2023-05-01 20:00

RHYMESTER宇多丸のマブ論、はからずも…ローファイで軽快なナンバー、三連発!

RHYMESTER宇多丸のマブ論
RHYMESTER宇多丸のマブ論

近年のビッキビキなハイファイ・サウンドの興隆にいささか耳が疲れ気味ということなのか、今月はなぜだか、あえてローファイな音像にこだわった楽曲たちに、まずは際立った魅力を感じることが多かったです。

例えば、お馴染みNao☆(Negicco)の『悠久の星』はNagakumoプロデュースによるネオアコ調ナンバー、くぐもったサウンドと性急なまでのスピード感が、いきなり眩しく瑞々しい!

あるいは、サリー久保田と高波慶太郎が新たに組んだユニットWink Music Service、女優・タレントのアンジーひよりをゲストボーカルに迎えた『ローマでチャオ』は、言ってしまえば90年代ピチカート・イズムをド直球でアップデートしてみせたかの如きスーパーゴージャスなポップチューン……鉄壁の世界観に、当然ながら抵抗するのは難しい。

そして、ローファイなサウンドという点では当初から一貫したスタイルを持つ桐生ちあり、関美彦提供の新曲『シモキタブルース』のフォーキーかつファンキーなテイストもまた、新鮮!

一方、近作において言わば「K-POP時代対応」路線の最前線を走ってきたAMEFURASSHIのニューシングル『Batabata Morning』も、これまでのひたすらハードでクールなパッケージングからはややシフトを変えた、ポップでキュートなテイストの一曲。やっぱクオリティ、高っ!

グローバルスタンダードなクオリティという意味では目下こちらも頭ひとつ抜けているExWHYZのセカンドアルバム『xANADU』、Shin Sakiura の『DIVE』、Shingo Suzuki(Oval)の『Darlimg』あたりと迷い抜きつつ、ここでは、やはりK-POP本国のセンスが光るMooF [153/Joombas]の『Walk this way』をチョイスさせていただきます。

昨年5月号欄外で触れたFarewell,My L.U.Vの『STELLA』、改めてゲストにMIC RAW RUGAを迎えLIL’OGIがリミックスした『Extended Dance Remix』もカッコ良かったですが、当連載としてはどうしても、抑えたストリングス使いもたまらないド渋なブギー『Boogie A Little Bit Closer Remix』を選ばないわけにはゆきません……!

――記事の続きは発売中の「BUBKA6月号」で

宇多丸|ヒップホップ・グループ「ライムスター」のラッパー。放送業界の最高栄誉「ギャラクシー賞」を受賞するなど、メディアでの活躍もめざましい。

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年6月号 [雑誌] Kindle版
Amazonで購入

BUBKA(ブブカ) コラムパック 2023年6月号 [雑誌] Kindle版

Amazon Kindle
楽天Kobo
Apple Books
紀伊國屋Kinoppy
BOOK☆WALKER
honto
セブンネットショッピング
DMM
ebookjapan
ブックパス
Reader Store
COCORO BOOKS
コミックシーモア
ブックライブ
dブック
ヨドバシ.com

櫻坂46三期生表紙:BUBKA (ブブカ) 2023年 6月号
Amazonで購入
HMV&BOOKS onlineで購入(特典ポストカード・石森璃花/遠藤理子/小田倉麗奈/小島凪紗/谷口愛季)
セブンネットショッピングで購入(特典ポストカード・中嶋優月/的野美青/向井純葉/村井優/村山美羽/山下瞳月)

櫻坂46三期生表紙:BUBKA (ブブカ) 2023年 6月号

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2024年6月号 BUBKA(ブブカ)2024年6月号 宮﨑想乃「たゆたう気持ち」 BUBKAデジタル写真集
石浜芽衣「おもかげ」 BUBKAデジタル写真集 西野夢菜 奥村梨穂
朝比奈みゆう 大槻りこ 麻倉瑞季

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  2. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  3. Uインターの生き字引 鈴木健が語る 髙田延彦vs北尾光司戦の真実
  4. 船木誠勝「ガチンコでやれば八百長って言われなくなる 単純にそう思ってましたね」【UWF】
  5. DABO「Platinum Tongue」かく語りき…Rの異常な愛情 番外編
  6. 乃木坂46、3期生の絆「今が一番の思い出」過去から現在そして未来へ
  7. 「ノイミー」櫻井ももの歌から読み取る飽くなき探求心
  8. 後藤まりこ「この歌詞をエビ中ちゃんに歌ってもらえてよかった」<私立恵比寿中学の音楽のすべて>
  9. なんてったってキヨハラ第20回「最後の対決」
  10. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  1. ミスコン出身グラドル浅海ゆづき、キックボクシングで磨き上げた芸術的なスタイル
  2. ベテラングラドルの真骨頂…小柳歩、リミッター越えのハードグラビア
  3. 熊本が生んだ清純系グラドル西本ヒカル、人懐っこい笑顔と24歳の艷やかな表情のギャップに興奮
  4. 雪村花鈴、フレッシュな笑顔がまぶしいグラビアショット
  5. 「ミスヤングチャンピオン2023」板野優花、グラドル界屈指のスレンダーボディーは芸術の域
  6. AKB48正鋳真優、早くも二度目のグラビアで登場!久保姫菜乃&八木愛月の対談も
  7. 乃木坂46冨里奈央、清涼感あふれる制服姿のグラビアショット
  8. 多摩美大卒の朝比奈祐未、“触れたら熱い”グラビアショット
  9. 身長170cm9頭身美女・相原ひかりがグラビアデビュー!ラウンドガールとしても話題に
  10. “トップオシリート”凛々奏、1年半ぶりのDVDで国宝級ヒップとセクシーさがパワーアップ