2024-07-05 00:00

日向坂46から生まれた「ひなた坂46」が初ライブ

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
この記事の画像(20枚)

7月3日、4日の2日間にわたって、パシフィコ横浜 国立大ホールで、ひなた坂46のライブが行われた。

ひなた坂46は、アイドルグループ・日向坂46が11thシングル「君はハニーデュー」から選抜制を導入したことにより、アンダーグループとして誕生した。この初ライブでは、すべてのメンバーが曲ごとにセンターを務めるなど、全員にスポットライトが当てられるとともに、日向坂46の新たな可能性も感じさせるライブになった。また、このパシフィコ横浜は、日向坂46の前身グループ・けやき坂46(通称ひらがなけやき)が初めてのツアーの初日を迎えた場所でもあり、くしくも同じ地で新たなスタートが切られる形となった。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

オープニングでは、明るく元気な日向坂46のイメージを覆す重低音とともにメンバーが登場。ひなた坂46の「座長」を務める髙橋未来虹の「ひらがなライブ、行くぞー!」という一声でライブがスタートした。一曲目は、いきなり日向坂46の楽曲の中でも最もダンスの難易度が高い「ってか」。このステージをもってグループから卒業する一期生の高本彩花が、クールにセンターを務めた。続いて、山口陽世がセンターに立っての「One choice」。グループの「アオリ番長」とも呼ばれる山口らしく、「行くぞー!」と豪快に叫んだ。そして「You’re in my way」へ。センターの平岡海月らが曲中のセリフをカッコよく決めるたびに、観客から歓声が湧いた。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

ここで最初のMC。髙橋が大量の汗をかきながら、「みなさんの声援も相まって、会場、熱くないですか?」と今日の盛り上がりを表現した。高本は、「ひらがなひなたを全力で盛り上げるために死ぬ気で頑張る」と宣言した上で、先ほど「One choice」でセンターを務めた山口のパフォーマンスに心打たれ、涙が出たと告白。山口も「魂込めましたよ、私も死ぬ気でやってますから!」と応えた。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

ここからは期別曲のブロック。グループ最年少の渡辺莉奈が「全員もっともっと盛り上がれんだろー!」と観客をアオり、竹内希来里が「弾けちゃえるジャンプ」を観客にレクチャーした上で、三期生曲「青春ポップコーン」をパフォーマンス。センターの石塚瑶季らメンバーが、弾けるポップコーンのようにジャンプするのに合わせ、観客も飛び上がって会場を揺らした。次はファンにも人気が高い二期生曲「世界にはThank you!が溢れている」。センターを務めた清水理央は、間奏で大きな白いフラッグを使った見事な演技を見せた。続いて高瀬愛奈の「おひさま(日向坂46ファンの総称)、行っくよー!」という掛け声から、一期生曲「どうする?どうする?どうする?」。最後は、竹内をセンターにして三期生曲「ゴーフルと君」をパフォーマンス。全員でタオルを振り回して、フェスのような空気を作り上げた。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

MCでは、今しがた披露した曲の裏話を紹介。実はセトリが組まれる前に、石塚が「青春ポップコーン」を歌う映像を森本茉莉に送ったことがあり、今回その石塚がセンターを務めることになって「瑶季のその(動画で見た)表情を見れたことが嬉しいです」と森本は語った。なお、MCで話す内容を森本が考えているとき、石塚が「このエピソードどうですかー!」と提案したそう。また、髙橋はレッスンで清水のダンスを見ていて、「日向坂46のパフォーマンスに欠かせなくなってくる」メンバーだと思ったという。最後は、仲良しの高本彩花と濱岸ひよりが、ふたりでいるときのノリで「やれんの?」と会場に呼びかけ、「やれるよー!」とファンが応えてMCを締めた。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

