2022-12-04 06:15

クリープハイプ尾崎世界観、「生きづらさ」ゆえに感じる「生きやすさ」…吉田豪による新連載スタート

「BUBKA1月号」吉田豪による新連載、初回ゲストはクリープハイプ・尾崎世界観
「BUBKA1月号」吉田豪による新連載、初回ゲストはクリープハイプ・尾崎世界観
撮影/河西遼

プロインタビュアー・吉田豪による新連載が始動! 今回のテーマは「吉田豪とミュージシャン」。初回のゲストはクリープハイプの尾崎世界観。音楽だけでなく文学の世界でも活躍する彼の、創作活動の原動力についてじっくりと話を聞いてみました。

「居場所がない」

――尾崎さんは水道橋博士の『メルマ旬報』に執筆したりと近い世界にいるのに接点がなかったので、1回ちゃんと話してみたくて連載初回のゲストに呼ばせていただきました。

尾崎世界観 そういうことだったんですね。ありがとうございます、うれしいです。

――サブカルな若手がなかなか出てこないってずっと言われてるんですけど、なぜかミュージシャンにはそういう枠の人がいると思ってて。たぶん尾崎さんもそっち側ですよね。

尾崎世界観 どちらかというとそうですね。

――これはなぜかと思ったら、ボクが考えるサブカルの直訳は自意識過剰なんですよ。

尾崎世界観 なるほど!

――考えなくていいことを考えすぎちゃうタイプという意味ではミュージシャンにそういう枠の人が多いんだろうなと思うんですね。

尾崎世界観 そうですね。でも最近は芸人さんにも増えてきましたよね。そういう意味では、逆にミュージシャンがそこまで……。

――考えてない(笑)。30代、40代くらいのミュージシャンに多いぐらいですかね?

尾崎世界観 最後かもしれないです。あとは若干そこに影響を受けてる若いミュージシャンはいるかもしれないですけど。ちゃんと影響も受けつつ、自分でももともとそうだったという人は、30代半ばくらいが最後かもしれない。

――バンドってたいへんじゃないですか。

尾崎世界観 たいへんですね……。でもメンバーのほうがたいへんだと思います(笑)。クリープハイプってワンマンバンドに見られがちで、それもそれでけっこうたいへんなんですよね。ワンマンバンドでいるためにめちゃくちゃ努力をしている。周りから「自由にやってるんでしょ」ってよく言われるんですけど、そのワンマンバンドに見える形を作るまでの過程がけっこう面倒くさくて。自分なりに気を遣っています。そういうバンドが好きだったんですよね。銀杏BOYZとかエレカシとか。

――子供の頃からいろいろ考えすぎちゃうタイプだったとは、いつも言ってますよね。

尾崎世界観 そうですね。でも、バンドを始めてからよりそうなりました。自分のことを好きでいてもらわなければ成立しないという感覚だったので。まず曲を作って、その曲を演奏してもらわなければいけない。自分は曲を作ってるし、それを自由に歌ってるから、まだ理屈では理解できるんですよ、自分がやってる表現として。ただバンドメンバーは人が作った曲を演奏して、そこに賭けなければいけない。それが売れるという保証もないのに。ある種、お客様という感覚もあったんです。だからまず自分のことを気に入ってもらって。スタジオ代も均等に割るわけだから、まずそういう人がいてくれなければ始まらない。

――まずは身内に「こいつを応援して人生を懸けてみよう」と思わせなきゃいけない。

尾崎世界観 そうです。最初にバンドメンバーをファンにする。いまだにそれは抜けないです。MCで何を話すかも言わないし、やっぱりすごいなこの人と思わせたいので、お客さんと同じタイミングで「あぁ」ってメンバーを感動させたい。メンバーもかなり替わったので、うしろ向きな気持ちもやっぱりありましたね、いつかいなくなっちゃうんじゃないかという。だからメンバーに対して過剰に求めちゃうんですよ。自分のことをどれだけ見てくれてるかとか。ちょっとでもそれがうまくいかないと、もうダメだって勝手に考えすぎて。自分の悩みのほとんどがバンドメンバーとの関係にありましたね。あと、サブカルの話ができる人がほとんどいなくなりました。新井英樹さんの漫画とか魚喃キリコさんの漫画の話ができる、そういうバンドマンがいなくなっちゃいましたね。

「BUBKA1月号」コラムパック

Amazon Kindle

楽天Kobo

Apple Books

紀伊國屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING11:30更新

  1. 「ノイミー」櫻井ももの歌から読み取る飽くなき探求心
  2. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  3. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  4. 乃木坂46山崎怜奈×新内眞衣 深夜3時のふたり…アイドルなのに! 乃木坂なのに! ザキだから! メールがラジオで全然読まれない…
  5. 吉田豪「what’s 豪ing on」Vol.5 崎山蒼志、愛情で磨かれた屈折率ゼロの才能
  6. DABO「Platinum Tongue」かく語りき…Rの異常な愛情 番外編
  7. Uインターの生き字引 鈴木健が語る 髙田延彦vs北尾光司戦の真実
  8. 【BUBKA2月号】R-指定「Rの異常な愛情」―或る男の日本語ラップについての妄想―DABOの革命前夜(前編) 時代に選ばれた男“ Mr.FUDATZKEE”
  9. 「ノイミー」永田詩央里のブログが良すぎる件
  10. 音楽プロデューサー・石田ショーキチ「合唱ってすごく胸を打つんですよ。それで、合唱をやらせるしかないなと(笑)」
  1. 卒業セレモニーから1年の節目に影山優佳がセクシーショットを公開!
  2. 乃木坂46、5年ぶりドームツアー『真夏の全国ツアー2024』開幕!井上和「これから夏が始まる」
  3. ExWHYZ・mikina、“顔面国宝”との呼び声に恐縮も「気を使うようにはなりました、期待に応えなきゃと」
  4. ExWHYZ・mikina「一切妥協しないと決めて作った写真集」は120点の出来映え
  5. 日向坂46松田好花、写真集に自己採点も照れ笑い「普通に答えて許されないのかなって…」
  6. AKB48 17期生昇格記念LIVE開催!佐藤綺星「いつも皆さんが支えてくださっているからこそ」
  7. 櫻坂46谷口愛季が『週チャン』初登場!凛とした表情とキュートな笑顔から目が離せない!
  8. 「ノイミー」櫻井ももの歌から読み取る飽くなき探求心
  9. 日向坂46上村ひなのソロ写真集よりキラキラした笑顔が印象的な封入特典ポストカード絵柄1種公開
  10. 乃木坂46・36thシングル『チートデイ』の先行配信が開始!ライブで盛り上がること間違いなしの1曲は「カタカナ表題曲」!?