2023-02-03 11:10

紅白歌合戦からバラエティーまで…内田名人が振り返る年末年始テレビ番組

内田名人が語る年末年始テレビ番組
内田名人が語る年末年始テレビ番組

『紅白』視聴率が歴代ワースト2位を記録、格闘技特番が地上波から消滅、加えて古参ユーチューバーの苦境や引退……。景気のよろしくないニュースが報じられた映像コンテンツシーンですが、永遠のテレビっ子である内田名人にはどう映っていたのか? では、年末年始番組を巻き戻し!

お正月は“駄番組”で!

――明けましておめでとうございます! 編集部のジャパンです。今年も年末年始番組を内田名人に振り返っていただきます。

内田名人 毎年、思うんですが……僕、「そんなのいつ放送してたんだ?」といった本当にスキマな番組しか観ていないんですけど大丈夫ですかね?

――それでいいんですよ。ウチは他の雑誌では取り上げない番組がほしいので。

内田名人 例えば、今年なら『ギャル&ピース!~ギャルが過酷ロケしたら神展開SP~』(1月8日/フジテレビ)といった番組になりますけど。

――それが面白かったわけですね?

内田名人 ふざけないでくださいよ! 面白いわけないじゃないですか! これはギャルの山場のないダラダラとしたロケを“盛り上がっている風”に編集しているところを楽しむ番組なんですよ。あと「スマホなしで渋谷まで帰れるのか検証」などギャルを常人扱いしていない企画とかね。そんな感じで僕の好物は、メインになれる人気番組ではないけれど駄菓子のような味わいのある番組なんです。

――それが名人が言うところの“駄番組”。とはいえ、あの白組・紅組で競う歌手の祭典とかもちゃんとチェックはしているんですよね。

内田名人 あー、白組が圧勝でしたね。負けた赤組は司会から「総合的にバカでした」なんて言われちゃって。

――大泉洋さんと橋本環奈さん、そんなこと言ってましたっけ?

内田名人 なに言ってるんですか、『アイドル運動会』(1月8日/MX)の司会はゆってぃと池谷幸雄じゃないですか! FES☆TIVE、煌めき☆アンフォレントといった今をときめきたい地下アイドルたちが、千葉県にあるどこぞの校庭で曇天模様のなか大玉ころがしとかをしてましたよ。

――僕が言ってるのは『第73回NHK紅白歌合戦』(2022年12月31日/NHK総合)ですよ! でもその『紅白』、視聴率が歴代ワースト2位を記録したそうで。Ado、Vaundyなど「若者向けシフトの出演者に高齢者は置き去り」なんてネット記事に書かれていましたね。

内田名人 いや、現場はおじさんが多いですよ。視聴率は……26時30分というド深夜からの放送なので仕方ないでしょう!

――それは『アイドル運動会』でしょ! それにしても「お正月だなあ」と感じる恒例番組も駅伝中継くらいになりました。

内田名人 監督の引退が話題になりましたね。森脇監督、続けてほしいなあ……。

――優勝した駒大の大八木監督じゃなくて? それ、どこの大学ですか?

内田名人 『芸能人対抗駅伝』(1月3日/テレビ東京)で「今年ビリだったら引退する」と悲壮の決意で挑んだ森脇健児チームのことですよ! 駄番組愛好家の駅伝といえばコチラですから! 結局、森脇チームはビリだったんです。来年どうなるのかなあ……。あと、出川哲朗チームとさまぁ~ずチームが対決する『新春!芸能界オールスター草野球2023』(1月3日/テレ東)も新年恒例ですからね。午後帯だから気づかれにくいんですけど。

――インタビューの続きは、発売中の「BUBKA3月号」で!

内田名人|1974年生のライター、国際テレビ道連盟員。著書にファミコン漫画研究本『超ファミ漫』(太田出版)。地元・山梨のラジオにも出演中。

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年3月号 [雑誌] Kindle版
▼Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年3月号 [雑誌] Kindle版

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

超ファミ漫 Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 「ノイミー」永田詩央里のブログが良すぎる件
  2. 乃木坂46佐藤璃果「田舎から出て、違った世界を見てみたいなっていう気持ちはずっとありました」
  3. 猪木と馬場、二人の神を師に仰ぐ双頭のサムライ・越中詩郎が語る
  4. 【BUBKA1月号】侍戦士と振り返る、80、90年代の豪快プロレス黄金時代…越中詩郎
  5. 「ノイミー」川中子奈月心の魅力を楽曲でひもとく
  6. 乃木坂46・山下美月が作詞したソロ曲『夏桜』に散りばめられた“乃木坂46愛”を読み解く
  7. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  8. R-指定(Creepy Nuts)が語るスチャダラパーの時代
  9. 【BUBKA12月号】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第36回「武藤敬司」
  10. 【BUBKA12月号】TAJIRI、WWEからアジア新興団体まで世界を熱狂させた男が語る…旅とプロレスの関係性
  1. 高山一実、美谷間チラり…ウエディングドレス姿で『ゼクシィ』初表紙を飾る
  2. 櫻坂46的野美青、部屋着姿と制服姿…ギャップグラビアショット
  3. 櫻坂46『そこさく』総力特集!表紙&巻頭グラビアさらに関係者インタビューも
  4. 乃木坂46五百城茉央「加入当初はすべてに緊張しすぎていて…」自身の成長・変化を明かす
  5. 「ノイミー」永田詩央里のブログが良すぎる件
  6. 櫻坂46山﨑天、“お母さんキャラ”の同級生・谷口愛季に感謝しきり「愛季のおかげで卒業できます!」
  7. 乃木坂46梅澤美波 著書「美しくありたい」発売!新規撮影カットも収録
  8. 乃木坂46・5期生五百城茉央、「妹まつり」への意気込みがかわいすぎる!甘~い関西弁に横澤夏子もメロメロ!?
  9. 日向坂46丹生明里の変化に気付いた春日俊彰がメンバーを震えさせる「大人の女性になった、じゃない?」
  10. 乃木坂46梅澤美波、遠藤さくらと「高円寺デート」で購入した古着ジャケットで『らじらー!』に登場しファン感涙!