2024-04-26 12:00

“歌い手”中西アルノの成長ドキュメント…『Spicy Sessions』4月・5月のゲストが明らかに

音楽番組『Spicy Sessions』(TBSチャンネル1)より
音楽番組『Spicy Sessions』(TBSチャンネル1)より
この記事の画像(2枚)

CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」で、毎月1回放送中の音楽番組『Spicy Sessions(スパイシーセッションズ)』。先日行われた4月・5月放送回の収録を、ゴスペラーズをデビュー当時からよく知り、数々のアーティストのオフィシャルライターを務める音楽ライター・伊藤亜希氏がリポートする。

昨年12月にTBSチャンネル1でスタートした同番組。毎回歌唱ゲストを招き、MCを務める黒沢薫(ゴスペラーズ)と中西アルノ(乃木坂46)が、ゲストやバンドと“セッション”しながら音楽を作り上げていくさまは、まるでドキュメント。黒沢いわく「このスリリングさは、ライヴに近い」という展開が、観覧客の目の前で繰り広げられる。観覧募集には毎回1000通を超す応募があるという。4月上旬に収録された、4月・5月放送分の収録の様子とともに、『Spicy Sessions』という新しい形の音楽番組の魅力を掘り下げる。

4月放送のゲストはMay J.

4月放送のゲストはMay J.。ゲストとMCの3人で、宇多田ヒカルの「First Love」をカバーしたが、May J.と中西アルノがメインで歌唱する中に、黒沢が随所にハモりを加え、原曲のメロディーの繊細さを生かしながらも、流麗なハーモニーを展開し、原曲とは違った華やかさを表現していた。歌い出しのハミングのようなアドリブを黒沢が担当するなど、驚くような歌割りアレンジもあり、刺激的な1曲になっていた。

この回の収録で、「A Whole New World」(映画『アラジン』より)と「Endless Love」(ルーサー・ヴァンドロス&マライア・キャリーVer.)をMay J.とともに歌った黒沢。「Endless Love」については「カバーにあたって過去一番練習した」そうだ。ハイトーンがシンボル的な武器の黒沢だが、ゴスペラーズで歌唱する時とは異なった、透き通るような声でのハイトーンへのアプローチにも注目だ。

ゲスト候補の選択や、その後のゲストとの打合せなどにも参加し、リクエストをくみ取り、歌う曲を決めていくという黒沢。収録当日も、バンドやゲストのリハーサルに立ち会い、歌割りやアレンジを細かく調整していくが、それが本番収録の時も当たり前に繰り広げられる。バンドマスターである佐藤雄大と、観客の目の前で打ち合わせをしながら、アウトロを変更したり、きっかけをまとめたりと、フルスロットルである。そんな中で、番組名物(?)になりつつあるのが、本番中のいきなりの中西アルノへのむちゃぶりだ。この日の収録でもロングトーンの高低差をつけるアドリブをリクエストしていたが、中西アルノは見事にクリアしていた。

『Spicy Sessions』には、歌い手・中西アルノの成長ドキュメントという側面もある。回を重ねるたび、否、リハーサルから本番の間に、そして本番で歌唱している間にも、どんどん歌い手として成長していく中西アルノ。ゆえに黒沢は「もっとできそうだから、ちょっと難しいリクエストをついついむちゃぶりしちゃう(笑)」と言う。

5月放送のゲストは川崎鷹也

一方、5月放送のゲストは川崎鷹也。ゲストの音楽的なルーツをトークで深く掘り下げていくのも『Spicy Sessions』の音楽番組としてのこだわりだ。ブラックミュージックをルーツに持ちながら、時代を問わずさまざまな音楽を聴いている黒沢が、ゲストの言葉を受け、分析しながら話を進めていく。まるでインタビューだ。川崎がギターを始めたきっかけに黒沢と中西がびっくりする場面もあった。川崎と黒沢がコラボしたコブクロのカバー「轍-わだち-」では中西がタンバリンに挑戦。川崎と黒沢が譜面を見ながら歌割を決めている後ろで、バンドメンバーにタンバリンのたたき方を教わったり、入り方の練習をしていたりする姿が実にほほ笑ましかった。

黒沢が「川崎鷹也くんを知ったきっかけの曲。どうしても一緒に歌いたくて」と選んだ曲は川崎を一躍有名にした「魔法の絨毯」。セッション前に、曲の歌詞について質問するなど、楽曲セレクトだけでなく、ゲストへのリスペクトを感じる場面も多々ある。このゲストへのリスペクト、もっと言ってしまえば、音楽に対するリスペクトを番組を通して見せるのも『Spicy Sessions』というドキュメントの一つである。

いくつものドキュメントが、目の前で交差し、形を成していく。ドキュメントだからこそ、NGテイクも隠さず放送する。それが『Spicy Sessions』という音楽番組の在り方だ。

