2023-01-21 06:00

<かりあげクン第3話>社長のドラ息子(大水洋介)と気が合うかりあげクン(戸塚純貴)?

土曜ドラマ「かりあげクン」第3話より
土曜ドラマ「かりあげクン」第3話より
©BS松竹東急/AOI Pro.

1月21日(土)23時よりBS松竹東急(BS260ch/全国無料放送)にて、土曜ドラマ「かりあげクン」の第3話が放送される。

本作は、「コボちゃん」「フリテン君」などの大人気4コマ漫画で知られ、今年で画業51年を迎えた植田まさしの代表作「かりあげクン」(双葉社「月刊まんがタウン」「週刊大衆」連載)を実写ドラマ化した作品。

昭和~平成~令和と移り行く時代に合わせ、老若男女問わず読者を楽しませ続けてきた「かりあげクン」。連載42年の時を経て、令和に初の実写ドラマ化される。今の社会人たちの「悩みのタネ」をかりあげクンの天才的ないたずらの発想で笑いに変えていくテンポの良い痛快ドタバタコメディードラマとなっている。

かりあげ正太を戸塚純貴が演じる他、乃木坂46卒業後初の連ドラ出演となる樋口日奈、さらに岩井ジョニ男(イワイガワ)、野口かおる、大水洋介(ラバーガール)、温水洋一らが出演する。前回、第2話からドラマオリジナルキャストで派遣社員・清水彩花役の樋口日奈が登場した。

土曜ドラマ「かりあげクン」第3話あらすじ

『社長のドラ息子がやってきた!』

ドラ息子で有名な社長・木下藤吉(温水洋一)の息子・木下優(大水洋介)がほんにゃら産業に入社!? 仕事中にFXをする常識知らずの優とかりあげクン(戸塚純貴)は、変わり者同士通じ合うらしく…。

『かりあげ的ゴミ箱の活用法』

ゴミの置きっぱなしが目立っている中、かりあげクン発案のごみ捨て方法で盛り上がる。ゴミ箱にゴミを投げて見事入ったら賞金。ゴミの置きっぱなしは罰金!? やがて社内でゴミを巡るけんかが起こり…。

『太田係長のなりたいモノ』

ほんにゃら産業社員で女子会。係長・太田裕子(野口かおる)の生きざまトークが炸裂する。太田係長のなりたいモノとは…?

BS松竹東急公式Twitter【https://twitter.com/BS260_official
BS松竹東急公式ドラマTwitter【https://twitter.com/BS260_drama

かりあげクン : 1 (アクションコミックス) Kindle版
Amazonで購入

かりあげクン : 67 (アクションコミックス) Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA RANKING17:30更新

  1. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  2. AKB48“17期研究生”山﨑空&水島美結、2回目のランウェイに緊張も「お洋服の良さを伝えることができた」
  3. SKE48北野瑠華、新企画提案に「面白そう! やりたいです」
  4. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  5. 乃木坂46山下美月、ファッションブランド「RESEXXY」ブランドモデルに就任
  6. AKB48水島美結×佐藤綺星×橋本恵理子…新生三銃士揃い踏み!17期生の次世代トライアングルが見せる希望
  7. 日向坂46丹生明里、表紙&巻頭グラビアを飾る「記念すべき特別な号で本当に光栄です」
  8. 乃木坂46田村真佑「すっごく寂しいです」、『レコメン!』卒業を語る
  9. NMB48安部若菜1st写真集発売決定「水着の撮影は1年ぶりで恥ずかしさも…」元気な表情からセクシーで大人っぽい姿まで
  10. =LOVE野口衣織「最初の頃は慎重すぎた」、表題曲初センターを振り返る
  1. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  2. AKB48“17期研究生”山﨑空&水島美結、2回目のランウェイに緊張も「お洋服の良さを伝えることができた」
  3. SKE48北野瑠華、新企画提案に「面白そう! やりたいです」
  4. 乃木坂46“おとな選抜”新WEB動画公開!秋元真夏がお家飲みを楽しむ様子も
  5. 乃木坂46山下美月、ファッションブランド「RESEXXY」ブランドモデルに就任
  6. AKB48水島美結×佐藤綺星×橋本恵理子…新生三銃士揃い踏み!17期生の次世代トライアングルが見せる希望
  7. 日向坂46丹生明里、表紙&巻頭グラビアを飾る「記念すべき特別な号で本当に光栄です」
  8. 乃木坂46田村真佑「すっごく寂しいです」、『レコメン!』卒業を語る
  9. NMB48安部若菜1st写真集発売決定「水着の撮影は1年ぶりで恥ずかしさも…」元気な表情からセクシーで大人っぽい姿まで
  10. =LOVE野口衣織「最初の頃は慎重すぎた」、表題曲初センターを振り返る