続いては懐かしのユニット曲のブロック。けやき坂46時代の楽曲「夏色のミュール」、「割れないシャボン玉」を四期生メンバーが中心になって披露した。次に森本茉莉と山口陽世が「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」を歌唱。通常は同期の上村ひなのがひとりで歌っている曲だが、舞台「幕が上がる」でW主演を務め、生年月日も同じという運命的なコンビが担当することになった。続く「男友達だから」を歌ったのは、一期生と二期生でありながらプライベートで沖縄旅行に行くほど仲の良い高本彩花と濱岸ひより。これで最後となるふたりでのパフォーマンスに、ともに涙を流しながら抱き合う姿を見せた。最後は髙橋未来虹が「わずかな光」を独唱。歌唱力に定評のある髙橋が、気持ちの入った歌声で会場を引き込んだ。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

再びMCに入ると、先程四期生たちと一緒に「割れないシャボン玉」をパフォーマンスした一期生の高瀬愛奈が、「私自身もすごい懐かしい気持ちになりました」と語った。この曲と「夏色のミュール」の衣装は、すべて発表当時のメンバーが着ていたもので、四期生たちは「ほんっとにかわいい」と興奮していた。

ここからは、アップテンポの「アゲ曲」が続く。髙橋未来虹のソロダンスから始まるダンストラックを挟んでから「My fans」。最年少ながらダンスに定評のある渡辺莉奈が、センターとして堂々たるパフォーマンスを見せた。続いてはバトルアニメを思わせるハイテンションな楽曲「Dash&Rush」。センターの森本茉莉が、間奏でダイナミックなソロダンスを見せる。次はソウル風のダンス曲「愛はこっちのものだ」。バレエ経験者の濱岸ひよりが、長い手足を存分にいかしてノリノリでセンターを務めた。そして小西夏菜実センターの「恋した魚は空を飛ぶ」。現在は二期生7人で歌っている曲だが、小西のスキのない表情と、12人での大迫力のパフォーマンスで会場を熱くした。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

ここでVTRが流れる。4月にこのひなた坂46ライブが発表された際、森本茉莉が涙ながらに語った「やってやるぞ!って気持ちで頑張ります」という言葉や、各メンバーのこのライブにかける気持ちが紹介される。そして髙橋未来虹が、全員を代表してステージ上でスピーチした。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

「本日はライブにお越しいただき、そして配信でご覧いたいだき、本当にありがとうございました。リハーサルから今日を迎えるまでの、忙しなくもあり、愛おしい日々がだんだん終わりに近づいているんだなぁと実感して、今は少し寂しさすら感じています。

今日は少しだけ、私のお話をさせてください。周りの人に、私に足りないものはなんだろうって訊いた時に、自信が足りないって言われることが多くありました。このライブでは、そんな自身のない自分から脱却したくて、これまで頑張ってきました。そして、そんなタイミングで、ひなた坂46のセンター、そして単独ライブの座長に選んでいただき、今の私にとっては、大きすぎる試練だなと思うと同時に、自分が何か変われる大きなきっかけでもあると確信しました。ファンのみなさんはもちろん、スタッフのみなさん、そしてメンバーのみんなに、たくさんたくさん支えていただいて、私は今日、自信を持ってステージに立つことができました。

今作、自分に与えられた役割をまっとうできたかは、たぶん、このライブが終わってから分かると思っています。でもひとつ、確かに言えるのは、ひなた坂46の初のセンターに立てて、すごく楽しかったなぁということです。このライブがひなた坂46の未来につながること、そして、ひなた坂46がさらに坂を上り続けていくことを、私は心から願っています。

これからも、どうぞ、日向坂46の応援をよろしくお願いします」

本編最後は、「錆つかない剣を持て!」。11thシングルに収録されたひなた坂46の楽曲で、彼女たちの新しい門出を応援するような一曲だ。センターを務める髙橋未来虹が、模造刀を使って高度な殺陣を披露したのに続き、中華風の衣装に身を包んだメンバーたちが本気のパフォーマンスを披露した。サビでは、メンバーの歌唱に合わせて「Hey!」という大コールが起きていた。

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」Day2セットリストあ

M1 ってか
M2 One choice
M3 You’re in my way
M4 青春ポップコーン
M5 世界にはThank you!が溢れている
M6 どうする?どうする?どうする?
M7 ゴーフルと君
M8 夏色のミュール
M9 割れないシャボン玉
M10 一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない
M11 男友達だから
M12 わずかな光
M13 My fans
M14 Dash&Rush
M15 愛はこっちのものだ
M16 恋した魚は空を飛ぶ
M17 錆つかない剣を持て!

