2023-12-04 06:00

『怪物に出会った日―』著者・森合正範氏、井上尚弥のすごさを伝えきれないもどかしさ

『怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ』著者・森合正範氏
『怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ』著者・森合正範氏
写真=山口裕朗
この記事の画像(6枚)

ブブカがゲキ推しする“読んでほしい本”、その著者にインタビューする当企画。第61回は、『怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ』を上梓した森合正範氏が登場。モンスターと戦い、そして敗れた者たちにとって、井上尚弥とはどのような存在なのか。敗者から本音を聞き出し、彼らの物語を描いた著者に聞く、 井上尚弥と闘うということ――。

「伝えられない」強さ

――本書は、記者である森合さんが、進化する井上尚弥選手の試合記事を、「伝えられない」という葛藤をきっかけに始まったと、プロローグで告白されています。

森合正範 強すぎるんですよね。相手が強い選手であっても、尚弥選手が圧倒してしまうため、読者は対戦相手のことをまるで噛ませ犬のように受け取ってしまいかねない。特に、バンタム級に階級を上げて臨んだ、WBA世界バンタム級タイトルマッチのジェイミー・マクドネル戦と、その防衛戦であるファン・カルロス・パヤノ戦は、どちらも1ラウンドで勝利を収めます。そのすごさを伝えきれないというもどかしさがありました。記者として、尚弥選手の試合は恐怖心みたいなのが絶えずあったんですね。

――試合を整理できず、何をどう伝えていいか分からないまま、「逃げ出すかのようにありきたりの言葉を並べて原稿の送信ボタンを押した」とあります。

森合正範 仕事でいえば、明らかな「負け」です。いつも会場を後にするとき、とても嫌な気持ちになりました(苦笑)。表現できないというよりも、本質的なものを分かっていないのではないかというもどかしさ。

――そうした中で、当時『現代ビジネス』編集長だった阪上大葉さんから、「井上と対戦した選手たちに話を聞いていったらどうか?」という提案を受けます。森合さん自身も、井上尚弥という怪物と出会ったことで、本書の旅が始まります。

森合正範 悩みました。対戦した人たちは、尚弥選手に負けた人たちです。しかも、中にはKO負けした人もいれば、人生を背負って負けた人もいる。私はボクシングが大好きでしたから、学生時代は後楽園ホールでアルバイトをしていたくらい。負けた選手の控室に行って、敗者のグローブを回収するといったこともしていました。記者になってからも、負けた直後の選手のコメント取りをしていた。本当にお通夜のような雰囲気なんですね。そうした経験を持つ人たちに、井上戦を振り返ってもらいながら詳細を聞く……しかも、敗因や足りなかったことを聞くのではなく、井上尚弥のどこが強かったのか、すごかったのかを聞いていかなければいけない。もしかしたら、その人をだしにしてしまうかもしれないという不安がありました。ですから、本を出した今も、この方法が正しかったのか分からないところがあるんです。

――しかし、井上選手プロデビュー3戦目の相手である佐野友樹さんは「僕の話を聞いてくれてありがとうございました」と何度も口にしています。

森合正範 佐野さんは、最初に話を伺った方でした。彼からその言葉を聞いて、取材を続けてもいいのではないかと思えました。実際に、尚弥選手と戦った経験を持つボクサーたちに話を聞いていくと、たとえば佐野さんの口からは、「右にパンチをもらったのに、左目まで見えなくなった」、佐野さんの次に取材した河野公平さんからは、「彼(井上尚弥)の試合を見ると、殴られたところがうずくのではなく痛いんです」といった、読者が驚くようなエピソードがたくさん語られます。そういった表現は、自分の中にはまったくない言葉でしたから、とても新鮮だった。と同時に、戦った人たちのすごみや思いを自分が残さないといけないという使命感みたいなのも覚えるようになりました。尚弥選手について書くんだけど、戦って敗れた人たちを章の主人公として描く。彼らの生い立ちから始まって、どういった思いで井上戦を迎えたのか――読者にフォーマットを知ってもらうという意味でも、佐野さんの取材は大きかったです。

――第一章の佐野さんに始まり、第二章の田口良一さん、第三章のアドリアン・エルナンデス、第四章のオマール・ナルバエスという具合に、井上選手のプレゼンスが大きくなって、浮き彫りになる構成も面白いです。

