2024-03-03 20:00

藤原喜明×鈴木みのる対談…猪木のために死ねなくなった漢たちの鎮魂歌

藤原喜明と鈴木みのる
藤原喜明と鈴木みのる

アントニオ猪木をはじめ数多くのレジェンドが登場し、闘魂を語り継ぐインタビュー集『玉袋筋太郎の闘魂伝承座談会』の発売を記念し、藤原喜明と鈴木みのるにインタビューを実施。名だたる師匠たちとの思い出とから現代のプロレス観まで、思いのままに語り尽くした師弟対談をお届け。

師匠のために

鈴木みのる お久しぶりです、藤原さん。お土産に“スポーツドリンク”持ってきました(と言ってワインをわたす)。

藤原喜明 おー、ありがとう。これでまた練習に身が入るな(笑)。

鈴木みのる (カール・)ゴッチさんもよくワイン飲んでましたもんね。

藤原喜明 飲んでたな。また話が長くてな。レスリングの話と練習方法の話ばっかり。

鈴木みのる ボクは今、海外で試合をすることが多いんですけど、「おまえはカール・ゴッチに習ったことがあるのか?」って言われることが多いですよ。昔は、日本ではゴッチさんは“プロレスの神様”だったけど、アメリカではそんなに名前が出なかったじゃないですか。でも、いまはアメリカのプロレス界でも伝説の人になってるんで。

藤原喜明 やっと時代が追いついたか。

鈴木みのる で、藤原さんもそういう存在になってるんですよ。「おまえ、本当にフジワラと練習したのか? フジワラは生きてんのか?」って言われますよ(笑)。

藤原喜明 勝手に殺すんじゃねえよ!(笑)。

――先日、藤原さんは『猪木のためなら死ねる!』(宝島社)っていう本を出しましたよね。

鈴木みのる 本当に死ねるんですか?

藤原喜明 いや、「死ねると思ってたけど死ねなくなった」ってことを書いてるんだよ。俺は20代までは「この人を守るために俺が盾になる」って気持ちで、猪木さんの鞄持ち(付き人)をやってたんだけど、30歳ぐらいの時、猪木さんに言ったんだ。「すいません。もう猪木さんのために死ねなくなりました」ってね。そしたらニヤ~っと笑って「コレ(小指)か?」言ってな。

鈴木みのる すぐわかったんだ(笑)。

藤原喜明 あの人もコレ関係ではいろいろあったから、なんかわかるんだろうな(笑)。

――それも含めて師弟愛ですね。で、今回は猪木-藤原の師弟関係を受けて、藤原-鈴木の師弟対談として行わせていただきたいんですけど。

藤原喜明 コイツが俺の師匠かい?

――逆ですよ!(笑)。猪木-藤原-鈴木という系譜で。

鈴木みのる 猪木さんが聞いたら、「鈴木? そんなヤツ知らねえ」って言われるかもしれないけど(笑)。

強さへの反感

――鈴木さんはもともと猪木さんに憧れて新日本に入りしたわけですけど、入門前は藤原さんのことをどう思ってたんですか?

鈴木みのる もともと俺は中学3年から、横浜のスカイジムってところで練習させてもらってたんだけど、藤原さんも新日本に入る前にそこにいたっていうことをジムの金子(武雄)会長から聞かされてたんで。

――新日本入門前からスカイジムの大先輩っていう認識だったんですね。

鈴木みのる だから新日本に入って、最初に藤原さんに挨拶したとき、「おまえかぁ。会長が言ってたのは」みたいに言われたから。

藤原喜明 金子会長から「ウチから鈴木ってヤツが行くからよ、面倒見てやってくれ」って言われてさ、「うわ、面倒くせぇな」と思ったんだ。

鈴木みのる ハハハハ! やっぱ「面倒くせぇな」と思ってたんだ。新弟子の頃、藤原さんに「こんなちんちくりん」ってよく言われたけど(笑)。

藤原喜明 それはしょうがねぇだろ。あの頃の新日本で、鈴木より小さいのなんて(獣神サンダー・)ライガーくらいしかいなかったんじゃねえか?

鈴木みのる それが今のプロレス界だと、俺が中の上くらいの大きさなんですけど(笑)。

藤原喜明 今は全体的に小さくなったからな。昔はレスラーといえば怪物だったもんな。

鈴木みのる 周りの先輩から「おまえなんかデビューできない」って毎日言われましたよ。ある時、藤原さんとスパーリングをやらせてもらえるようになってから、坂口(征二)さんに「おまえ、ちっちゃいから飛び技の練習しろ」って言われて。プランチャの練習をさせられたんです。

――格闘技志向なのに無理やりルチャの練習を。

鈴木みのる 言われたから仕方なく練習したけど、すぐ嫌になって、「すみません。僕もうできません。強くなるための練習がしたいです」って言ったら怒られて、スクワット500回やらされました(笑)。

藤原喜明 飛ぶ練習なんて、強くなることとなんの関係もないからな。でも、今のヤツなんてそんな練習ばかりだろ。入場するときにロープを飛び越える練習やって、足首を痛めたヤツまでいたからな。LEONAだよ。

鈴木みのる ハハハハハハ!(笑)。

――ドラゴンリングイン失敗ですね(笑)。

藤原喜明 お父さんとはだいぶ違うよな。

鈴木みのる 昭和新日流の練習が受け継がれなかった(笑)。

藤原喜明 そんなの練習でもなんでもねぇよ。くだらねぇ。

――鈴木さんが新日本の若手時代、藤原さんはUWFで「敵」なわけじゃないですか。でも、稽古つけてもらうのは大丈夫だったんですか?

