2023-03-24 17:00

乃木坂46池田瑛紗、ネガティブな一面も徐々に克服…“芯の強さ”で5期生楽曲センターを務める

乃木坂46 5期生・池田瑛紗
乃木坂46 5期生・池田瑛紗
ⒸByakuya Shobo Co.,Ltd 2023

文具店に並ぶ鉛筆。見た目はどれも同じだが、その一本一本は違った特徴を持っている。彼女が描くデッサンは書き出しがユニの3Bで始まり、次に、お気に入りだというステッドラーのFに替えて書き込まれ完成されていく。

乃木坂46の5期生・池田瑛紗。名前のテレサに意味はないらしい。ファンからは “てれさぱん”の愛称で親しまれ、同期の中では最年長だが本人いわく、中身は子供の部分が多いのだとか。昨年2月1日に加入した5期生は、その翌日から毎日一人ずつ公式YouTubeチャンネル乃木坂配信中でお披露目されていったのだが、池田は学業の都合でほかのメンバーとは1カ月ほど遅い3月19日のお披露目となった。

アイドルという職業

あれから一年、根暗で人見知りな性格は今でも変わっていない。加入前から乃木坂46が好きだった彼女だが、オーディションを受けたのは友人に薦められたのがきっかけだ。まわりの可愛い女の子たちに圧倒されてオーディション会場では半ば諦め、誰の記憶にも残らないように自分の姿を消していたという。幼い頃から絵を描くことが好きで、それを仕事にしようと美術予備校に通っていたが、5期生オーディション最終審査の合格を受けて「この職業に真面目に向き合いたい」「選抜に入りたい」と、アイドルという職業を長所にしようとする意識が芽生えていった。

池田の長所はなんといっても絵がうまいこと。同グループの賀喜遥香や井上和も画才なことで知られるが、この二人とはまた違ったテイストでアニメ風のイラストを描いたり、目に映ったあらゆるものに独自の創造力を加えて絵にすることができる優れた才能の持ち主だ。そんな彼女が昨年10月から、アートをテーマにしたバラエティー番組『小峠英二のなんて美だ!』にレギュラー出演している。以前まで樋口日奈が担当していた場所に、樋口のグループ卒業と入れ替わる形で仕事の席が回ってきたのだ。アートに関しては一般視聴者と同じ視点でトークを繰り広げていた樋口とは対照的に、池田は番組内で出されるクイズをすぐに当ててしまうほどの知識で、自身の得意分野が良い方向へと傾いていた。

ブログにつづる思い

その一方で「歌もダンスも足りていないのに、好きなことでお仕事をいただいて歯痒く思っています」と、正直な気持ちをブログに書いたことがあった。彼女が書くブログは時々、ネガティブな内容になることも少なくない。ただ、ネガティブなことと合わせて、それでも自分を応援してくれる人への感謝を忘れずに記してくれるのがうれしい。今年2月からは乃木坂46のモバイルメールに5期生が加わり、「頑張りすぎてない?」とファンが心配してしまうほどブログもモバメも更新頻度が高いのだが、感謝の言葉を毎回忘れずに書き添えるのが彼女のすてきなところであり、ここ最近はネガティブな内容も減ってきている。3月29日発売予定の32ndSG『人は夢を二度見る』には5期生曲『心にもないこと』が収録され、この曲のセンターに選ばれた彼女は同曲を初披露した5期生ライブの翌日に、いつも支えてくれる人たちへの感謝をブログに書いて公開した。

池田は以前こんなことを口にしていた。「カラフルなイメージは自分にはない」

グループ・メンバー・楽曲など、あらゆるものを色で例えることが多い乃木坂46だが、その時彼女は自分自身を“白黒”と表現している。それを聞いた私は、彼女がデッサンで使っている2本の鉛筆を思い出した。それぞれの特徴を比較してみると、書き出しに使うユニ3Bに比べ、そのあとの本格的な書き込みに使うステッドラーFは芯が硬くてしっかりしている特徴があることが分かった。

今、彼女は自分の目に映る目標をデッサンにしようとしている。書き出しが終わり、ユニを置いてステッドラーを手にしたところだ。「打たれ弱い性格」とも話していた彼女は今年、乃木神社で行われた成人式で「強くなりたい」と絵馬に小さな字で書いていたのだが、着実に強く硬く丈夫な芯へと変化している。乃木坂46の未来を描くには、池田瑛紗という鉛筆が必要であることは間違いないだろう。

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2024年6月号 BUBKA(ブブカ)2024年6月号 宮﨑想乃「たゆたう気持ち」 BUBKAデジタル写真集
石浜芽衣「おもかげ」 BUBKAデジタル写真集 西野夢菜 奥村梨穂
朝比奈みゆう 大槻りこ 麻倉瑞季

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 『乃木坂46のオールナイトニッポン』に楽天の茂木選手がサプライズ登場!憧れの選手の声に久保史緒里がガチ号泣!?
  2. 乃木坂46・久保史緒里の「姉」がメディア初登場!黒歴史である幼少期のあだ名がバラされ、妹が怒りの一喝!
  3. 櫻坂46の谷口愛季が『ラヴィット!』に新制服で登場!意味深なネクタイの角度に「これは46度か?」とファンのテンションMAX!
  4. 櫻坂46三期生の「小さなお母さん」谷口愛季が持ち物リストをファンに向けて作成!約1年半ぶりの東京ドーム公演に向けて、Buddiesは準備万端‼
  5. AKB48出演ドラマ「星屑テレパス」場面写真解禁!“おでこぱしー”のシーンも
  6. 櫻坂46山下瞳月、ソロ表紙を飾る…桜色の衣装で自由気ままに過ごす
  7. 乃木坂46・久保史緒里、罰ゲームで一日着用した楽天ユニフォーム姿が「マリオ」みたいという厳しい判定に
  8. 乃木坂46の久保史緒里と向井葉月がプロ野球交流戦で今季初登板!広島カープ秋山選手との対戦から目を離せない!?
  9. 日向坂46×ラジオ…収録現場に密着『BRODY8月号』表紙&特集解禁
  10. 森田ひかる『週刊少年マガジン』表紙を飾る、2号連続「櫻坂46」グラビア企画の第1弾
  1. “新美尻クイーン”椚マイカ、魅惑の美ボディーを引っ提げてグラビアDVDデビュー
  2. 日向坂46高本彩花、ベッドで横になって添い寝姿を披露…封入ポストカード第4弾解禁
  3. ショートカットの美形グラドル吉瀬結、29歳大人の魅力あふれる最新作
  4. “超正統派美少女”永瀬ひな、4代目サンスポGoGoクイーンに選ばれた圧倒的な存在感でグラビアDVDデビュー
  5. “ミスマガ”グランプリ今森茉耶1st写真集発売決定「セブ島ではジンベイザメと泳いできたんですよ」
  6. 「ミスヤングチャンピオン2023」板野優花、グラドル界屈指のスレンダーボディーは芸術の域
  7. “干物グラドル”吉野七宝実、2年ぶりのDVDで33歳の魅力と極上のスレンダーボディーを披露
  8. “ちっぱい横綱”船岡咲、30代初のDVDで限界ギリギリのハイレグ水着にチャレンジ
  9. 日向坂46高本彩花、美しく透き通った海に感動!イエロー水着姿の封入ポストカード第2弾解禁
  10. 小悪魔美女・瀬長りり、新人とは思えない演技力と抜群のスタイルでグラビアDVDデビュー