2023-01-10 18:00

吉岡里帆「年相応の役をやっていけるように」誕生日を控えて今年の目標を語る

DIC株式会社のブランドCMに出演する吉岡里帆
DIC株式会社のブランドCMに出演する吉岡里帆

女優の吉岡里帆が出演するDIC株式会社のブランドCMが、関東圏にて放映中。

印刷インキや有機顔料世界トップシェアを誇る同社。吉岡が演じるのは、化学が好きで好きでたまらないDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)というキャラクター。これまで3年間続いてきたシリーズだが、今回、研究室から街に飛び出し、未来を担う世代の若者と語り合うという展開が描かれる。

オフィシャルインタビューでは、撮影の感想や、1月15日に30歳の誕生日を迎える吉岡の今後の抱負、吉岡流の冬の楽しみ方などを語っている。

吉岡里帆インタビュー

――本日の撮影はいかがでしたか?

吉岡里帆:今日は久しぶりにDIC岡里帆に扮装して撮影したんですけど、本当にチームが心強いといいますか、皆さんの技術が本当に素晴らしくて、私は安心して撮影に挑むことができました。監督の演出が本当にユーモアたっぷりで、笑いの絶えない撮影になったかなと思います。

――「バーチャルプロダクション」を使用しての撮影はいかがでしたか?

吉岡里帆:すごいですよ! もうびっくりしました。(「バーチャルプロダクション」を使った撮影は)初めてなんですけど、自然な植物とこの映像が融合しているといいますか、あれ、外かな? みたいな感覚になるぐらいリアリティーがあって、こんな技術がもうあるんだなぁと。感慨深い気持ちです。DICらしい、進歩した技術を感じるような撮影セットだと思うので、そこも内容と併せて楽しんでいただきたいです。

――1月15日にはお誕生日を迎えられますが、節目を迎えられるに当たっての思いや、今年の目標を教えてください。

吉岡里帆:30歳を迎えるという節目の年に、こうやってDICのお仕事を続けさせていただけるのが本当にうれしくて。長い間CMに出演させていただいて、これまでいろんな大自然に行ったり、カラフルなドレスを着たり、ものすごい長尺のセリフをぶわ~っとしゃべったり。CMを通していろんな方法を用いて、DICの素晴らしさを伝えてこれたかなと思うんですけど、これからはもうワンランク進歩した、新しい伝える方法があるのかなと今日の撮影からも感じたので、私もブラッシュアップして撮影に挑んでいきたいなと、とても意気込んでおります!

私の個人的なお仕事での目標だと、やっぱり年相応の役をやっていけるようになりたいなと思うので、大人な女性として、いいパフォーマンスをしていきたいなと思っております。その年代その年代で思うところって全然違うと思うので、気持ちに寄り添った、作品に寄り添った役者でいたいなと思っています。

――新年を迎え、長期休みがあった人も多い時期ですが、吉岡さん流の冬の楽しみ方を教えてください。

吉岡里帆:冬は、私は割とインドアになってしまうので、極力あったかいおうちでぬくぬく過ごしたいです(笑)。みかんがめちゃくちゃ大好きで毎年箱で買うんですけど、今年も箱で買って、こたつとかで…まあこたつは家にないので、床暖房(笑)? と、あったかい毛布に包まれて、おいしいスイーツとかおいしいみかんとか食べながら漫画でも読んでゆったり過ごしたいです。冬生まれのくせに、寒いのがあんまり得意ではなくて。なので今日も(室内での撮影で)うれしいです(笑)! 真冬の撮影の時とかいいですよね。極寒の時とかにも寒い景色を映していただいて(笑)、撮影したいです。

――「さめてるの、逆にアツいよ!」という動画のテーマにちなんで、吉岡さんの中で今“アツい”ハマっているものやマイブームはありますか?

吉岡里帆:昔から家で植物をたくさん育てていて、毎年株(家にある植物の数)がどんどん増えていくんですけど、ずっと育ててたレモンが先日ちょっと枯れてしまいまして。なので弱った植物を再生するっていうのを今は重点的に、おうちに帰ったらちょこちょこお手入れして、“楽しむ”っていうより“育てる”に近いんですけど、何とか元気になってくれと願いながら家の子たちと向き合ってます。

――「近赤外線コントロール黒顔料」は、熱くなりやすいという黒顔料の“弱点を克服”した顔料ですが、吉岡さんは悩んだときや落ち込んだとき、どのように乗り越えていますか?

