2023-03-05 23:00

櫻坂46三期生「おもてなし会」開催、圧倒的なパフォーマンスに大歓声鳴りやまず

櫻坂46三期生「おもてなし会」より
櫻坂46三期生「おもてなし会」より
撮影=上山陽介

櫻坂46三期生による『おもてなし会』が3月4日、5日にぴあアリーナMMにて開催された。

今年1月5日に正式加入が発表され、以降Vlogを通じて連日メンバーが公開されていくたびに大きな反響を呼んだ彼女たち。この3月1日、2日には未公開だった最後の2人も紹介され、満を持して11人が勢ぞろいしたこのタイミングに、いよいよBuddies(=櫻坂46ファン)の前に姿を現した。今回は2日間で約2万人を動員。また、5日の公演はライブ配信も実施され、観る者をありったけの思いを込めたさまざまな“おもてなし”で大いに楽しませた。

遠藤理子、山下瞳月の影アナに続いて、イベントは小島凪紗のピアノ独奏にて幕開け。Vlogでもその腕前をいかんなく発揮した彼女は、この日も大観衆に物おじすることなくその腕前を披露する。そして、続くオープニング映像を経て三期生11人がステージに登場。メンバーを代表して中嶋優月が「今日は少しでも私たちのことを知っていただけるように、11人精いっぱい頑張ります!」とあいさつをすると、観客の“声出し”解禁も相まって、会場は盛大な拍手と大歓声に包まれた。

声優・庄司宇芽香が登壇

イベントではMCとして、櫻坂46の冠番組『そこ曲がったら、櫻坂?』でナレーションを担当する声優の庄司宇芽香が登壇。彼女がこの2日間について尋ねると、向井純葉は「本当にすてきとしか言いようがない景色で、ずっと眺めていたいくらいすてきです」と会場のペンライトに笑顔を浮かべ、谷口愛季は「全力でBuddiesの皆さんをおもてなしして、三期生11人みんなで楽しませられるよう頑張ります」と意気込みを語った。

いよいよ『おもてなし会』本編へと突入すると、まずは「2minutes SHOW」と題して、メンバーが2分の持ち時間でそれぞれの特技をアピール。トップバッターの石森璃花は手作りのエプロンを着用し、得意のオムライス作りにチャレンジする。また、遠藤理子はクラリネットの腕前を披露し、小田倉麗奈はバイオリン演奏とゴルフ実演で観る者を驚かせる。小島は難易度の高い「条件反射で泣けて来る」をピアノで見事に弾き切り、谷口はアコースティックギターで「無言の宇宙」を弾き語り。

中嶋は「On my way」を伴奏にチアリーディングでBuddiesと一体感を作り上げ、的野美青は推しメン、一期生・小林由依のイラストを描き、向井は得意の切り絵で三期生11人を「夏の近道」MVの世界を通じて見事に表現。そして、村井優はこれまで隠していたバスケットボールの腕前を存分に提示し、村山美羽はバトントワリングで高度な技に挑戦、山下瞳月は書道にてこれからの目標を「咲」の文字にしたためるなど、一人一人異なる個性と魅力で観る者を大いに楽しませた。

難易度の高いダンスにチャレンジ

続いて、ダンストラックに合わせて三期生11人がキレのよいダンスを披露。1月中旬からYouTubeにて公開されてきたドキュメンタリー番組『私たち、櫻坂46三期生です』では初めてのダンスに苦戦するメンバーも多数見受けられたが、この日はかなり難易度の高いダンスにチャレンジ。成長した姿を見事に見せつけ、とても初ステージとは思えない迫力に対して客席から大喝采が送られた。

その後はメンバーが4チームに分かれて、三期生の櫻坂愛を試す「チーム対抗櫻坂46クイズ」に挑戦。櫻坂46に関するさまざまな難問を早押しで競い合い、グループ愛をアピールしてみせる。そして、私服ファッションショーでは三期生11人がそれぞれの色を見せるべくステージ上をランウェイに見立てて、かわいらしい服装でウオーキング。さまざまな側面から11人の魅力が伝わる、見応えのある企画が続いた。

