2023-04-04 06:10

田村潔司「解析UWF」第7回…『新日本プロレスvsUWFインターナショナル全面戦争』

1995年10・9東京ドーム、世紀の一戦となった武藤敬司と髙田延彦の試合
1995年10・9東京ドーム、世紀の一戦となった武藤敬司と髙田延彦の試合
写真提供=平工幸雄

2月21日、武藤敬司が約38年にわたる現役生活に幕を下ろした。東京ドームには3万人超の大観衆が集まり、レジェンドの引退に多くのファンが惜しみない声援を送った。そしてかつて同じ東京ドームの地で、武藤と相対したのがUインターのトップであった髙田延彦だ。新日、Uインターの両団体による激闘に多くのプロレスファンが熱狂したあの日の歴史的一戦を、田村はどう見るか。

UWFの歴史を語る上では欠かせない

2月21日に東京ドームで、武藤敬司さんが現役を引退された。ボク自身は武藤さんと関わることはなかったけれど、UWFの歴史を語る上では欠かせない人だと思っている。

1995年の10・9東京ドーム「新日本プロレスvsUWFインターナショナル全面戦争」のメインイベント、「大将戦」として行われた武藤さんと髙田延彦さんの一戦。この試合の結果が、Uインターという団体の運命を決定づけ、その後のUWF系の多くの選手に影響を与えることとなったからだ。

そもそも新日本とUインターの対抗戦の結果がそれだけ大きな影響を与えた要因は、もともと両団体の間には数々の因縁がある犬猿の仲であり、直接対決が実現することなどありえないと思われていたからだったと思う。

91年5月に誕生したUインターは、旗揚げ当初からリングスやプロフェッショナルレスリング藤原組といった他のU系団体以上に新日本を意識していたところがあった。それは団体の舵取りを任されていた宮戸優光さんがUインターをトップの団体にするべく、業界最大手の新日本を仮想敵に設定していたことが大きい。

ボクら若手は、同じプロレス界でもUWFと新日本は“別物”として捉えていたところがあったけれど、会社の運営側としては新日本に追いつけ追い越せという気持ちがあったんだと思う。そのため、いくつかの局面でUインターは新日本に対して対戦を迫っていた。

92年10月、当時WCW(アメリカのメジャー団体)が認定するNWA世界ヘビー級王者となった蝶野正洋さんがプロレス雑誌のインタビューで「髙田さんと闘ってみたい」と発言すると、宮戸さん、安生洋二さん、フロントの鈴木健さんが、Uインターの顧問だったルー・テーズさんとともにマスコミを引き連れて、新日本の事務所に対戦要望書を持ってアポなし訪問した。当時、髙田さんはテーズさんゆかりのチャンピオンベルトを腰に巻くプロレスリング世界ヘビー級王者だったので、蝶野さんの要望通り王者対決をやろうじゃないか、ということだ。

この時は、実際に交渉の席についたものの条件面で物別れに終わり、双方の団体が交渉内容を公開し非難し合い確執だけが残る結果となった。

その後は冷戦状態が続いていたが、1994年に遺恨が再燃する。Uインターが優勝賞金1億円を用意した『プロレスリング・ワールド・トーナメント』(通称・1億円トーナメント)開催をぶち上げ、新日本、全日本、WAR、リングス、パンクラスという主要5団体のエースに対し、事前交渉なしにマスコミに公開のもと参戦招待状を送りトーナメント参戦を迫った際、ほとんどの団体が黙殺か丁重なお断りの返事をしていたのに対し、新日本だけはUインターのやり方を強い口調で非難した。

新日本の現場監督だった長州さんの口から「プロレス界の恥さらしだ。あいつらがくたばったら、墓に糞ぶっかけてやる!」という有名な言葉が飛び出したのもこの時だ。

この長州さんの過激な発言は、団体間の抗争を煽るようなものではなく、いわば“ガチ”の発言。裏を返せば、長州さんにとってもUインターという団体は目の上のたんこぶのようなもので、意識せざるを得ない状況だったと思う。「本当に関わりたくないが、目障りで消えてほしい」そんな感じだったのではないだろうか。

この1億円トーナメントでの一件で、新日本とUインターの亀裂は決定的なものになったように思われた。しかし運命のいたずらか、この1年後、両団体はそれぞれ財政的な問題を抱えたことで急接近することになる。

大きなスポンサーが付いていなかったUインターは、94年12月に安生さんがヒクソン・グレイシーに対しての道場破りに失敗したあたりから観客動員が激減したことで経営難に陥り、新日本も、95年4月28、29日に北朝鮮の平壌で開催した『平和の祭典』で多額の負債を抱えていたため、双方ともに大きな収益が上がるビッグマッチを早急に必要としていた。