森合正範 最後まで読み切ってほしいという思いがありましたから、単に負けた人のインタビューが並んでいるのではなく、全体を通して読んでいくと、井上尚弥の大きくなっていく過程が分かるという構成にしたかった。その上で、一人一人にテーマを設けようと。佐野さんであれば、網膜裂孔という病気を抱え、引退を視野に入れていたこと。エルナンデスは、敗戦を機に自暴自棄になってしまった姿、 ナルバエスは井上尚弥の最大の理解者というように。そうした横軸とも言えるボクサーたちの思いと、井上尚弥という存在が大きくなっていく縦軸を意識しました。

――たしかに、第一章に登場する佐野さんの奥さんと、第八章に登場する河野公平さんの奥さんとでは、井上戦に対するリアクションがまったく異なります。

森合正範 佐野さんの奥さんは井上戦を勧めるけど、河野さんの奥さんは、「井上君だけはやめて!」と河野さんに懇願する。プロ3戦目とプロ12戦目では、井上尚弥に対する印象がまるで変わっているんですよね。また、エルナンデスとナルバエスのときは、海外に「イノウエナオヤ」の名前が伝わっておらず、対戦が決まってから初めてビデオを見て、存在を知る。一方、第七章のダビド・カルモナは、「イノウエナオヤを目指して、対戦の一年前から対策を講じていた」ことが明かされます。読み進めると、井上尚弥という存在がどんどん大きくなり、周囲に与える影響も大きくなっていることが分かります。

――印象的だったのが、井上戦をまだ消化できていない選手もいることです。特に、エルナンデスの懺悔にも似た告白は悲哀すらともないます。

森合正範 実は、私もエルナンデスが自暴自棄ともいえる生活を送っているとは知らなくて。いざ取材を始めようと思うと、空気がものすごく重かった(苦笑)。井上戦について話すのは初めてらしく、私に対してなのか、インタビューに対してなのか、警戒心があった。ゆっくりと彼の生い立ちから話してもらう中で、徐々に心を開いてくれたのか饒舌になってきて。取材をしたのが2022年ですから、井上戦からは8年も経っている。でも、消化できていない。その姿を見て、どれだけ傷を負ったんだろうと計り知れないものを感じました。

――インタビューの続きは発売中の「BUBKA1月号」「BUBKA1月号コラムパック」で!

取材・文=我妻弘崇

森合正範もりあい まさのり|1972年、神奈川県横浜市生まれ。東京新聞運動部記者。大学時代に東京・後楽園ホールでアルバイトをし、ボクシングをはじめとした格闘技を間近で見る。2000年に中日新聞社入社。雑誌やインターネットサイトへの寄稿も多く、「週刊プレイボーイ」誌上では試合前に井上尚弥選手へのインタビューを行う。著書に『力石徹のモデルになった男 天才空手家山崎照朝』(東京新聞)。

怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ Kindle版
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2024年1月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

BUBKA (ブブカ) 2024年 1月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(日向坂46・潮紗理菜×加藤史帆×佐々木久美ポストカード1枚付き)
セブンネットショッピングで購入(日向坂46・高本彩花ポストカード1枚付き

BUBKA (ブブカ) 2024年 1月号表紙:日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆

「BUBKA2024年1月号」内容紹介

表紙
日向坂46 潮紗理菜・加藤史帆・佐々木久美

巻頭特集
・潮紗理菜×加藤史帆×佐々木久美(日向坂46)ロンググラビア&インタビュー
「Smile for you」

・高本彩花(日向坂46)グラビア&インタビュー
「Sugar&Spice」

・濱岸ひより(日向坂46)インタビュー
「サヨナラの笑顔を」

・松田好花(日向坂46)インタビュー
「募る思いをマイクに乗せて──」

グラビア・インタビュー特集
・インタビュー連載 23人の空模様
vol.04 工藤唯愛(僕が見たかった青空)
「道産子14歳の素顔」

・石橋颯×竹本くるみ(HKT48) インタビュー
「空も飛べるはず」

・田中美久(HKT48) インタビュー
「わがアイドル人生に悔いなし」

・正鋳真優(AKB48)グラビア&インタビュー
「She’s lovin it」

グラビア&スペシャル企画
・紀内乃秋 グラビア
「Super nova」

・石浜芽衣(虹のコンキスタドール) グラビア
「おもかげ」

・ちばひなの(少女歌劇団ミモザーヌ) グラビア
「プロローグ」

・ミスティア! インタビュー
「明日にきらめく夢の結晶」

・「GIRLS IDOL Fashion Snap」Produced byチェキチャ!

