2023-05-01 06:10

田村潔司「解析UWF」第8回…UWFのあり方

1993年9月、パンクラス旗揚げ戦で稲垣克臣を下した鈴木みのる
1993年9月、パンクラス旗揚げ戦で稲垣克臣を下した鈴木みのる
写真提供=平工幸雄

UWFの分裂後、田村の先輩であった船木・鈴木が中心となって生まれた新団体・パンクラス。実力主義による闘いを標榜し行われた旗揚げ戦での「秒殺」の決着は、驚きと称賛を持って格闘技ファンに受け入れられていった。そんなライバル団体を見つめ田村が感じたこと、そしてUWFのあり方を振り返る。

パンクラスの試合を観て率直に思ったことは はたして、これはお客さんに伝わるのか?

1993年、UWF系にとって大きな出来事があった。

船木誠勝さん、鈴木みのるさんが中心となって新団体パンクラスが設立され、9月21日、東京ベイ・NKホールで旗揚げ戦が行われたのだ。

ボクとパンクラスの旗揚げメンバーである船木さん、鈴木さん、冨宅飛駈との関わりは深い。

ボクは1988年に第1回入門テストに合格して新生UWFに入門。当初はたったひとりの新弟子(練習生)でいちばん下っ端だったので、上下関係が厳しいあの時代、先輩たちとの会話でボクが使う言葉は「はい」「いいえ」のみ。本当に日本語を忘れそうになるほど、何も言えない状況だった。それが変わっていったのは、1989年4月に船木さん、鈴木さんが新日本プロレスから移籍してきてから。

新生UWFの1年目は、前田日明さん、髙田延彦さん、山崎一夫さんの“前高山”と、中野龍雄さん、安生洋二さん、宮戸優光さんの“三羽烏”の間には、“上3人”と“下3人”という目に見えない明確な格差があったけれど、新日本育ちで前田さんたちの直の後輩ではない船木さんと鈴木さんは、世代的には“三羽烏”側でありながら“前高山”にも一定の礼儀を踏まえた上でモノを言えたので、UWF内の風通しがすごく良くなった。

そして船木さんと鈴木さんは、業界的にはボクの先輩になるけれど、UWFという団体に入ったのはボクのほうが先になるので、その部分を尊重してもらえた気がする。道場で毎日稽古をつけてもらうだけでなく、プライベートで食事や遊びに連れて行ってもらったり、すごくかわいがっていただいた。その後、カッキー(垣原賢人)、冨宅が入門してくると、船木、鈴木、田村、垣原、冨宅の5人がグループみたいな感じになって、一緒に厳しい練習をして、練習後はファミレスでバカ話から真面目な話までいろんな話をして、すごく楽しかった。いい青春だったと思う。

だから1991年1月に新生UWFが解散して、プロレスに対する考え方や方向性の違いから船木さん、鈴木さん、冨宅はプロフェッショナルレスリング藤原組、ボクとカッキーはUWFインターナショナルと、別々の道を歩むことになったけれど、プライベートな交流は続いていて、藤原組の試合会場にも何度か観に行って刺激をもらっていた。

そんな船木さんたちが藤原喜明さんのもとを離れ、自分だけで新団体を作ると聞いた時は、いったいどんな試合をやるのかワクワクして、NKホールの旗揚げ戦もカッキーと一緒に観に行かせてもらった。

パンクラス旗揚げ戦で行われた試合は、これまでのUWF系とは毛色の違うものだった。すべての試合がいわゆる“秒殺”の短時間決着。全5試合の合計試合時間がわずか13分5秒という異例の短さ。

この結果を受けてマスコミは「UWF最後の扉を開いた」「衝撃の全試合秒殺決着」とセンセーショナルに書き立て大きな話題になったけれど、実際に会場で全試合を観たボクの率直な感想は、「これは面白いのか?」というものだった。それはボク自身がパンクラスの試合を観て、面白かったか面白くなかったかということより、「はたして、これはお客さんに伝わるのか?」という疑問のほうが大きかったように思う。

ボクらUWFのプロフェッショナルレスラーは、お客さんに見せるためにリング上で闘っている。だから、ボクらは若手の頃から強くなることと同じくらい、お客さんを満足させる試合をすることを叩き込まれてきた。そのUWFにおける観客論の存在は、この連載でも何度か語らせてもらったとおりだ。

だからボクには「ただ勝つだけではいけないのがUWF」という思いがある。これは同じ“興行”である大相撲の考え方に近い。大相撲は勝つことと同時に“いい相撲”を取ることが求められる。「ただ勝ちゃいい」わけではないのだ。