鈴木みのる もともと先輩の船木(誠勝)さんが藤原さんに練習つけてもらってたんで、俺もそこに入りたいなとずっと思ってたから、ある時、「僕も一緒にやらせてもらえないですか?」って船木さんに言ったら、「俺に言うなよ、藤原さんに言えよ」って言われて。で、藤原さんに「練習お願いします!」って言ったら、「来い!」って言われて、めちゃくちゃ極められた憶えがあります。

――でも、船木さんやライガーさん以外の先輩からは、よく思われなかったんじゃないですか?

鈴木みのる いろんな人に言われましたよ。「藤原に付いても良いことなんかないぞ」って。「プロレス教わるなら長州にしろ」とか「藤波(辰爾)の方がいいぞ」とか、散々言われましたね。

――関節技なんか身に付けてもしょうがないぞ、と。

鈴木みのる でも、なんでそう言ってくるか、だんだんわかってきましたね。要はビビって煙たいんですよ。先輩が偉そうにしようとしてるのに、強さを身に付けて歯向かう後輩が増えたら困るっていう(笑)。

――でも、若手の頃「藤原んとこなんか行っても良いことねぇぞ」って言われてた人が、今や世界各国で活躍しているわけですもんね。

藤原喜明 だから基本さえしっかりしてりゃ、どこでも食っていけるってことだよ。

藤原喜明プロフィール

藤原喜明=ふじわら よしあき|1949年4月27日生まれ、岩手県出身。1972年に新日本プロレスに入門、藤波辰巳戦でデビュー。カール・ゴッチ氏に師事してレスリング技術を学ぶ。1984にUWFに移籍。新日本復帰、第二次UWF参加を経て、1991年3月プロフェッショナルレスリング藤原組を旗揚げ。その実力ぶりから「関節技の鬼」として知られる。現在は俳優業やイラストレーターとしても活動。

鈴木みのるプロフィール

鈴木みのる=すずき みのる|1968年6月17日生まれ、神奈川県出身。1987
年に新日本プロレスに入門、飯塚孝之戦でデビュー。新生UWF、プロフェッショナルレスリング藤原組を経て、93年9月に船木誠勝らとパンクラスを旗揚げ。2003年からは新日本のリングに参戦、その後も様々な団体の試合に参加し、現在に至るまでプロレスラーとして奮闘し続けている。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 猪木と馬場、二人の神を師に仰ぐ双頭のサムライ・越中詩郎が語る
  2. プロレス・木村健悟「藤波は童顔でかわいらしい顔して、まだ身体も細かったから『絶対に俺のほうが強いだろ』と思ってたよ」
  3. 高山一実、人生初の始球式は20点「あんなに曲がるなんて思わなかった…」
  4. 【追悼特別企画】天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る! ミスタープロレス交龍録「アントニオ猪木 前編」
  5. 天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第40回「佐々木健介」
  6. 天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第45回「小川良成」
  7. 藤原喜明×鈴木みのる対談…猪木のために死ねなくなった漢たちの鎮魂歌
  8. プロレスラー高阪剛、格闘技人生に幕…TKが語るリングス時代
  9. 天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第50回「オカダ・カズチカ」
  10. 天龍源一郎がレジェンドレスラーについて語る!ミスタープロレス交龍録 第46回「渕正信」
  1. 高山一実、美谷間チラり…ウエディングドレス姿で『ゼクシィ』初表紙を飾る
  2. 櫻坂46的野美青、部屋着姿と制服姿…ギャップグラビアショット
  3. 櫻坂46『そこさく』総力特集!表紙&巻頭グラビアさらに関係者インタビューも
  4. 乃木坂46五百城茉央「加入当初はすべてに緊張しすぎていて…」自身の成長・変化を明かす
  5. 「ノイミー」永田詩央里のブログが良すぎる件
  6. 櫻坂46山﨑天、“お母さんキャラ”の同級生・谷口愛季に感謝しきり「愛季のおかげで卒業できます!」
  7. 乃木坂46梅澤美波 著書「美しくありたい」発売!新規撮影カットも収録
  8. 乃木坂46・5期生五百城茉央、「妹まつり」への意気込みがかわいすぎる!甘~い関西弁に横澤夏子もメロメロ!?
  9. 日向坂46丹生明里の変化に気付いた春日俊彰がメンバーを震えさせる「大人の女性になった、じゃない?」
  10. 乃木坂46梅澤美波、遠藤さくらと「高円寺デート」で購入した古着ジャケットで『らじらー!』に登場しファン感涙!