「Overture」~「Nobody’s fault」

イベント後半は、いよいよ三期生にとって初めてのライブパフォーマンスの時間だ。歓声が加わったことでエモさが増した「Overture」に続いて、ステージに登場した11人はまず櫻坂46の1stシングル「Nobody’s fault」からライブを開始。村井をセンターに、その真剣な表情とパワフルな歌とダンスからは、ここから櫻坂46としての人生をスタートさせるのだという強い意志が伝わる。続く「五月雨よ」では山下をセンターに、伸びやかな歌声と柔らかで繊細な振り付けで同曲を見事に表現。「Buddies」では中嶋をセンターに、素直な歌としなやかなダンスが打ち出され、Buddiesの声援やコールが加わることで会場の一体感は急加速する。対照的な3曲を見事にパフォーマンスしてみせたことで、改めて短い期間での急成長ぶりを感じ取ることができた。

その後、三期生のデビュー曲「夏の近道」を11人で披露すると、MVでは表現しきれなかった“11人での完全体”パフォーマンスに、会場のBuddiesも興奮を隠せない様子で、ステージに向けて送られる声援やコールも次第に大きくなっていく。センターの谷口を中心に、激しいダンスの中で見せる笑顔にノックアウトされた観客も多く、間奏での村井&山下による激しいダンスパートにて会場のボルテージも急上昇していく。

クライマックスはまだまだ続く。ドキュメンタリー映像のダイジェストがスクリーンに映し出されると、Buddiesは次に何が披露されるか気づいたようで、客席は赤一色に染まる。そんな中始まったのが、三期生の合宿課題として最初に覚えた1曲「BAN」。石森をセンターに据えたこの曲では、課題として披露した際とは比較にならないほど自信に満ちた表情、エネルギッシュな歌とダンスで見事に表現。曲中、石森が不適な笑みを浮かべる場面もあり、この曲を自分のものにし始めていることが伺える。もちろん、それはほかのメンバーも同様で、たった数カ月でここまで完成度を高めることができた事実に、圧倒されたBuddiesも多かったはず。それは、曲が終わったあとの鳴り止まない拍手からも一目瞭然だ。

一人一人が思いを明かす

その後、メンバーが一人一人今の思いを吐露していく。石森は7年前から憧れていたグループに加入できた喜びと不安をストレートに口にし、中でも「BAN」のセンターを経験したことで「Buddiesの皆さんの力は本当に偉大ということ」に気づいたと話す。遠藤は周りから支えられていることを実感したことで「ありがとうという言葉をもっと大切にしようと思いました」と語り、小田倉は「人生はきっと無傷ではいられないと思います」と臆病だった自分がグループ加入後に少しずつ変化していると明かす。

目の前の光景に対して、小島は「去年の夏に(オーディションを受けようと)選択した自分の行動は間違ってなかったなと今思います」、谷口は「今まで憧れていた景色を実際に見ると、この先どんな綺麗なものを見せられても『これが一番綺麗だ』と、この2日間で実感できました」と発言。その一方で、この日MCを任される機会の多かった中嶋は「今日このステージに立ってみて、Buddiesの皆さんや先輩たちの優しさに甘えてばかりではいけないなと思いました」と、早くも頼もしさを見せる一幕もあった。

的野は研修生期間中、一度辞退しようと考えたことを明かし、「あの時もし辞めていたら、この景色はきっと見らなかったと思います」と素直な気持ちを伝える。向井は人に甘えたり頼ったりするのが苦手だったが、グループ加入後に同期や先輩、スタッフに頼れるようになったと発言。村井はグループ合流に出遅れたことに不安を覚えたが、この2日間を経験して「皆さんからいただいた愛を恩返しすること」が新たな夢になったと告げる。

さらに、村山は「三期生に出会って頼られるうれしさを知って、何があっても守りたいと思えた」と話し、最後に山下はこの日のイベントに招待していた母親に、不安から直前に来ないでと言ってしまったことを後悔していると吐露。その上で、「自分が強くなって、もっとすてきな景色をBuddiesの皆さんと見ていけるように頑張ろうと思いました」と新たな決意をステージから届けた。

約30分にもおよぶエモーショナルなスピーチを経て、ライブは「櫻坂の詩」で締めくくり。小島をセンターに、メンバーはそれぞれ笑顔と涙の入り混じった表情で、この曲を歌い紡いでいく。そんな11人に対し、一面桜色に染まった客席から愛情たっぷりのエールが送られ、三期生初のステージは終了した。

