような人生を歩んでいきたいです。頑張ります!

――「男性は格好つけなくなってからが格好いい」という言葉。何年くらい前から考えるようになりましたか?

玉森裕太:この5年以内だったと思います。確かCMで聞いたんだと思います。最初は流し聞きしていたのですが、その言葉がぐさっと自分の体の中に入ってきて。すごくいい言葉だと思ったのと同時に、「どういうことなんだろうな」と考えてしまって。すごく深い言葉だなと思ったので、その答えに近づけるよう、自分自身を導いていきたいと思うようになりました。でも、まだまだ、格好つけたくはあるんですけど(笑)。まだまだ、模索中です。

――来年の抱負は?

玉森裕太:キスマイとしては、まだまだ大きい会場でのライブをしたいなと思いますし、個人としては、いろんなことにチャレンジをして自分を高めたいなと思っています。

――会見の締めくくりとして、VOCE読者に一言!

玉森裕太:僕自身も美のために努力をしていきたいし、VOCE読者の皆さんも意識がすごく高いと思うので切磋琢磨しながら、美の研究や美しくなるために頑張っていけたらいいなと思います。一緒に頑張る方が頑張れるので。一緒に頑張りましょう!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 乃木坂46・矢久保美緒の「3期生さん全員ママ化計画」に最後の砦、岩本蓮加は「私には理解できない」と断固拒否!
  2. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  3. 乃木坂46五百城茉央の“添い寝姿”を収めた封入特典ポスターカット解禁
  4. 僕が見たかった青空による青春グラビア!『週刊少年マガジン』初登場
  5. 乃木坂46井上和&五百城茉央、鉄板の必殺技は「お腹いっぱい」も先輩・久保史緒里から「20歳になるまでやりなさい」という忠告でやめられない⁉
  6. 乃木坂46井上和、“シンプル美”の極み…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より特別カット続々到着
  7. 櫻坂46大沼晶保「私の不徳の致すところです」突然の涙に一同爆笑
  8. 日向坂46富田鈴花&松田好花“花ちゃんズ”と春日俊彰のコラボに若林正恭が抱腹絶倒
  9. 乃木坂46久保史緒里、梅澤美波らが“飯テロ”おつまみ紹介「深夜に食べても次の日に残らない」
  10. 日向坂46金村美玖が表紙に、富田鈴花が巻末グラビアに登場
  1. 乃木坂46・矢久保美緒の「3期生さん全員ママ化計画」に最後の砦、岩本蓮加は「私には理解できない」と断固拒否!
  2. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  3. 乃木坂46五百城茉央の“添い寝姿”を収めた封入特典ポスターカット解禁
  4. 僕が見たかった青空による青春グラビア!『週刊少年マガジン』初登場
  5. 乃木坂46井上和&五百城茉央、鉄板の必殺技は「お腹いっぱい」も先輩・久保史緒里から「20歳になるまでやりなさい」という忠告でやめられない⁉
  6. 乃木坂46井上和、“シンプル美”の極み…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より特別カット続々到着
  7. 櫻坂46大沼晶保「私の不徳の致すところです」突然の涙に一同爆笑
  8. 日向坂46富田鈴花&松田好花“花ちゃんズ”と春日俊彰のコラボに若林正恭が抱腹絶倒
  9. 乃木坂46久保史緒里、梅澤美波らが“飯テロ”おつまみ紹介「深夜に食べても次の日に残らない」
  10. 日向坂46金村美玖が表紙に、富田鈴花が巻末グラビアに登場