それまで険悪な関係だった新日本とUインターが突如として急接近したのは、そんな背に腹はかえられぬ事情があったのだ。

新日本とUインターの団体対抗戦は、95年8月24日、長州さんと髙田さんという両団体代表によるマスコミを前にした電話会談で電撃決定した。

この電話会談の前に両団体が裏でどんな交渉をしていたのか、ボクは交渉の当事者ではないのでわからないが、あれだけリアルにいがみ合っていた新日本とUインターが、ケンカ腰の姿勢のままぶつかり合うのだから、プロレスファンからしたらたまらないものがあったと思う。チケットが瞬時に売り切れ、東京ドームの観客動員新記録となる6万7000人(主催者発表)もの観衆が集まったのもわかる。団体間のリアルな対立、確執を東京ドームでのビッグマッチというエンターテインメントに昇華させたのは、本当にすごいことだと思う。

しかしボクは、その団体対抗戦のメインイベントを務めた、いわば主役であるはずの髙田さんと武藤さんふたりだけがケンカの輪から外れ、蚊帳の外にいたような気がしてならなかった。

――まだまだ終わらない記事の続きは発売中の「BUBKA5月号」で!

取材・文=堀江ガンツ

田村潔司=たむら・きよし|1969年12月17日生まれ、岡山県出身。1988年に第2次UWFに入団。翌年の鈴木実(現・みのる)戦でデビュー。その後UWFインターナショナルに移籍し。95年にはK-1のリングに上がり、パトリック・スミスと対戦。96年にはリングスに移籍し、02年にはPRIDEに参戦するなど、総合格闘技で活躍した「孤高の天才」。現在は新団体GLEATのエクゼクティブディレクターを務めている。

闘魂と王道 – 昭和プロレスの16年戦争 – Kindle版
Amazonで購入

【BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年5月号 [雑誌] Kindle版】
Amazonで購入

Amazon Kindle
楽天Kobo
Apple Books
紀伊國屋Kinoppy
BOOK☆WALKER
honto
セブンネットショッピング
DMM
ebookjapan
ブックパス
Reader Store
COCORO BOOKS
コミックシーモア
ブックライブ
dブック
ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

BUBKA (ブブカ) 2023年 5月号
Amazonで購入
セブンネットショッピングで購入

BUBKA (ブブカ) 2023年 5月号表紙

BUBKA (ブブカ) 2023年 5月号増刊
Amazonで購入
セブンネットショッピングで購入

BUBKA (ブブカ) 2023年 5月号増刊

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2024年6月号 BUBKA(ブブカ)2024年6月号 宮﨑想乃「たゆたう気持ち」 BUBKAデジタル写真集
石浜芽衣「おもかげ」 BUBKAデジタル写真集 西野夢菜 奥村梨穂
朝比奈みゆう 大槻りこ 麻倉瑞季

BUBKA RANKING5:30更新

  1. SKE48荒井優希、3度目の防衛成功「ここで満足せずにもっと高みを目指す」
  2. スタン・ハンセン「『ラリアット』がプロレス技として辞書に載ったりしたら、こんなに光栄なことはないね」
  3. 乃木坂46向井葉月さんがファンに愛される理由…セレモニアルピッチに挑戦
  4. SKE48鎌田菜月、“競馬場の達人”で爪痕残す「競馬って夢ありますね」
  5. SKE48荒井優希、人生初の“ビンタ”に気合!!久々のシングルマッチ決定に「自分のできることを全部出せたらベスト」
  6. 長澤まさみ&見上愛が出演する「日本ダービー」CMが完成!歴代ダービー馬の映像も登場
  7. AKB48大盛真歩「この身体に産んでくれてありがとう!」母に感謝
  8. SKE48荒井優希、初対戦のアジャコングに“一斗缶攻撃”も食らい完敗
  9. SKE48荒井優希、山下実優選手とのシングルマッチ!試合に集中しメンバーの存在は「すっかり忘れていました」
  10. SKE48荒井優希選手が辰巳リカ選手とのシングルマッチで大熱戦
  1. “新美尻クイーン”椚マイカ、魅惑の美ボディーを引っ提げてグラビアDVDデビュー
  2. 日向坂46高本彩花、ベッドで横になって添い寝姿を披露…封入ポストカード第4弾解禁
  3. ショートカットの美形グラドル吉瀬結、29歳大人の魅力あふれる最新作
  4. “超正統派美少女”永瀬ひな、4代目サンスポGoGoクイーンに選ばれた圧倒的な存在感でグラビアDVDデビュー
  5. 「ミスヤングチャンピオン2023」板野優花、グラドル界屈指のスレンダーボディーは芸術の域
  6. “ミスマガ”グランプリ今森茉耶1st写真集発売決定「セブ島ではジンベイザメと泳いできたんですよ」
  7. “ちっぱい横綱”船岡咲、30代初のDVDで限界ギリギリのハイレグ水着にチャレンジ
  8. “干物グラドル”吉野七宝実、2年ぶりのDVDで33歳の魅力と極上のスレンダーボディーを披露
  9. 日向坂46高本彩花、美しく透き通った海に感動!イエロー水着姿の封入ポストカード第2弾解禁
  10. 『乃木坂46のオールナイトニッポン』に楽天の茂木選手がサプライズ登場!憧れの選手の声に久保史緒里がガチ号泣!?