2024-05-12 17:00

“ミスヤングマガジン”山岡雅弥、初めてのグラビア映像作品に「表情管理の難しさを知りました(笑)」

インタビューに応じた山岡雅弥
インタビューに応じた山岡雅弥
この記事の画像(5枚)

「ミスマガジン2021」で「ミスヤングマガジン」を受賞、レスリングで培った美ボディーで一躍脚光を浴びた山岡雅弥(やまおか みやび)が、5月1日にイメージDVD「ナインティーン」(オーエムワン)を発売。都内でリリース記念イベントを開催し、その直前、インタビューに応じた。

鍛え上げられた健康美ボディーと迫力のIカップバスト…純真無垢なみずみずしい10代の全部を詰め込んだ鮮烈なファーストイメージ作品となった本作。子供っぽさと大人っぽさが交差する水着11シーンは、180分の大ボリュームの作品に仕上がった。

――ファーストDVD発売おめでとうございます! 出来上がりを手にしていかがですか?

山岡雅弥:ありがとうございます! できたんだ…って(笑)。もちろん撮ってはいたんですけど、形になっていなかったので“ほわ~ん”としていたのですが、一気に実感が湧いた感じですね。

――これまでスチール撮影は何度もされてきたと思いますが、グラビア映像作品は初めてということで、全然違った感じですか?

山岡雅弥:全然違いました。写真撮影だとちょっと力を抜く時もあるじゃないですか、撮っていない時とか。でもそれとはまた違って、ずっと気を張っていないといけないっていう、表情管理の難しさを知りました(笑)。

「ミスマガジン2021」で「ミスヤングマガジン」を受賞した山岡雅弥
「ミスマガジン2021」で「ミスヤングマガジン」を受賞した山岡雅弥

――撮影はいつ頃、どちらで?

山岡雅弥:昨年12月頃、沖縄で撮影しました。

――沖縄は何度も行かれた場所だと思いますが、今回の沖縄はいかがでしたか?

山岡雅弥:思ったよりは寒かったですけど、海はきれいでした。でもこの表紙の撮影の時は暖かかったです。2日間で気温がガラッと変わりました。

――今回の作品が「ナインティーン」というタイトルですが、どんなストーリーとなっていますか?

山岡雅弥:地元に帰って幼馴染と再会するちょっと恋愛風なストーリーで、今の19歳のそのままを撮ってもらった作品です。

――印象的なシーンをいくつかご紹介いただけますか?

山岡雅弥:ベッドで遊ぶシーンがあるんですよ、はいはいしたりして(笑)。初めてしたんですけど、すごく恥ずかしかったのが一番印象的でした(笑)。あとは、ワンピース水着の時のメイクが、いつもはしないメイクだったので、結構雰囲気もガラッと変わって、今までと違う姿が見られるんじゃないかなと思います。あとは“卒業ぶり”に制服を着ました。1年ちょっとぐらいです。まだ着られるんだ…みたいな(笑)。まだまだいける感じでしたね。

DVD「ナインティーン」リリースイベントを開催した山岡雅弥
DVD「ナインティーン」リリースイベントを開催した山岡雅弥

――ジャケット写真も山岡さんらしさあふれる姿が印象的ですね。

山岡雅弥:浜辺で遊ぶシーンで、なんか投げて遊んだり、走り回ったりしました。すごく楽しかったです。王道なシーンですね(笑)。

――スチール撮影との違いなど挙げていただきましたが、ほかに撮影で苦労されたことはありましたか?

山岡雅弥:雨のシーンがあったんですけど、そこがすっごく寒かったです(笑)。でも、雨とその冷たい水とか、いろいろなシチュエーションが合わさってできた映像が、すごく神秘的な映像になっています。

――はいはいのシーンというお話もありましたが、恥ずかしかったシーンなどいかがですか?

山岡雅弥:やっぱり甘い演技ですかね(笑)。普段こんな性格なので(笑)、あまり甘えた演技をするのがちょっと…(笑)。演技は頑張っていきたいと思います。

イメージDVD「ナインティーン」(オーエムワン)を発売した山岡雅弥
イメージDVD「ナインティーン」(オーエムワン)を発売した山岡雅弥

――「ミスマガジン2021」で「ミスヤングマガジン」を受賞して2年ほど経過しました。グラビア活動・芸能活動は順調ですね?

山岡雅弥:そうですね。徐々に栄養を取っていっているんじゃないかなと思います(笑)。勉強がどんどん楽しくなっています。

――これからやりたいこと・挑戦してみたいことなどありますか?

山岡雅弥:いろいろやってみたくて。タレント活動もしたいですし、グラビアも続けたいし、演技もやりたいし…って感じで、まとまっていないかもしれないですけど、ありすぎて(笑)。全部やってみたいです!

――そして山岡さんといえば、美大生にもなられたということで?

山岡雅弥:そうなんです!

――ミスマガの後にということですか? 元々そちらの方面に進むつもりだったのでしょうか?