「せっかくアンコールをいただいたので…」

ライブはこれで終わったかに見えたが、客席からの「櫻坂46コール」は鳴り止まない。すると、Tシャツ姿に着替えた三期生が再登場し、中嶋の「せっかくアンコールをいただいたので、あと1曲やってもいいですか?」を合図に「夏の近道」を再び披露。本編で披露したとき以上にエネルギッシュで多幸感いっぱいのパフォーマンスで、三期生は櫻坂46として初のステージを見事に締めくくった。終演後にはこの日最後の“おもてなし”として、来場者をメンバー全員でお見送りするサプライズも用意。こうして櫻坂46の一員として最初の大きなイベントを無事終了させた。

最後に中嶋は「これから皆さまとすてきな景色をたくさん見ていけるように、精いっぱい頑張っていきます」と告げたが、彼女たちがここからどんな未来を描いていくのか。そして、先輩メンバーたちに合流したとき、どんな化学反応を引き起こすのか。ここからの動向にぜひ注目しておいてもらいたい。

(文/西廣智一)

櫻坂46 三期生おもてなし会

セットリスト

  1. Overture
  2. Nobody’s fault
  3. 五月雨よ
  4. Buddies
  5. 夏の近道
  6. BAN
  7. 櫻坂の詩

En. 夏の近道

BRODY(ブロディ) 2023年4月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

【Amazon.co.jp限定】1st YEAR ANNIVERSARY LIVE ~with Graduation Ceremony~ (完全生産限定盤) (Blu-ray) (オリジナル三方背収納ケース付)
Amazonで購入

【店舗限定特典つき】 櫻坂46 RISA WATANABE GRADUATION CONCERT(完全生産限定盤Blu-ray)【Blu-ray】
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 乃木坂46阪口珠美&清宮レイ卒業セレモニー開催「忘れないでいてくれたらうれしいです」
  2. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  3. 櫻坂46増本綺良のはしゃいだ後の“自業自得”な展開に土田晃之が大笑い
  4. 乃木坂46井上和、36thシングルセンターに決定「あの時よりももっとしっかり覚悟を持って」
  5. 齋藤飛鳥「普通にお断りしました」、『【推しの子】』知られざるエピソード
  6. 乃木坂46梅澤美波の“乙女心”に設楽統がまさかの共感「俺も教えたくない」
  7. 日向坂46河田陽菜、下駄が破れて「なんくるないさ~」独特の告白シチュエーションに一同爆笑
  8. 乃木坂46の中西アルノが、7作ぶりの選抜復帰!発表直後のブログで語ったセンター・井上和への1年越しの思い
  9. 白石麻衣「ジュエリーは生活する上で体の一部といっていいくらい常に身に付けている」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門に選出
  10. 乃木坂46・池田瑛紗が「神ジューデンガール」に大変身!初の単独CMに「ビジュアルがやばい!」の声が続出!!
  1. 乃木坂46阪口珠美&清宮レイ卒業セレモニー開催「忘れないでいてくれたらうれしいです」
  2. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  3. 櫻坂46増本綺良のはしゃいだ後の“自業自得”な展開に土田晃之が大笑い
  4. 乃木坂46井上和、36thシングルセンターに決定「あの時よりももっとしっかり覚悟を持って」
  5. 齋藤飛鳥「普通にお断りしました」、『【推しの子】』知られざるエピソード
  6. 乃木坂46梅澤美波の“乙女心”に設楽統がまさかの共感「俺も教えたくない」
  7. 日向坂46河田陽菜、下駄が破れて「なんくるないさ~」独特の告白シチュエーションに一同爆笑
  8. 乃木坂46の中西アルノが、7作ぶりの選抜復帰!発表直後のブログで語ったセンター・井上和への1年越しの思い
  9. 白石麻衣「ジュエリーは生活する上で体の一部といっていいくらい常に身に付けている」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門に選出
  10. 乃木坂46・池田瑛紗が「神ジューデンガール」に大変身!初の単独CMに「ビジュアルがやばい!」の声が続出!!