2024-07-10 19:00

「オースティン」は「蒼彗天」!?横浜DeNAベイスターズの限定ユニフォームが斬新!オリックスもBクラス低“迷”期時代のユニフォームが凄かった!!

横浜DeNAベイスターズ公式YouTubeチャンネルより
横浜DeNAベイスターズ公式YouTubeチャンネルより

9日(火)、横浜スタジアムで行われた「横浜DeNAベイスターズ×中日ドラゴンズ」戦は、延長11回に横浜のタイラー・オースティン選手がサヨナラホームランを放ち、劇的な幕切れとなった。試合後、ホームランを打ったオースティン選手の名前に加え「蒼彗天」という見慣れぬ単語がSNS上に散見された。この試合、終盤の劇的な展開に加え、試合開始から選手たちのユニフォームにも注目が集まっていた。

7月9日~7月11日の「DeNA×中日」の3連戦で、横浜の選手はスペシャルユニフォームを着用することがアナウンスされていた。「YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2024 Suppoted by 横浜銀行」の一環として作られたユニフォームは、横浜市の花である「薔薇」とチームカラーの「青」をテーマにした“和テイスト”となっており、青薔薇の花言葉である「奇跡」「夢がかなう」という意味が込められている。

選手の胸や帽子に書かれている「横浜」には、旧字体を用いた「横濱」の二文字が記されており、文字の間には青薔薇のイラストがプリントされている。また、ユニフォーム全体には江戸時代の絵師・葛飾北斎が描いた横浜港付近がモデルと言われる作品『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』を題材とした波模様があしらわれている。

選手名の表記も“和テイスト”となっており、本来のアルファベットから漢字に。外国人選手の名前も漢字で書かれており、前述の「蒼彗天」は「オースティン」を漢字で当て字したもの。音の響きや応援歌の「蒼く光る彗星」から「蒼彗天」という名前が与えられた。他にも、7回に登板したローワン・ウィック選手が「狼湾」、育成選手として2019年の来日後、5年間の下積みを経て、支配下登録を勝ち取ったジョフレック・ディアス選手には、「泥臭く生きてきた、そして愛されるように」という理由から「泥愛州」の文字が与えられたことが、球団公式Xで明らかになっている。

斬新なデザインが注目された「横濱」ユニフォーム。しかし、歴史を振り返ると、パ・リーグ球団は特に、これまで多くの斬新なユニフォームを生み出してきており、その中でも“迷作“とでも呼ぶべきものも多数存在している。

記憶に新しい2023年には、日本ハムの新庄剛志監督がプロデュースした襟付きユニフォームが話題になった。闘争心をイメージした赤色と締め色の黒色のカラーリングで、胸元全体には大きく金のVがあしらわれた、ド派手なユニフォームが作られた。

また、筆者が応援している球団で、奇抜なユニフォームの先駆者といっても過言ではない、オリックスバファローズも忘れてはいけない。2015年の「地球柄ユニフォーム」や、女性ファン向けとして考えられた「チェック柄ユニフォーム」、大阪のおばちゃんをイメージして作られた「ヒョウ柄ユニフォーム」などが有名だ。球団公式動画で、オリックスの選手がユニフォームの人気アンケート中に「斬新」と連呼するほどで、ファンからは「チェック柄はパジャマみたい……」や「地球柄の次は宇宙柄だったよな」と、Bクラス低“迷”期時代のユニフォームがイジらている。

限定ユニフォームでの初戦を勝ち取った横浜DeNAベイスターズ。残り2試合も連勝し、良い思い出の詰まったユニフォームとして、ファンの記憶に残ってほしい。

・関連記事
【野球コラム】プロ野球死亡遊戯「1991年の金田ロッテ編」

【野球コラム】プロ野球死亡遊戯「1958年の加藤近鉄編」

【野球コラム】プロ野球死亡遊戯「1979年の広岡ヤクルト編」

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 日向坂46・藤嶌果歩が地元北海道で初『キュン』始球式!今季絶好調の日本ハムファイターズの田宮裕涼選手も「ヒ」ポーズで応援!!
  2. SKE48荒井優希&山下実優組がアジャコング&宮本もか組に勝利!!リング上ではSKE48のミニライブも
  3. SKE48荒井優希、人生初の“ビンタ”に気合!!久々のシングルマッチ決定に「自分のできることを全部出せたらベスト」
  4. SKE48荒井優希、山下実優選手とのシングルマッチ!試合に集中しメンバーの存在は「すっかり忘れていました」
  5. SKE48荒井優希選手、“サソリ固め”を初公開も
  6. プロレスラー・リッキーフジ、ロックンロールなプロレス人生・激動だったFMW時代を語る
  7. SKE48荒井優希、赤井沙希とのタッグで勝利!プリンセスタッグ選手権ベルトに挑戦
  8. SKE48荒井優希、コロナ復帰後のタッグマッチを白星で飾る「体力が心配だった」
  9. SKE48荒井優希、初対戦のアジャコングに“一斗缶攻撃”も食らい完敗
  10. SKE48荒井優希、宮本もか選手とのタッグで準決勝進出「この勢いで次の試合でも頑張りたい」
  1. 乃木坂46阪口珠美&清宮レイ卒業セレモニー開催「忘れないでいてくれたらうれしいです」
  2. 櫻坂46増本綺良のはしゃいだ後の“自業自得”な展開に土田晃之が大笑い
  3. 乃木坂46の中西アルノが、7作ぶりの選抜復帰!発表直後のブログで語ったセンター・井上和への1年越しの思い
  4. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  5. 乃木坂46梅澤美波の“乙女心”に設楽統がまさかの共感「俺も教えたくない」
  6. 齋藤飛鳥「普通にお断りしました」、『【推しの子】』知られざるエピソード
  7. 日向坂46河田陽菜、下駄が破れて「なんくるないさ~」独特の告白シチュエーションに一同爆笑
  8. 乃木坂46井上和、36thシングルセンターに決定「あの時よりももっとしっかり覚悟を持って」
  9. 白石麻衣「ジュエリーは生活する上で体の一部といっていいくらい常に身に付けている」第35回日本ジュエリーベストドレッサー賞30代部門に選出
  10. 乃木坂46・池田瑛紗が「神ジューデンガール」に大変身!初の単独CMに「ビジュアルがやばい!」の声が続出!!