2022-12-18 11:00

乃木坂46柴田柚菜さんの歌唱力や表現力そして“ディズニー愛”にも注目

乃木坂46柴田柚菜
乃木坂46柴田柚菜
撮影/持田薫 ⒸByakuya Shobo Co.,Ltd 2022

ディズニープリンセスと聞いて思い浮かべるキャラクターはなんでしょうか? 私が最初に思い浮かべたのはシンデレラです。一番身近な作品であるということ以外にも、気付かないうちに自然と彼女からの影響を受けていたことが、きっとその理由なのかもしれません。

2018年開催の坂道合同オーディションに合格し、乃木坂46の4期生に配属された柴田柚菜さん。29枚目シングル「Actually…」で初選抜入りを果たすと、その後も最新曲の31枚目シングル「ここにはないもの」まで順調に選抜入りを継続させています。

柴田さんといえば、誰もがその歌唱力の高さを話題にすることでしょう。私が特に印象に残っているのは『乃木坂スター誕生!』でソロ歌唱したZARDの「揺れる想い」と、『CDTV ライブ!ライブ!4時間SP』で久保史緒里さんとプリンセスプリンセスの「M」を披露した時です。乃木坂46には歌唱力に定評のあるメンバーが多くいますが、歌詞をストレートに投げ掛ける歌い方は彼女にしか出せない魅力だと感じました。

また、小学生の頃には千葉ロッテマリーンズの本拠地・マリンスタジアムで球団公式のチアとして活躍した経歴を持っており、これまでバラエティー番組や4期生ライブなど多方面でその特技を生かす場面がありました。千葉県出身ということもあってマリーンズ愛が強く、グループに加入してからも時間さえあれば試合を見に行っているそうです。

ここまでは多くの乃木坂ファンが知っている柴田柚菜さんだと思いますが、皆さんにもっと注目してもらいたいのが、柴田さんは大のディズニー好きで、パーク内のことだけでなく作品や楽曲にも詳しいという点です。その一面を強く感じるのが、彼女がパーソナリティーを務めるラジオ番組『乃木坂46柴田柚菜のDreaming time』(以下:ゆなtime)です。年間パスポートを所有していたことがあるほどディズニーに通い詰めていた彼女は、以前この番組で「パークも好きだけど作品も好き。一番好きなのはシンデレラ」と話していました。シンデレラに関しては過去に4期生のリレーブログでも、「小さい頃から大好きでずっとシンデレラになりたいと思っていました」と、幼い頃からの想いを明かしています。

ゆなtimeの初回放送で柴田さんは、自己紹介代わりの1曲として実写版シンデレラの主題歌「Strong」を流しました。番組を聴いていると柴田さんが洋楽好きであることや、安室奈美恵さんに影響を受けていたことなど、選曲した音楽が彼女自身を表現していて、その一つにディズニー音楽があることが分かります。そんなディズニー音楽は彼女にとって毎日のBGMと言っていいでしょう。癒やされたい時や夜に聴きたい曲はリロ&スティッチ「リロの歌」「ハワイアン・ローラーコースター・ライド」。流れ星を見た時はピーターパン「きみもとべるよ!」。雨の日には雨の日限定のパレード曲「ナイトフォール・グロウ」がイヤホンから大音量で流れ、身の回りで起きたことがBGMへと変換されていきます。さらには、カラオケに行った時もディズニー音楽を歌うほどのディズニー好き。私がここで紹介した彼女にまつわる楽曲はほんの一部に過ぎません。

いつか、ディズニー関係の仕事をすることが夢なんだそうです。

午前0時を回ると魔法が解けてしまうシンデレラ。毎週火曜23時はbayfmで、乃木坂46のシンデレラと“夢と魔法の時間”を過ごしてみるのはどうでしょうか?

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  2. 杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
  3. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  4. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  5. アイドルグループ「クマリデパート」音楽プロデューサー・サクライケンタが語る創作のこだわり
  6. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  7. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  8. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  9. 椎名誠「体験してみることに価値があるんですよね『おとなしくしておこう』はよくない」
  10. すべての球団は消耗品である「#3 1999年の野村阪神編」byプロ野球死亡遊戯
  1. 乃木坂46は「お姉さん感」、日向坂46は「三女感」人気振付師CRE8BOYが語る振り付けのこだわり
  2. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  3. 杉作J太郎が語る『機動戦士ガンダム 水星の魔女』
  4. すべての球団は消耗品である「#4 1994年の鈴木近鉄編」byプロ野球死亡遊戯
  5. 天龍源一郎「4年3カ月…感謝しかありません」ミスタープロレス交龍録 最終回は『三遊亭円楽』
  6. アイドルグループ「クマリデパート」音楽プロデューサー・サクライケンタが語る創作のこだわり
  7. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  8. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  9. 田村潔司「解析UWF」第5回…長期欠場中に気づいた山崎一夫さんのうまさ
  10. 日向坂46 四期生「おもてなし会」dTVで生配信決定