だけどパンクラス旗揚げ戦の試合は、「ただ勝ちゃいい」ように見えた。この連載の1回目でも述べたとおり、ただ勝った負けただけの格闘技ならレベルの差こそあれ誰でもできる。もちろんパンクラスの選手たちの技術レベルは、当時としてかなり高いものだったと思うし、船木さんや鈴木さんの強さもボクはよく知っている。そして、スポット的にパンクラスのような試合があってもいいとは思うけど、あれを毎回見せることには疑問があった。いちばん大事な部分が抜け落ちているような気がした。

たとえば、ボクがUインターで初めて桜庭和志とやった試合(96年3月1日、日本武道館)は、ある意味でパンクラスと同じ類の試合だけど、お客さんとして観た場合、パンクラスの秒殺よりも田村vs桜庭の方が絶対におもしろいと思っている。だからボクは、あの日のNKホールでパンクラス旗揚げ戦を観て、「船木さんと鈴木さんはすごい団体を作ったな」という思いと同時に、「お客さんに伝わるのか?」と感じた。

取材・文=堀江ガンツ

――記事の続きは発売中の「BUBKA6月号」で

田村 潔司=たむら・きよし|1969年12月17日生まれ、岡山県出身。1988年に第2次UWFに入団。翌年の鈴木実(現・みのる)戦でデビュー。その後UWFインターナショナルに移籍し。95年にはK-1のリングに上がり、パトリック・スミスと対戦。96年にはリングスに移籍し、02年にはPRIDEに参戦するなど、総合格闘技で活躍した「孤高の天才」。現在は新団体GLEATのエクゼクティブディレクターを務めている。

闘魂と王道 昭和プロレスの16年戦争
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年6月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年6月号 [雑誌] Kindle版

Amazon Kindle
楽天Kobo
Apple Books
紀伊國屋Kinoppy
BOOK☆WALKER
honto
セブンネットショッピング
DMM
ebookjapan
ブックパス
Reader Store
COCORO BOOKS
コミックシーモア
ブックライブ
dブック
ヨドバシ.com

櫻坂46三期生表紙:BUBKA (ブブカ) 2023年 6月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(特典ポストカード・石森璃花/遠藤理子/小田倉麗奈/小島凪紗/谷口愛季)
セブンネットショッピングで購入(特典ポストカード・中嶋優月/的野美青/向井純葉/村井優/村山美羽/山下瞳月)

櫻坂46三期生表紙:BUBKA (ブブカ) 2023年 6月号

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2024年6月号 BUBKA(ブブカ)2024年6月号 宮﨑想乃「たゆたう気持ち」 BUBKAデジタル写真集
石浜芽衣「おもかげ」 BUBKAデジタル写真集 西野夢菜 奥村梨穂
朝比奈みゆう 大槻りこ 麻倉瑞季

BUBKA RANKING11:30更新

  1. SKE48荒井優希、トーナメント参戦も初戦敗退「すごく力の差を感じた」
  2. SKE48荒井優希「プロレス界でももっと1番を狙っていけるように」渡辺未詩とのタッグで勝利を収める
  3. SKE48荒井優希、山下実優選手とのシングルマッチ!試合に集中しメンバーの存在は「すっかり忘れていました」
  4. 乃木坂46向井葉月さんがファンに愛される理由…セレモニアルピッチに挑戦
  5. SKE48荒井優希、人生初の“ビンタ”に気合!!久々のシングルマッチ決定に「自分のできることを全部出せたらベスト」
  6. SKE48荒井優希、宮本もか選手とのタッグで準決勝進出「この勢いで次の試合でも頑張りたい」
  7. SKE48荒井優希&宮本もか“もかゆき”コンビ、決勝戦進出ならず
  8. SKE48荒井優希、初対戦のアジャコングに“一斗缶攻撃”も食らい完敗
  9. 高山一実、人生初の始球式は20点「あんなに曲がるなんて思わなかった…」
  10. 田村潔司「解析UWF」第11回…Uの復権を信じ進む若き戦士たちの覚悟
  1. 田中美久「こんなセクシーに攻めていいの?」大人みくりんのグラビアショット
  2. 乃木坂46阪口珠美、朝のランジェリー姿を披露!1st写真集『青いバラ』より新カット解禁
  3. OL兼グラドル・花雨、“隣のエロいお姉さん”と過ごすドキドキグラビア
  4. 日向坂46松田好花1st写真集よりシーツに潜むランジェリー姿の“振り向いて”ショット解禁
  5. “エロすぎるコスプレイヤー”水那しおね、看板に偽りのないハードグラビアの真骨頂
  6. 本郷柚巴、キュートな笑顔と春の爛漫ボディで魅せるグラビアショット
  7. グラビアアイドル菜本みくる、チャームポイントはくびれ「最近筋トレを始めて…」
  8. グラビアアイドル夏来唯、大人の魅力あふれるハードグラビアを連発
  9. 日向坂46金村美玖が表紙に、富田鈴花が巻末グラビアに登場
  10. コスプレーヤー&グラドルの二刀流・栗原もみじ、新人離れのグラビアシーンに興奮