吉岡里帆:近赤外線コントロール黒顔料は、「黒いのに熱くなりにくい」という相反する魅力があると思うので、私もマネするなら…やっぱり弱ったり悩んだりした時こそ、すごい馬鹿力を発揮して気持ちを起こすといいますか。「気の持ちようかな~」と年々年を重ねて感じることが増えてきたので、弱った時こそ、あえて元気に。悩んだ時こそ、絶対大丈夫だと思い込んで。根性論で乗り越えてます(笑)。

運動も大好きで最近ピラティスとかにもハマってるんですけど、悩んだり弱ったりしてる時って運動をしに出掛けるまでが気持ちを起こすのが大変だと思うので、自分はアスリートばりに「メンタルも強いぞ!」と思い込んで、ガッと外に出る。できるだけ外に外に気持ちを押し出すように、心を健やかに保つようにしています。

――動画を見る人へメッセージをお願いします。

吉岡里帆:DICのCMをいつもご覧になっていただいている皆さま、ありがとうございます。今年も、新しいCMをDIC岡里帆として撮らせていただきました。今回登場した相棒は「近赤外線コントロール黒顔料」という、黒いのに熱くなりづらいという、素晴らしい相棒です。世の中にはまだまだ私の知らないことがたくさんあるんだなと自分も勉強しながら、今回出演させていただきました。

皆さまにもぜひDICの面白い子(製品)たちを知っていただきたいなと思いますので、CMと一緒に「近赤外線コントロール黒顔料」のことを愛していただけたらなと思っております。そして、今日はこの撮影環境にも実はものすごい技術が使われているんだぞ! というところに注目していただけたらなと思っています!

吉岡里帆 Wアニバーサリー写真集「日日」 通常版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 森田ひかる『週刊少年マガジン』表紙を飾る、2号連続「櫻坂46」グラビア企画の第1弾
  2. 乃木坂46も出演の音楽イベント「風とロック」テレビ独占初放送決定
  3. 乃木坂46「アンダラ」有明アリーナで、数々の先輩たちが挑戦してきた伝統の三輪車対決を筒井あやめ、小川彩が受け継いだ‼
  4. 燃える闘志の清宮レイさんとクールな心の松尾美佑さん!乃木坂46 35thSGアンダーライブを支えた二人の功労者が見せる、それぞれの優しさ
  5. 日向坂46の松田好花が撮るメンバー写真が有能すぎる!“カメラガチ勢”の金村美玖との撮り合いが白熱化⁉
  6. 乃木坂46最新“アンダラ”千秋楽で筒井あやめが革命宣言!その背景にあった齋藤飛鳥からの予言とは?
  7. 乃木坂46の久保史緒里と向井葉月がプロ野球交流戦で今季初登板!広島カープ秋山選手との対戦から目を離せない!?
  8. 乃木坂46、初の4・5期生のみ「35thSGアンダーライブ」3日間計3万6000人動員は過去最大規模
  9. 櫻坂46小島凪紗、周りの温かさを感じながらパフォーマンス!先輩と共に『BUDDIES』を披露した夏
  10. 櫻坂46の谷口愛季が『ラヴィット!』に新制服で登場!意味深なネクタイの角度に「これは46度か?」とファンのテンションMAX!
  1. 森田ひかる『週刊少年マガジン』表紙を飾る、2号連続「櫻坂46」グラビア企画の第1弾
  2. 乃木坂46も出演の音楽イベント「風とロック」テレビ独占初放送決定
  3. 乃木坂46「アンダラ」有明アリーナで、数々の先輩たちが挑戦してきた伝統の三輪車対決を筒井あやめ、小川彩が受け継いだ‼
  4. 燃える闘志の清宮レイさんとクールな心の松尾美佑さん!乃木坂46 35thSGアンダーライブを支えた二人の功労者が見せる、それぞれの優しさ
  5. 日向坂46の松田好花が撮るメンバー写真が有能すぎる!“カメラガチ勢”の金村美玖との撮り合いが白熱化⁉
  6. 乃木坂46最新“アンダラ”千秋楽で筒井あやめが革命宣言!その背景にあった齋藤飛鳥からの予言とは?
  7. 乃木坂46の久保史緒里と向井葉月がプロ野球交流戦で今季初登板!広島カープ秋山選手との対戦から目を離せない!?
  8. 乃木坂46、初の4・5期生のみ「35thSGアンダーライブ」3日間計3万6000人動員は過去最大規模
  9. 櫻坂46小島凪紗、周りの温かさを感じながらパフォーマンス!先輩と共に『BUDDIES』を披露した夏
  10. 櫻坂46の谷口愛季が『ラヴィット!』に新制服で登場!意味深なネクタイの角度に「これは46度か?」とファンのテンションMAX!