スペシャル記事
・吉田豪インタビュー「What’s 豪ing On」
第十二回 曽我部恵一
「中2の時の自分にとって誠実かどうか」

・伊賀大介×プロ野球死亡遊戯(中溝康隆)×生田登
スペシャル野球座談会「阿部慎之助監督で“盟主”復活となるのか!?」

・『Rの異常な愛情』特別インタビュー
LITTLE×R-指定
「踏みたりないふたり」前編

・田村潔司連載
「解析UWF」最終回

BUBKAレポート
・Book Return
第61回 森合正範
「怪物に出会った日 井上尚弥と闘うということ」

・すべての球団は消耗品であるbyプロ野球死亡遊戯
#14「1979年の広岡ヤクルト」

・アイドルクリエイターズファイル
#35 Dorian

・宇多丸のマブ論

「BUBKA2024年1月号」表紙を飾る日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆
「BUBKA2024年1月号」表紙を飾る日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆
「BUBKA2024年1月号」両面ポスター日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆
「BUBKA2024年1月号」両面ポスター日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆
「BUBKA2024年1月号」両面ポスター日向坂46潮紗理菜
「BUBKA2024年1月号」HMV&BOOKS online特典 日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆ポストカード
「BUBKA2024年1月号」HMV&BOOKS online特典 日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆ポストカード
「BUBKA2024年1月号」セブンネットショッピング特典 日向坂46高本彩花ポストカード
「BUBKA2024年1月号」セブンネットショッピング特典 日向坂46高本彩花ポストカード

BUBKA (ブブカ) 2024年 1月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(日向坂46・潮紗理菜×加藤史帆×佐々木久美ポストカード1枚付き)
セブンネットショッピングで購入(日向坂46・高本彩花ポストカード1枚付き

BUBKA (ブブカ) 2024年 1月号表紙:日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆

BUBKA(ブブカ) 2023年12月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

BRODY(ブロディ) 2023年8月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. イコラブ沼にハマってみた ep.1 ~ヒロインズで知るメンバーの魅力~
  2. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  3. 乃木坂46、10年の歴史…3択クイズで振り返る
  4. 【BUBKA12月号】吉田豪インタビュー 証言モーヲタ~彼らが熱く狂っていた時代~vol.18 吉泉知彦(古泉智浩)
  5. 大森靖子「道重さんがよりよくなっていくから好きになるしかなくて」~吉田豪インタビュー 証言モーヲタ
  6. DABO「Platinum Tongue」かく語りき…Rの異常な愛情 番外編
  7. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  8. 佐久間宣行Pが今のアイドル業界であえて火中の栗を拾ったワケ~吉田豪インタビュー
  9. 吉田豪新連載「what’s 豪ing on」Vol.2 向井秀徳
  10. R-指定(Creepy Nuts)「真・スチャダラパー論」日本語ラップ創成期に与えたショッキング・ダイナマイト
  1. 日向坂46展『WE R!』クリエイティブディレクターが語る見どころ
  2. 柿崎芽実&長濱ねるビブス・花ちゃんズ衣装も…日向坂46の歴史を体感する貴重な展示
  3. 日向坂46展『WE R!』楽曲などをテーマにしたフードも充実
  4. 日向坂46正源司陽子&藤嶌果歩の“同期”対談、お互いが守ってあげたくなる存在
  5. 櫻坂46山﨑天&日向坂46渡辺莉奈「卒業」をテーマにしたグラビア誌表紙を飾る
  6. 日向坂46河田陽菜チーム×上村ひなのチームによる対抗戦…MCには岡田圭右
  7. 日向坂46初の展覧会『WE R!』開幕へ!見学したメンバーからメッセージが到着
  8. イコラブ沼にハマってみた ep.1 ~ヒロインズで知るメンバーの魅力~
  9. 乃木坂46山下美月『2nd写真集』よりぷにぷにほっぺがあざとかわいい新カット解禁
  10. 有村架純、慣れた手つきでパスタを調理「万能でよく作っています」新CM放送開始