2023-12-16 09:00

ゴスペラーズ黒沢薫&乃木坂46中西アルノMC「Spicy Sessions」放送開始!情熱的な歌声に観客が酔いしれる

新音楽番組「Spicy Sessions」より黒沢薫、平原綾香、中西アルノ
新音楽番組「Spicy Sessions」より黒沢薫、平原綾香、中西アルノ
この記事の画像(5枚)

ゴスペラーズの黒沢薫と乃木坂46の中西アルノがMCを務める新音楽番組「Spicy Sessions(スパイシーセッションズ)」が、12月16日(土)夜11時から「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」で放送される。初回ゲストには平原綾香が登場。

同番組では、毎回1組のゲストを迎えて観覧客を前に、楽曲を披露したり黒沢とコラボレーションしたり、ルーツをたどるトークを展開したりするほか、話の流れでスタジオのバンドメンバーと行う“即興のセッション”も見どころとなっている。番組終盤には、カレーをこよなく愛する黒沢のおすすめ絶品カレーが毎回登場。スパイシーな一皿を楽しみながらのエンディングトークが繰り広げられる。

公開収録となった今回、音楽番組というより、音楽スタジオの雰囲気が漂うセットの中、バンドメンバーによるアドリブ演奏が観覧客のテンションを高めていく。演奏が終わると、大きな拍手に迎えられてMC2人が登場する。

ゲストの平原を呼び込み、1曲目がスタート。番組の記念すべき最初の曲は、平原綾香のデビュー20周年記念アルバム「A-ya!」収録曲から、大切な人との別れを描いた「からっぽのハート」を、ピアノ伴奏で披露。想いが込められた歌声がスタジオに響き渡り、黒沢の目には感動の涙が。

平原の父で、サックス奏者の平原まことについてのトークから、黒沢と平原で番組初セッション。平原は持参していたサックスでも曲を盛り上げる。さらに、中西も交えて3人でのセッションも。ハーモニーや歌の割り振りをその場で決めていき、バンドメンバーとともに音楽を構築していく様子は、音楽好きにはたまらないシーン。そのリアルな“過程”も含めて音楽の魅力を届ける。

テレビとは思えない自由度の高い進行に、平原が「こんな番組ないよ!」と笑いながら声を上げる場面も。また、黒沢のリクエストで、平原が出演したミュージカル「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」 から、「Come What May」を日本語の訳詞で披露。黒沢と平原の情熱的な歌声がスタジオを感動で包み込む。黒沢特製カレーを食べながらのエンディングトークでは、平原が亡き父への想いを目に涙を浮かべながら言葉にする。

さらに、毎回お届けする中西アルノのソロ歌唱、初回は椎名林檎の「丸の内サディスティック」。初めての生バンド演奏を体全体で感じながら、その歌唱力と表現力を存分に発揮する。音楽を愛するものたちが、その過程から届ける新番組。音楽への愛情が詰まった歌、演奏、トークを1時間たっぷり堪能してほしい。

収録後メッセージ

黒沢薫

「Spicy Sessions」より「Come What May」を歌唱する黒沢薫と平原綾香
「Spicy Sessions」より「Come What May」を歌唱する黒沢薫と平原綾香

「こんなに好きなことだけやっている番組でいいのかなっていうのが正直な感想です。番組の立ち上げから自分がイメージしたものをそのままやっているので。初回ゲストの平原さん、MCのアルノさん含め、『この人だといいよね』と名前を出していた方が、スパっと決まってくれて、見てもらったら分かると思うんですけど、ゆるいというか(笑)、その場で本当に決めていくような番組…これが果たしてエンターテインメントになるかっていうのは、僕も含めて分からなかったですが、客席の反応とか見ていると、『これってやっぱり面白いんだ』『俺たちの思っていたことは合っていたんだ』っていうのを思えたっていうのが、すごくうれしい感じでしたね」

中西アルノ

「Spicy Sessions」より「丸の内サディスティック」を披露する中西アルノ
「Spicy Sessions」より「丸の内サディスティック」を披露する中西アルノ

「今日を終えて、本当にこんなすてきな番組のレギュラー、サブMCとしてお手伝いできることが光栄でうれしく思っていますし、何より、私も音楽そのものが大好きなので、こういった場でたくさん影響を受けて、盗めるところを盗みながら、自分のスキルアップにもつなげていけたらいいなと思ってます」

