2024-05-06 10:00

映画『アイアンクロー』公開記念、呪われた一家の生き証人が米国での生活を振り返る

エリック一家について語ってくれたザ・グレート・カブキ
エリック一家について語ってくれたザ・グレート・カブキ
この記事の画像(4枚)

映画『アイアンクロー』の舞台となった80年代前半のダラスで大活躍したのが、
ザ・グレート・カブキ。映画が公開されてすぐ見に行ったというカブキに、映画の感想と実際のエリック一家との違いについて語ってもらった。

スパルタに大喜び

――カブキさんは『アイアンクロー』を映画館まで見に行かれたそうですね?

ザ・グレート・カブキ 行った行った。やっぱり自分がいた時代の話だから興味があってね。

――率直な感想はいかがでした?

ザ・グレート・カブキ 最高だったね。

――おぉ、そうですか!

ザ・グレート・カブキ 役者もなりきってるっていうか。「ああ、こうだったなあ」ってね。

――あの時代を思い出しました?

ザ・グレート・カブキ 思い出した。だからケビンたちがフリッツの親父にリングでプロ
レスを教わってるシーンがあったじゃない。本当はあそこは全部俺が入ってるの。

――実際の80年代前半のダラスでは、あそこはカブキさんが教えてたんです
ね。

ザ・グレート・カブキ フリッツの親父にケビン、デビッド、ケリーなんかを教えてくれって言われてね。マイクはまだ小さかったからやってなかったけど、あの3人は試合が始まる前、早くに会場に呼び出して練習する。俺は日本式の厳しい教え方でボッコボコやるから、通路の奥で見てたフリッツの親父がよろこんじゃってさ。いつもタバコを吸いながらククククッて笑いながら見てたよ。それで週末にギャラを取りにいくと、「ソンソン、これボーナスだ」って、ギャラ以外にボーナスを必ず出してくれてね。

――カブキさんは「ソンソン」って呼ばれてたんですね。どういう意味なんですか?

ザ・グレート・カブキ 意味はとくにないんだよ。メイクをしてない時に人がいるとカブキって言えないから「ソンソン」って。

――そうなんですね。カブキさんはエリック兄弟と試合でもよく当たってたんですよね?

ザ・グレート・カブキ 毎日だよ。

――試合で当たるのが指導の一環みたいな感じですか?

ザ・グレート・カブキ そう。だから、こっちもバッチンバッチンいったからね。そうするとお客は沸くし、息子たちに厳しくするとフリッツの親父もよろこぶから。

――当時対戦したケビン、デビッド、ケリーの印象はいかがですか?

ザ・グレート・カブキ やっぱり、いちばんうまいのがデビッド。身長があって、オーソドックスなレスリングがしっかりできて、いいレスラーになると思ってたんだけどね。

―― 亡くなる前は次期NWA世界ヘビー級王者最有力候補と呼ばれていたんですよね。

ザ・グレート・カブキ ケリーもうまかった。いちばんいい身体をしていて頭もスマートだったね。で、いちばん上のケビンがちょっとしょっぱかった(笑)。

――そうなんですか(笑)。映画でもケビンはすごく真面目にトレーニングするけど、マイクアピールなどエンターテインメント性の部分が苦手で、エンタメ的な才能があるデビッドと兄弟の序列が逆転したような描かれかたをしてましたよね。

ザ・グレート・カブキ そんな感じだね。ケビンも動きはよくて馬力もあるんだけど、不器用でガチガチに来るからさ。その代わりこっちもガチガチでいって、おもいっきりバコーンと蹴ったりしてね(笑)。楽しかったですよ。

――ダラスは、カブキさんにとってはすごくいいところだったんですね。

ザ・グレート・カブキ ダラスはあの時代がいちばん良かったんじゃないかな。自分が(1980年に)入ってからフリッツの引退シリーズが始まって、時を同じくしてケビン、デビッド、ケリーたちも人気が出てきて、エリック親子両方の活躍でお客がどんどん入るようになった。毎回、満員続きだもん。

――映画では80年代初頭、フリッツはすでに引退しているかのように描かれていましたけど、実際は現役末期だったんですよね。

ザ・グレート・カブキ 毎回出るわけじゃないんだけど、ビッグマッチになるとフリッツが出てくるわけ。自分なんかも何回かやったよ。

――映画では、火事で消失したあの時代の常打ち会場であるスポータトリアムもわざざ作り直して撮影してました。

ザ・グレート・カブキ あれ、よくできてるなと思った。雰囲気も再現されていたよ。試合のシーンもあったけれど、なんか自分がやってるような気持ちになったよ(笑)。

――試合シーンはどうでした? チャボ・ゲレロ・ジュニアが全部指導したらしいんですけど。

ザ・グレート・カブキ あれ、素人にしてはうまいよ。チャボがちゃんと教えたんだろうね。試合はよかったよ。

――エリック兄弟だけじゃなく、テリー・ゴーディやファビュラス・フリーバース、ブルーザー・ブロディとか、当時ダラスにいたレスラーもけっこう似てましたよね。

ザ・グレート・カブキ よく似てるの連れてきたよね。

――フリッツ・フォン・エリックもかなり似てるなって思いました。

ザ・グレート・カブキ フリッツの親父も似ていたけど、本物はもっと怖いよ(笑)。

――もっと怖い(笑)。

ザ・グレート・カブキ (お店に飾ってあるフリッツの写真を指差して)あの顔だもん(笑)。

――アメリカの関係者に『アイアンクロー』の感想を聞くと、NWA世界ヘビー級チャンピオンのハーリー・レイスとリック・フレアーは、見た目は似てるけど、映画では王者としての風格が感じられないっていう意見が多いらしいんですよ。