山岡雅弥:元々はレスリングをしていたので、体育会系の大学に行こうと思っていたんですけど、途中で芸能界に入って、練習もハードにできなくなってきて…っていうので、やりたいことをやろうっていうことで美術の大学に進みました。元々絵は好きでした。

――芸能活動と学業の両立は大変ですか?

山岡雅弥:そんなにですね。元々ハードな動きが好きなので(笑)。

――今でもトレーニングは続けられているのでしょうか?

山岡雅弥:たまにやっていますね。水泳しに行ったり、筋トレしに行ったり、走ったり。でも、メインは犬の散歩ですかね(笑)。

――将来的には美術関係のお仕事も?

山岡雅弥:そういう気持ちもありますね。それをこの業界で活用できたらなっていうのもあります。

――今日はこの後イベントが控えています。普段ファンイベントのようなこともされているのでしょうか?

山岡雅弥:イベント自体ほぼ初めてです。めっちゃ緊張しています(笑)。昨日2時まで寝られなかったです。意外と緊張していたみたいです。

――イベント頑張ってください。本日はお忙しいところ、ありがとうございました!

イベント開催前に取材に応じた山岡雅弥
イベント開催前に取材に応じた山岡雅弥

ナインティーン/山岡雅弥 [DVD]
Amazonで購入

ナインティーン/山岡雅弥 [DVD]

山岡雅弥 大人色のIカップ 週刊現代デジタル写真集 Kindle版
Amazonで購入

山岡雅弥 大人色のIカップ 週刊現代デジタル写真集 Kindle版

FLASHデジタル写真集 山岡雅弥 トキメキはひとつ屋根の下で Kindle版
Amazonで購入

FLASHデジタル写真集 山岡雅弥 トキメキはひとつ屋根の下で Kindle版

山岡雅弥 彼女と暮らせば Part1 FRIDAYデジタル写真集 Kindle版
Amazonで購入

山岡雅弥 彼女と暮らせば Part1 FRIDAYデジタル写真集 Kindle版

漫画アクションデジタル写真集 山岡雅弥「最強の女」 Kindle版
Amazonで購入

漫画アクションデジタル写真集 山岡雅弥「最強の女」 Kindle版

山岡雅弥 胸いっぱいの愛カップ 週刊現代デジタル写真集 Kindle版
Amazonで購入

山岡雅弥 胸いっぱいの愛カップ 週刊現代デジタル写真集 Kindle版

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2024年6月号 BUBKA(ブブカ)2024年6月号 宮﨑想乃「たゆたう気持ち」 BUBKAデジタル写真集
石浜芽衣「おもかげ」 BUBKAデジタル写真集 西野夢菜 奥村梨穂
朝比奈みゆう 大槻りこ 麻倉瑞季

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 公式お兄ちゃんは忘れない‼バナナマンからの「卒業おめでとう」に乃木坂46・阪口は感謝のメッセージ
  2. 声優・青山なぎさ、ヘルシーな肩見せ姿…『週刊FLASH』アザーカット公開
  3. 乃木坂46阪口珠美、2023年は“ご縁”の年「人生で初めて歴史の勉強をしています」
  4. 乃木坂46・久保史緒里が推し球団・楽天の歴史的大敗で大荒れ!怒りの矛先は独走する若鷹軍団リスナーに!?
  5. 乃木坂46からの卒業を発表した阪口珠美の愛され力!1st写真集を後輩・小川彩は「表紙替えの写真集4パターンすべてを予約してくれた!」
  6. 小鳥遊そら(CRAYONS)、練習の成果を存分に発揮!清らかな歌声で2回目の定期公演を完遂
  7. 櫻坂46的野美青、フレッシュ&ビューティーなグラビアショット「普段とは少し違った私、どうでしたか?」
  8. バナナマン・日村勇紀のマイブームに設楽統は「長州力じゃん!」
  9. 櫻坂46山下瞳月、9thシングル『自業自得』センターに決定「三期生だからって甘えずに、櫻坂46の名に恥じないように」
  10. 渡邉美穂オリジナルブランド『No.25』第二弾発売記念グッズがオンラインで販売決定
  1. 超絶美少女系グラドルの波崎天結、男心をくすぐる小悪魔的“笑顔”と極上の肢体で魅せる
  2. 「COLOR’z」風愛ことり、現役アイドルが学園を舞台に熱演!V字衣装や泡ブラにも挑戦
  3. “令和のハイレグプリンセス”林田百加『鋭角姫』命名の秘密を明かす
  4. 林ゆめの日常を切り取ったデジタル写真集より新カット公開
  5. 五島列島が生んだ極上のスタイル!宇佐美彩乃、久々のグラビアDVDで魅せた艶っぽい表情
  6. 園都「“ザ・グラビア”的な感じ」妖艶な魅力漂うジャケ写をアピール
  7. “エロすぎるコスプレイヤー”水那しおね、看板に偽りのないハードグラビアの真骨頂
  8. 日向坂46松田好花、“フルーツ&フラワー”バスタイムに至福の表情
  9. コスプレーヤー&グラドルの二刀流・栗原もみじ、新人離れのグラビアシーンに興奮
  10. “令和のハイレグプリンセス”林田百加、さらに艶っぽくなった“鋭角姫”がカムバック