EN1 おいで夏の境界線
EN2 Footsteps
EN3 永遠の白線
EN4 JOYFUL LOVE

日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
日向坂46「11th Single ひなた坂46 LIVE」より
撮影=上山陽介

日向坂46×ラジオ特集:BRODY (ブロディ) 2024年8月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(ポストカード特典:日向坂46・松田好花)
HMV&BOOKS onlineで購入(ポストカード特典:日向坂46・山下葉留花)
セブンネットショッピングで購入(ポストカード特典:僕が見たかった青空・安納蒼衣 1枚付き)
セブンネットショッピングで購入

日向坂46×ラジオ特集:BRODY (ブロディ) 2024年8月号

日向坂46 高本彩花1st写真集『僕の記憶の中で』
Amazonで購入

日向坂46 高本彩花1st写真集『僕の記憶の中で』

H46MODE vol.1 日向坂 46 デビュー5周年記念公式 BOOK 単行本(ソフトカバー)
Amazonで購入

H46MODE vol.1 日向坂 46 デビュー5周年記念公式 BOOK 単行本

日向坂46加藤史帆表紙:BRODY (ブロディ) 2024年6月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(ポストカード特典・日向坂46加藤史帆)
HMV&BOOKS onlineで購入(ポストカード特典・日向坂46小西夏菜実)

日向坂46加藤史帆表紙:BRODY (ブロディ) 2024年6月号

【日向坂46 松田好花 1st写真集 振り向いて】
Amazonで購入

日向坂46 松田好花 1st写真集 振り向いて

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING17:30更新

  1. 齋藤飛鳥「普通にお断りしました」、『【推しの子】』知られざるエピソード
  2. 篠原涼子、17年ぶりの受賞に「本当に光栄…ジェリーにも負けないぐらいの年の重ね方を」
  3. 乃木坂46・弓木奈於が『ラヴィット!』全曜日出演記念のキレ顔Tシャツを普通に着ているのが面白すぎ!
  4. 乃木坂46・池田瑛紗が「神ジューデンガール」に大変身!初の単独CMに「ビジュアルがやばい!」の声が続出!!
  5. 三代目JSB・ELLY「ダイヤモンドの歯を製作しています」音楽フェスに意欲
  6. 櫻坂46藤吉夏鈴、“とある休日”をテーマにしたグラビアショット
  7. 白石麻衣「ジュエリーは生活する上で体の一部といっていいくらい常に身に付けている」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門に選出
  8. 橋本環奈「ジェリーに似合う女性になれたら」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞20代部門に選出
  9. 渡辺直美、3億円のリングに絶句「ちょっと手の震えが止まりません」
  10. 乃木坂46弓木奈於「ボム8月号」表紙を飾る
  1. 齋藤飛鳥「普通にお断りしました」、『【推しの子】』知られざるエピソード
  2. 篠原涼子、17年ぶりの受賞に「本当に光栄…ジェリーにも負けないぐらいの年の重ね方を」
  3. 乃木坂46・弓木奈於が『ラヴィット!』全曜日出演記念のキレ顔Tシャツを普通に着ているのが面白すぎ!
  4. 乃木坂46・池田瑛紗が「神ジューデンガール」に大変身!初の単独CMに「ビジュアルがやばい!」の声が続出!!
  5. 三代目JSB・ELLY「ダイヤモンドの歯を製作しています」音楽フェスに意欲
  6. 櫻坂46藤吉夏鈴、“とある休日”をテーマにしたグラビアショット
  7. 白石麻衣「ジュエリーは生活する上で体の一部といっていいくらい常に身に付けている」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門に選出
  8. 橋本環奈「ジェリーに似合う女性になれたら」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞20代部門に選出
  9. 渡辺直美、3億円のリングに絶句「ちょっと手の震えが止まりません」
  10. 乃木坂46弓木奈於「ボム8月号」表紙を飾る