ザ・グレート・カブキ そうだろうね。レスラーが醸し出すムードっていうのは、長年リングに上がることで身につくものだから。レイスやフレアーなんかは、やっぱりそういうのを持っていたし、フリッツの親父なんか、見るからにすごいじゃない。あれは役者さんが真似できるものじゃない。

――それはフリッツと直に接したカブキさんだからこそ言えることですね。

ザ・グレート・カブキ あと映画と実物のフリッツでいちばんの違いは、実際のフリッツの親父はずっとタバコ吸ってるんだよ。もういっときもタバコを手放さないから。タバコ吸って短くなると、もう次のタバコを継ぎ足して吸い始めるから、タバコを切らすことがないの。もう一日中ずっと吸いっぱなし。

――そんなすごいチェーンスモーカーだったんですか(笑)。

ザ・グレート・カブキ だから映画でもずっとタバコを吸ってたら、もっとフリッツの親父に似てただろうね(笑)。フリッツの親父はいいプロモーターだったよ。ケビンたちのコーチをやるようになったら、俺のこともファミリー扱いしてくれてね。いろんな面でテイクケアしてくれたから。

ザ・グレート・カブキプロフィール

1948年9月8日、宮崎県出身。64年、日本プロレスに入門、同年10月宮城・石巻市での山本小鉄戦でデビューする。81年に遠征先のアメリカで『ザ・グレート・カブキ』として大ブレイク。83年ジャイアント馬場に呼び戻され凱旋帰国し、『毒霧』と『カブキ』は社会的ブームとなる。98年9月7日、IWAジャパンのリングで現役を引退。2002年10月に復帰、17年12月、後楽園ホールでの
『KABUKI THE FINAL』(プロレスリング・ノア)で正式引退。

映画『アイアンクロー』より
映画『アイアンクロー』より
© 2023 House Claw Rights LLC; Claw Film LLC; British Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.
映画『アイアンクロー』より
映画『アイアンクロー』より
© 2023 House Claw Rights LLC; Claw Film LLC; British Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.
映画『アイアンクロー』より
映画『アイアンクロー』より
© 2023 House Claw Rights LLC; Claw Film LLC; British Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING17:30更新

  1. SKE48荒井優希、人生初の“ビンタ”に気合!!久々のシングルマッチ決定に「自分のできることを全部出せたらベスト」
  2. SKE48荒井優希、山下実優選手とのシングルマッチ!試合に集中しメンバーの存在は「すっかり忘れていました」
  3. SKE48荒井優希、コロナ復帰後のタッグマッチを白星で飾る「体力が心配だった」
  4. 鈴木愛理、ノーバンならず…3年連続3回目「千葉ロッテ」始球式に登場
  5. ももクロ高城れに、甲子園で始球式に挑戦「ライブより緊張しました」
  6. 清原和博が野球人としてもっとも輝いていた時代を読む3~プロ野球死亡遊戯があえて“令和の夏”に書きたかった話(著/中溝康隆)
  7. 乃木坂46向井葉月さんがファンに愛される理由…セレモニアルピッチに挑戦
  8. SKE48荒井優希、宮本もか選手とのタッグで準決勝進出「この勢いで次の試合でも頑張りたい」
  9. SKE48荒井優希選手が辰巳リカ選手とのシングルマッチで大熱戦
  10. SKE48荒井優希、初対戦のアジャコングに“一斗缶攻撃”も食らい完敗
  1. 僕が見たかった青空による青春グラビア!『週刊少年マガジン』初登場
  2. 乃木坂46・矢久保美緒の「3期生さん全員ママ化計画」に最後の砦、岩本蓮加は「私には理解できない」と断固拒否!
  3. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  4. 乃木坂46五百城茉央の“添い寝姿”を収めた封入特典ポスターカット解禁
  5. 乃木坂46井上和&五百城茉央、鉄板の必殺技は「お腹いっぱい」も先輩・久保史緒里から「20歳になるまでやりなさい」という忠告でやめられない⁉
  6. ラフ×ラフ夏目涼風、雨の中 大好きな松田好花の写真集パネル展へ
  7. 乃木坂46井上和、“シンプル美”の極み…5期生写真集『あの頃、乃木坂にいた』より特別カット続々到着
  8. 乃木坂46矢久保美緒「心にいる人数は変わってない」4期の絆エピソードを明かす
  9. 櫻坂46大沼晶保「私の不徳の致すところです」突然の涙に一同爆笑
  10. 中村アンのパワーの源は「食べること、飲むこと、寝ること」TCKの新CM“東京ダービー篇”でダートを疾走