2023-02-11 12:00

乃木坂46鈴木絢音、柔らかな表情&聡明さを感じる姿…書籍「言葉の海をさまよう」より特典ポストカード解禁

乃木坂46鈴木絢音書籍「言葉の海をさまよう」(幻冬舎)よりセブンネット限定特典ポストカード
乃木坂46鈴木絢音書籍「言葉の海をさまよう」(幻冬舎)よりセブンネット限定特典ポストカード
撮影/新津保建秀

3月7日(火)に発売される乃木坂46・鈴木絢音の書籍「言葉の海をさまよう」(幻冬舎)より、書店特典の2種類のポストカードが公開された。

同書は、乃木坂46イチの読書家で、“辞書”への強い愛を持つ鈴木と、辞書を作る人々との対談集。辞書出版社の三省堂バックアップの下、辞書の編さん者、編集者、校正者、印刷会社、デザイナーなど、さまざまな方に話を聞いた様子が1冊にまとめられている。

また、鈴木の1st写真集「光の角度」(幻冬舎)を担当した写真家の新津保建秀氏が、約3年ぶりに鈴木を撮影。16Pのカラー口絵では、文学少女の休日をテーマに撮り下ろした、さまざまな表情の鈴木を見ることができる。さらに、対談を通して改めて感じた辞書への愛を語るエッセイも収録する。

セブンネット限定 特典ポストカード

暖かなオレンジの光に包まれる鈴木絢音。柔らかな表情に心を奪われてしまう。

楽天ブックス限定 特典ポストカード

図書館の辞書コーナーにて、三省堂国語辞典を手にする鈴木絢音。聡明さを感じる1枚となっている。

乃木坂46鈴木絢音メッセージ

小説幻冬で対談連載していた「言葉の海をさまよう」の書籍化が決定いたしました。連載、そして書籍化という夢のような機会をいただけたのは、たくさんの方との出会いとご縁があったからです。貴重なお話をたくさん聞かせていただき、ありがとうございました。また、自分がこれまでどのように言葉と向き合ってきたか、どのように辞書と過ごしてきたかを振り返りながら、エッセイを書き下ろしました。この書籍をきっかけに、辞書で言葉を調べてみよう、辞書を読んでみよう、そう思ってくださる方がいたら、嬉しいなと思います。

乃木坂46鈴木絢音プロフィール

1999年3月5日生まれ、秋田県出身。中学2年生の時に乃木坂46の2期生オーディションに参加し、合格。2018年に21stシングル「ジコチューで行こう!」で初の選抜入りを果たす。2020年、1st写真集「光の角度」(幻冬舎)を発売した。

公式Twitter【https://twitter.com/ayane_gentosha

言葉の海をさまよう
Amazonで購入

鈴木絢音1st写真集『光の角度』
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 日向坂46 初の“選抜制度”導入…正源司陽子、11thシングルセンターに決定
  2. 日向坂46正源司陽子『新参者』公演を終えて思うグループの“未来”
  3. 日向坂46小坂菜緒「本気でこの1年で獲りにいかなきゃいけない」、金村美玖「心の中では覚悟していた」
  4. 累計発行部数50万部突破「むかしむかしあるところに、死体がありました。」朗読劇として上演決定
  5. 乃木坂46山下美月2nd写真集発売決定「乃木坂46としての私の最後の姿を」
  6. 乃木坂46“OG”相楽伊織&北野日奈子、密着ショット公開
  7. 日向坂46 11thシングル新アーティスト写真解禁!センターは正源司陽子
  8. 乃木坂46遠藤さくら、重めの愛に悩むも“原因は自分にある”疑惑「えぇ~!私の問題?」
  9. 日向坂46濱岸ひより「私たちの学校では流行ってて…」謎の必殺技“デュクシ”にチームメイトも爆笑
  10. 櫻坂46大園玲、土田晃之の鋭い指摘に思わず自白「うまかったんで、見せたかった…」
  1. 日向坂46 初の“選抜制度”導入…正源司陽子、11thシングルセンターに決定
  2. 日向坂46正源司陽子『新参者』公演を終えて思うグループの“未来”
  3. 日向坂46小坂菜緒「本気でこの1年で獲りにいかなきゃいけない」、金村美玖「心の中では覚悟していた」
  4. 累計発行部数50万部突破「むかしむかしあるところに、死体がありました。」朗読劇として上演決定
  5. 乃木坂46山下美月2nd写真集発売決定「乃木坂46としての私の最後の姿を」
  6. 乃木坂46“OG”相楽伊織&北野日奈子、密着ショット公開
  7. 日向坂46 11thシングル新アーティスト写真解禁!センターは正源司陽子
  8. 乃木坂46遠藤さくら、重めの愛に悩むも“原因は自分にある”疑惑「えぇ~!私の問題?」
  9. 日向坂46濱岸ひより「私たちの学校では流行ってて…」謎の必殺技“デュクシ”にチームメイトも爆笑
  10. 櫻坂46大園玲、土田晃之の鋭い指摘に思わず自白「うまかったんで、見せたかった…」