平原綾香

「Spicy Sessions」より「からっぽのハート」を披露する平原綾香
「Spicy Sessions」より「からっぽのハート」を披露する平原綾香

「この番組の一番いいところは、音楽ファーストであることだと思ったんですね。私の新曲とかCMで流れているわけでもないし、知らない人が多いはずなのに『からっぽのハート』をフルで歌えた。これって実はすごいことなんですね。やっぱりテレビだとどうしても“テレビサイズ”ということになってしまい、聞いてほしいところを聞いてもらえなかったり、カラオケでやらなきゃいけないかったり、そういうことがある中で、音楽ファーストで出演できて、歌えて、演奏できるって、これは本当はすごいことなんですね。だからそれを当たり前にやってくれている、この番組を立ち上げた人の熱意だったり、音楽を愛する気持ちだったり、そしてこのお2人の素晴らしさでしたり、そういうものが今日ギュッと合わさって一つのちゃんとした音楽番組というのが今日誕生したんだなと思うと、すごく胸がいっぱいになりました」

『Spicy Sessions with 平原綾香』

2023年12月16日(土)夜11:00-深夜0:00
(以降、毎月1回ペースで不定期放送予定)

■出演
MC=黒沢薫(ゴスペラーズ)、中西アルノ(乃木坂46)
初回ゲスト=平原綾香

■番組ページ
https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/series/yRNA2/

■番組公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/SSessions_tbsch

■番組公式Instagram
https://www.instagram.com/spicysessions/

「Spicy Sessions」より中西アルノ、黒沢薫、平原綾香
「Spicy Sessions」より中西アルノ、黒沢薫、平原綾香

CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」

TBSの人気番組が満載。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「最愛」「アンナチュラル」「DCU」「渡る世間は鬼ばかり」「水戸黄門」、AKB48グループ&乃木坂46オリジナルバラエティー、音楽ライブ、新作アニメ、映画、演劇&舞台、話題の韓ドラ&K-POPなど“見たい番組が必ずある”総合エンタメチャンネル。

■視聴方法
スカパー!(CS296)、スカパー!プレミアムサービス(Ch616)、J:COMほか全国のCATV、ひかりTV、auひかりなどで視聴可能。
https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/about/

BRODY (ブロディ) 2024年2月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(ポストカード特典・正源司陽子)
セブンネットショッピングで購入(ポストカード特典・渡辺莉奈)
セブンネットショッピングで購入(ポストカード特典・菅田愛貴)
セブンネットショッピングで購入(ポストカード特典・冨田菜々風)

BUBKA (ブブカ) 2024年 1月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(日向坂46・潮紗理菜×加藤史帆×佐々木久美ポストカード1枚付き)
セブンネットショッピングで購入(日向坂46・高本彩花ポストカード1枚付き

BUBKA (ブブカ) 2024年 1月号表紙:日向坂46佐々木久美、潮紗理菜、加藤史帆

BUBKA(ブブカ)2024年1月号電子書籍限定版「HKT48 田中美久ver.」 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 乃木坂46遠藤さくら&小川彩の完成された“オーディション受験時”の映像にスタジオ騒然「こりゃ受かるよ」
  2. 吉田豪×中井美穂、自称“中二病”のサブカル少女がバブル絶頂のTV業界へ
  3. ノイミー5周年ライブで感じた、“12人”にこだわる理由
  4. 吉田豪インタビュー、中村一義…いつも『最後の聖戦』の気持ちで
  5. 現役女子大生タレント・中川紅葉が1stフォトエッセー出版 齊藤なぎさとの対談も実現
  6. 「僕が見たかった青空」宮腰友里亜、NOT元ヤン宣言
  7. 櫻坂46山﨑天、“末っ子”メンバーに対する不満も…
  8. R-指定と対談、宇多丸が明かすライブの極意
  9. 日向坂46佐々木久美からの指摘にオードリー春日が反論「誰がおばさんだよ!おじさんだよ!!」
  10. 音楽プロデューサーCMJKが語る“エアコンぶんぶんお姉さん”の1stアルバム
  1. 乃木坂46遠藤さくら&小川彩の完成された“オーディション受験時”の映像にスタジオ騒然「こりゃ受かるよ」
  2. 藤原喜明×鈴木みのる対談…猪木のために死ねなくなった漢たちの鎮魂歌
  3. 吉田豪×中井美穂、自称“中二病”のサブカル少女がバブル絶頂のTV業界へ
  4. ノイミー5周年ライブで感じた、“12人”にこだわる理由
  5. 吉田豪インタビュー、中村一義…いつも『最後の聖戦』の気持ちで
  6. 現役女子大生タレント・中川紅葉が1stフォトエッセー出版 齊藤なぎさとの対談も実現
  7. 「僕が見たかった青空」宮腰友里亜、NOT元ヤン宣言
  8. 櫻坂46山﨑天、“末っ子”メンバーに対する不満も…
  9. R-指定と対談、宇多丸が明かすライブの極意
  10. 日向坂46佐々木久美からの指摘にオードリー春日が反論「誰がおばさんだよ!おじさんだよ!!」