2022-04-04 20:15

後藤まりこ「この歌詞をエビ中ちゃんに歌ってもらえてよかった」<私立恵比寿中学の音楽のすべて>

『響』を手がけた後藤まりこ氏
『響』を手がけた後藤まりこ氏

私立恵比寿中学のあの名曲は、どのように誕生したのか? 不安定な歌唱力を自称していたエビ中は、なぜ実力派ボーカリスト集団に成長したのか? 作詞・作曲・編曲家陣に話をきくことで、その正体を言語化する当連載。今回は、『キラキラキラネス』、6人のエビ中にとって出発の曲となった『響』を手がけた、後藤まりこに話を訊いた。

シンクロした熱量で生まれた『響』

――後藤さんが最初にエビ中の楽曲を手がけたのは、作詞作曲をしている『キラキラネスキラネス』(2015年リリースの9thシングル『スーパーヒーロー』の初回生産限定盤Bに収録)ですが、どういった経緯で手がけることになったんでしょうか?

後藤まりこ SONYに井上泰斗っていう人がいるんですけど、泰斗は僕がソロのときの担当やったんですよ。で、エビ中も担当してるっていうのを知ってて。ほんで、『キラキラネスキラネス』は僕が打ち込みを始めたときの曲なんですよね、確か。そのときに曲ができて、泰斗に聴かせたんやと思います。それで、使ってもらえる感じになりました。

――じゃあ、そのときはエビ中に提供する曲というわけではなかった?

後藤まりこ いや、一応エビ中にっていうことで聴かしたつもりでした。

――『キラキラネスキラネス』は、もともとはどういうイメージで書かれた楽曲だったんでしょうか?

後藤まりこ あの曲はアレンジがオオルタイチくんなんですけど、僕のデモの段階ではああいう感じの音作りではなくて、もっとキラキラソングやったんですよ。オオルタイチくんはちょっと音数が少ない感じに、シンプルでいい感じにアレンジしてくれてるんすけど、僕はもっと打ち込み特有の音を残して、キラキラ~って感じに作ってました。オオルタイチくんがアレンジした完成形を無視して、自分の音源のイメージだけで話すと、自分で作った曲だけど、自分でやるにはあまりにもアイドルっぽすぎたんです。だから、「エビ中ちゃんにどう?」っていう、めちゃくちゃ単純というか、めちゃくちゃ不躾な感じであれしてあれして……なんも考えてないっす(笑)。

――なるほど(笑)。とはいえ、『キラキラネスキラネス』は、後藤さんが初めてエビ中に提供した楽曲になります。

後藤まりこ でも、すごい失礼な話かも知れないですけど、エビ中ちゃんにとって『キラキラネスキラネス』はハズレ曲っていうか、なんか申し訳ないことをしたなっていうか(笑)。

――そんなことはないです(笑)。

後藤まりこ もうちょっと考えていい曲を作れば良かったなー、彼女たちのことをもうちょっと知りたかったなーっていうのは、今になって正直思いますね。

――でも、今年1月に開催されたメンバーの真山りかさんの生誕ソロライブでは、『キラキラネスキラネス』が1曲目に披露されているですよ。

後藤まりこ あら、うれしいっすね。へえ~。それは、めちゃくちゃうれしいっすね。ちょっと意外です。僕はでも、断然『響』(2018年リリースの12thシングル『でかどんでん』通常盤に収録)のほうが好きですね(笑)。

――後藤さんが作詞をした『響』は、エビ中が6人体制になって初めての楽曲で、6人で初めて行ったライブでも披露された楽曲でもあり、今もライブで歌われている楽曲です。

後藤まりこ 作曲がAxSxEくんなんですけど。あるときにAxSxEくんのデモを聴いて、もうこれは素晴らしい、歌詞を書かせろって僕がAxSxEくんに言いました。で、歌詞を書かせてもらって泰斗に聴かせました。そしたらもう、泰斗が本当にいい曲だって言ってくれて。泰斗に聴かせた時点で、僕の歌も入れてましたね。

「BUBKA5月号」コラムパック
「BUBKA5月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 「ノイミー」櫻井ももの歌から読み取る飽くなき探求心
  2. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  3. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  4. 乃木坂46山崎怜奈×新内眞衣 深夜3時のふたり…アイドルなのに! 乃木坂なのに! ザキだから! メールがラジオで全然読まれない…
  5. 吉田豪「what’s 豪ing on」Vol.5 崎山蒼志、愛情で磨かれた屈折率ゼロの才能
  6. 乃木坂46齋藤飛鳥&星野みなみ「断られると思うけど飛鳥と二人旅に行きたい!」
  7. Uインターの生き字引 鈴木健が語る 髙田延彦vs北尾光司戦の真実
  8. DABO「Platinum Tongue」かく語りき…Rの異常な愛情 番外編
  9. 【BUBKA2月号】R-指定「Rの異常な愛情」―或る男の日本語ラップについての妄想―DABOの革命前夜(前編) 時代に選ばれた男“ Mr.FUDATZKEE”
  10. 乃木坂46久保史緒里、“渡せない手紙”に込められた感謝の気持ち
  1. 卒業セレモニーから1年の節目に影山優佳がセクシーショットを公開!
  2. 乃木坂46、5年ぶりドームツアー『真夏の全国ツアー2024』開幕!井上和「これから夏が始まる」
  3. ExWHYZ・mikina、“顔面国宝”との呼び声に恐縮も「気を使うようにはなりました、期待に応えなきゃと」
  4. ExWHYZ・mikina「一切妥協しないと決めて作った写真集」は120点の出来映え
  5. AKB48 17期生昇格記念LIVE開催!佐藤綺星「いつも皆さんが支えてくださっているからこそ」
  6. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  7. 日向坂46山口陽世&平尾帆夏「とっとりふるさと大使」に就任『世界にもいっぱい発信していきたい』
  8. 日向坂46上村ひなのソロ写真集よりキラキラした笑顔が印象的な封入特典ポストカード絵柄1種公開
  9. 「ノイミー」櫻井ももの歌から読み取る飽くなき探求心
  10. 清宮レイ最後の配信出演!乃木坂46最後の夏を賀喜遥香ら同期と一緒に甚平姿で満喫