2024-03-02 10:00

SKE48 TeamS『どうでもよくない』MV撮影独占密着

SKE48 Team S楽曲『どうでもよくない』MV撮影に独占密着
SKE48 Team S楽曲『どうでもよくない』MV撮影に独占密着
撮影/成田智宏

SKE48の最新シングルのカップリング曲の一つであり、Team S楽曲の『どうでもよくない』。そのMV撮影に密着取材。センター・野村実代の輝きと、メンバー12人が一つの作品を作り上げていく心地よい団結感をお届けする。

進むしかない

Team SのMV撮影現場に向かう車中、何気なく公式サイトを開いた。Sの面々の人数を数えてみると驚いた。現時点で13人しか所属していないではないか。昨年秋から青海ひな乃はタイを拠点に活動を始めたため、この日の撮影に参加するのは12人。通常の劇場公演は12人にプラスして、4人のポジションは研究生か、他のチームからのアンダー出演でまかなっている。

一昨年5月、Team Sはオリジナル新公演プロジェクト第一弾として「愛を君に、愛を僕に」公演をスタートさせた。当時、レッスンに参加していたのは19人。月日は容赦なくチームの形を変えていく。

歴代最少人数となった現Team Sではあるが、若さと明るさが損なわれたわけではない。相変わらず控室はにぎやかだった。

シングルに収録されるTeam Sのカップリング曲、最初のカットはセンター・野村実代から始まった。

野村実代 前回のシングルのTeam S曲ではWセンターをやらせてもらったんですけど、今回は単独のセンターをいただきました。思い返してみたら、単独はなかったので、大きいことをさせてもらっているなって思います。私が入ってきた時は(松井)珠理奈さんがセンターにいたから、私がまさかセンターに立つ日が来るなんて思ってもいませんでした。でも、不安はないです。これまでみんなと一緒にたくさんの時間を過ごしてきたから、楽しい気持ちでいられます。

タイトルは『どうでもよくない』。その意味をセンターはこう捉えている。

野村実代 タイトルを聞いて、「どういうこと?」と思いました。でも、歌詞を読むと、自分の意志をしっかり持って生きていこうということなんだなって伝わってきました。でも、「細かいことはどうでもよくない?」という意味にも捉えられるなと思って。どっちでも正解なんでしょうね。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 宮田愛萌、フォトブック発売決定!ファンを惑わす“あざとぶり”は健在
  2. フジ佐久間みなみアナ、引き締まった腹筋も披露…1stフォトブック発売「ありのままの自分を」
  3. 乃木坂46の5期生菅原咲月、金曜レギュラーとして『ラヴィット』登場!最速の開始20分で洗礼を受ける
  4. 日向坂46金村美玖、イエローワンピで表紙を飾る「私も呼んでいただけてとても嬉しかった」
  5. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開
  6. なえなの、最新フォトブック発売決定「ワクワクするような1冊になっていると思います」
  7. 鈴木絢音、『あざとくて何が悪いの?』で方言を交えた、めんこい“あざと女子”を披露
  8. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学
  9. 日向坂46佐々木美玲「まだまだ上に行きたいメンバーしかいません」6年目の飛躍を誓う
  10. 櫻坂46谷口愛季、追求し続ける「自分の向こう側」まだ見ぬ『私』を探して
  1. 宮田愛萌、フォトブック発売決定!ファンを惑わす“あざとぶり”は健在
  2. フジ佐久間みなみアナ、引き締まった腹筋も披露…1stフォトブック発売「ありのままの自分を」
  3. 乃木坂46の5期生菅原咲月、金曜レギュラーとして『ラヴィット』登場!最速の開始20分で洗礼を受ける
  4. 日向坂46金村美玖、イエローワンピで表紙を飾る「私も呼んでいただけてとても嬉しかった」
  5. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開
  6. なえなの、最新フォトブック発売決定「ワクワクするような1冊になっていると思います」
  7. 鈴木絢音、『あざとくて何が悪いの?』で方言を交えた、めんこい“あざと女子”を披露
  8. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学
  9. 日向坂46佐々木美玲「まだまだ上に行きたいメンバーしかいません」6年目の飛躍を誓う
  10. 櫻坂46谷口愛季、追求し続ける「自分の向こう側」まだ見ぬ『私』を探して