『Spicy Sessions』放送情報

CS放送 TBSチャンネル1

■4月27日(土)午後11時30分~深夜0時30分
『Spicy Sessions with May J.』

■5月18日(土)午後11時00分~深夜0時00分
『Spicy Sessions with川崎鷹也』

■番組公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/SSessions_tbsch

■番組公式Instagram
https://www.instagram.com/spicysessions/

■番組公式ページ
https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/series/yRNA2/

音楽番組『Spicy Sessions』(TBSチャンネル1)より川崎鷹也と黒沢薫のコブクロ「轍-わだち-」に観覧客は手拍子で応える
音楽番組『Spicy Sessions』(TBSチャンネル1)より川崎鷹也と黒沢薫のコブクロ「轍-わだち-」に観覧客は手拍子で応える

乃木坂46 5期生写真集「あの頃、乃木坂にいた」
Amazonで購入

乃木坂46 5期生写真集「あの頃、乃木坂にいた」

乃木坂46久保史緒里表紙:BUBKA (ブブカ) 2024年 5月号
Amazonで購入
セブンネットショッピングで購入(久保史緒里ポストカード2種からランダム1枚付き)
セブンネットショッピングで購入(伊藤理々杏ポストカード1枚付き)

乃木坂46久保史緒里表紙:BUBKA (ブブカ) 2024年 5月号

BUBKA (ブブカ) 2024年 6月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(櫻坂46大集合ポストカード1枚付き)
HMV&BOOKS onlineで購入(櫻坂46的野美青ポストカード1枚付き)

BUBKA (ブブカ) 2024年 6月号

日向坂46加藤史帆表紙:BRODY (ブロディ) 2024年6月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(ポストカード特典・日向坂46加藤史帆)
HMV&BOOKS onlineで購入(ポストカード特典・日向坂46小西夏菜実)
セブンネットショッピングで購入(AMEFURASSHI愛来 ポストカード1枚付き、2種からランダム1枚)
セブンネットショッピングで購入(iLiFE!あいす ポストカード1枚付き、2種からランダム1枚)

日向坂46加藤史帆表紙:BRODY (ブロディ) 2024年6月号

週刊プレイボーイ 2024年 4/22 号 [雑誌]
Amazonで購入

週刊プレイボーイ 2024年 4/22 号 [雑誌]

週プレNo.52 12/25号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

週プレNo.52 12/25号:表紙は乃木坂46冨里奈央

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING5:30更新

  1. 公式お兄ちゃんは忘れない‼バナナマンからの「卒業おめでとう」に乃木坂46・阪口は感謝のメッセージ
  2. 声優・青山なぎさ、ヘルシーな肩見せ姿…『週刊FLASH』アザーカット公開
  3. 乃木坂46・久保史緒里が推し球団・楽天の歴史的大敗で大荒れ!怒りの矛先は独走する若鷹軍団リスナーに!?
  4. 乃木坂46阪口珠美、2023年は“ご縁”の年「人生で初めて歴史の勉強をしています」
  5. 乃木坂46からの卒業を発表した阪口珠美の愛され力!1st写真集を後輩・小川彩は「表紙替えの写真集4パターンすべてを予約してくれた!」
  6. 小鳥遊そら(CRAYONS)、練習の成果を存分に発揮!清らかな歌声で2回目の定期公演を完遂
  7. 櫻坂46的野美青、フレッシュ&ビューティーなグラビアショット「普段とは少し違った私、どうでしたか?」
  8. 渡邉美穂オリジナルブランド『No.25』第二弾発売記念グッズがオンラインで販売決定
  9. バナナマン・日村勇紀のマイブームに設楽統は「長州力じゃん!」
  10. 櫻坂46山下瞳月、9thシングル『自業自得』センターに決定「三期生だからって甘えずに、櫻坂46の名に恥じないように」
  1. 公式お兄ちゃんは忘れない‼バナナマンからの「卒業おめでとう」に乃木坂46・阪口は感謝のメッセージ
  2. 声優・青山なぎさ、ヘルシーな肩見せ姿…『週刊FLASH』アザーカット公開
  3. 乃木坂46・久保史緒里が推し球団・楽天の歴史的大敗で大荒れ!怒りの矛先は独走する若鷹軍団リスナーに!?
  4. 乃木坂46阪口珠美、2023年は“ご縁”の年「人生で初めて歴史の勉強をしています」
  5. 乃木坂46からの卒業を発表した阪口珠美の愛され力!1st写真集を後輩・小川彩は「表紙替えの写真集4パターンすべてを予約してくれた!」
  6. 小鳥遊そら(CRAYONS)、練習の成果を存分に発揮!清らかな歌声で2回目の定期公演を完遂
  7. 櫻坂46的野美青、フレッシュ&ビューティーなグラビアショット「普段とは少し違った私、どうでしたか?」
  8. 渡邉美穂オリジナルブランド『No.25』第二弾発売記念グッズがオンラインで販売決定
  9. バナナマン・日村勇紀のマイブームに設楽統は「長州力じゃん!」
  10. 櫻坂46山下瞳月、9thシングル『自業自得』センターに決定「三期生だからって甘えずに、櫻坂46の名に恥じないように」