2022-05-04 18:10

元ジュディマリTAKUYAがエビ中楽曲「ハイタテキ!」に込めた思い<私立恵比寿中学の音楽のすべて>

元JUDY AND MARYのギタリストTAKUYAがエビ中について語る
元JUDY AND MARYのギタリストTAKUYAがエビ中について語る
写真提供:BARKS

私立恵比寿中学のあの名曲は、どのように誕生したのか? 不安定な歌唱力を自称していたエビ中は、なぜ実力派ボーカリスト集団に成長したのか? 作詞・作曲・編曲家陣に話を聞くことで、その正体を言語化する当連載。今回は、元JUDY AND MARYのギタリストであり、『ハイタテキ!』『紅の詩』を手がけたTAKUYAに語ってもらった。

最大の発明〈惚れたっ!〉

――TAKUYAさんが最初に手がけられたのは『ハイタテキ!』(2014年11月リリースの7thシングル)ですが、携わるきっかけとしては?

TAKUYA 当時のソニーのエビ中担当者がジュディマリファンで、僕と仕事したかったらしくて。それで依頼がきて、「ジュディマリみたいな曲、お願いします! すごいのお願いします!」みたいな。そんな依頼があって(笑)。

――私立恵比寿中学というグループは?

TAKUYA 名前ぐらいは聞いたことがあったかもしれない。だから、依頼があってから過去の曲をYouTubeで観たりして、“永遠に中学生”というコンセプトで、全部ヘタクソなことが売りだみたいなことを知っていって。

――「不安定な歌唱力とキレのないダンス」がコンセプトでした。

TAKUYA そうそう。だから、正統派アイドルじゃないんだなっていうのだけはわかった(笑)。ちょっとウケを狙うというか、ギャグ優先というか。(松田)聖子ちゃんではないんだなっていう。

――『ハイタテキ!』というタイトルが、まずは個性的です。

TAKUYA 歯医者に行ったんですよ。で、治療を受けてるときに「『ハイタテキ!』っていいなあ」と思って。“歯が痛い”と“排他的”がかかってて、「これは『ハイタテキ!』だな!」と思って曲を作っていって。自分の曲では珍しいけど、タイトル先行なんです。我ながら、名作だなと思ってますね。特に『ハイタテキ!』における最大の発明は、〈惚れたっ!〉かな(笑)。

「BUBKA6月号」コラムパック
「BUBKA6月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  2. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  3. Uインターの生き字引 鈴木健が語る 髙田延彦vs北尾光司戦の真実
  4. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  5. DABO「Platinum Tongue」かく語りき…Rの異常な愛情 番外編
  6. 乃木坂46、3期生の絆「今が一番の思い出」過去から現在そして未来へ
  7. 「ノイミー」櫻井ももの歌から読み取る飽くなき探求心
  8. 後藤まりこ「この歌詞をエビ中ちゃんに歌ってもらえてよかった」<私立恵比寿中学の音楽のすべて>
  9. なんてったってキヨハラ第20回「最後の対決」
  10. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  1. 乃木坂46冨里奈央、清涼感あふれる制服姿のグラビアショット
  2. 乃木坂46筒井あやめ、“美しさ”際立つグラビアショット
  3. 乃木坂46『チートデイ』ライブ初披露映像 期間限定公開
  4. 日向坂46・金村美玖が参加した、『音楽の日』坂道コラボのオフショットが公開!番組の企画で芽生えた金村の想いとは?
  5. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学
  6. 吉田豪×宮田愛萌目標は◯◯!「欲しいものは全部欲しい」宮田愛萌が『豪の部屋』で愛情ダダ漏れ読書トーク!宮田さんは出版界の味方です
  7. 乃木坂46・弓木奈於のワードセンスに佐久間宣行が「嫌いにならないですけど、怖いです」と困惑!?
  8. 櫻坂46森田ひかる、漫画を読んでゴロゴロ…リアルな生活を間近で感じるグラビアショット
  9. プロ野球選手のファッションに注目が集まった「ブルーカーペットショー」!MLBの「レッドカーペットショー」では、大谷翔平と佐々木久美が“大接近”
  10. 乃木坂46松尾美佑、暴走する中西アルノを強引に“ねじ伏せる” 異様な光景にバナナマン爆笑