2023-04-30 23:30

AKB48、総勢61名の歴代“チーム8”メンバーが集結

「AKB48チーム8 春の総決算祭り 9年間のキセキ 昼の部」より
「AKB48チーム8 春の総決算祭り 9年間のキセキ 昼の部」より
ⒸAKB48
この記事の画像(14枚)

4月30日(日)、AKB48チーム8の活動休止前ラストコンサートとなる「AKB48チーム8春の総決算祭り9年間のキセキ 昼の部」「AKB48チーム8春の総決算祭り9年間のキセキ 夜の部」の2公演が開催された。

昼の部は、チーム8メンバー29名全員がいきなりステージに登場。一列に並びあいさつ&円陣で気合を入れ、チーム8初のオリジナル楽曲『47の素敵な街へ』をパフォーマンス。“ガチ恋口上”と呼ばれるファンの盛大なコールが鳴り響き、オープニングからチーム8らしいお祭り騒ぎとなった。

『蜂の巣ダンス』『好きだ 好きだ 好きだ』とチーム8の代表曲を続け、4月26日に発売されたばかりの61stシングル『どうしても君が好きだ』をチーム8ver.で披露。冒頭のMCでは、坂口渚沙が「オープニングでは、2014年4月6日にさいたまスーパーアリーナで、私たちチーム8が初めてファンの皆さんの前に立ってあいさつした時を再現してみました。あの時はあどけなくて頼りない感じだったんですけど、9年たった今日は集大成を見せられるように頑張ります!」と笑顔であいさつ。

本日をもってAKB48を卒業する濵咲友菜が、デビュー当時の髪形でコンサートに臨んでいることを明かすなど、おのおのがチーム8最後のコンサートに懸ける意気込みを語った。

続くパートでは東日本・西日本メンバーに分かれてパフォーマンス。本田仁美・小栗有以ら東日本メンバー15名はSKE48の『パレオはエメラルド』など3曲を、大西桃香・倉野尾成美ら西日本メンバー14名はNMB48の『ナギイチ』など3曲を披露。

MCの場面では、チーム8の冠番組でお世話になったドランクドラゴンの鈴木拓やOGメンバーの佐藤栞も駆けつけファンを楽しませた。

ユニットパートに突入すると、坂口・小栗・倉野尾の3名が『ウィンブルドンへ連れて行って』を可愛らしさ全開でパフォーマンス。本田・下尾みうら4名は『エンドロール』を憂いを帯びた表情で披露し、岡部麟・大西ら4名は『She’s gone』をしなやかなダンスで魅せた。

小田えりな・濵ら5名は『10クローネとパン』をミュージカルさながらのパフォーマンスで魅せ、世界観を見事に表現。チーム8オリジナル楽曲『ジタバタ』も披露するなど、バラエティー豊かなユニット曲を次々と披露し会場を盛り上げた。

中盤には、チーム8オリジナル楽曲『あいさつから始めよう』など3曲を全員で披露。チーム8恒例の名物コーナー「撮影可能タイム」も実施し、カメラを向けるファンに最高の笑顔で応えた。

続いて披露したのは、47人で活動していたチーム8に初めて選抜制が導入された楽曲『汚れている真実』。横山結衣・中野郁海らOGメンバーがサプライズで登場し、オリジナルメンバーでのパフォーマンスにファンからは大きな歓声が上がった。

さらに『一生の間に何人と出逢えるのだろう』では、OGメンバー32名がステージに登場。現役メンバーと合わせて総勢61名の歴代チーム8メンバーが集結すると、さらに熱い盛り上がりを見せた。

チーム8の初期にセンターを務めていた中野は「普段はテレビとかステージでAKB48を引っ張っているチーム8メンバーを見て元気をもらってたので、1ファンとして応援してたのに、こうやって最後にステージに呼んでいただいて、みんなと一緒にパフォーマンスする機会を得られて本当にうれしいし、温かい雰囲気で迎えてくれたメンバーも大好きです!」とコメント。

チーム8メンバーで初めて“お母さん”になったという山田菜々美は「こんなに非日常的な時間と景色を見せてくれたメンバーにはほんまに感謝やし、来るかも分からないのにうちわを持ってきてくれる温かいファンの人が懐かしいなと思ってすごく安心しました。これからの一人一人の活躍を楽しみにしてるから…! でもチーム8…ほんまに寂しい…子供産んだら涙腺が…」と目を潤ませながら激励の言葉を贈るなど、OGメンバーからも強いチーム8愛が伝わる温かい一幕となった。

終盤には、チーム8オリジナル楽曲『思春期のアドレナリン』『星空を君に』『西高東低』『生きることに熱狂を!』をエネルギー全開でパフォーマンス。最後は全員で『夢へのルート』を披露し本編を終えた。

アンコールが開けると、61stシングルにカップリング収録されているチーム8のオリジナル楽曲『サヨナラじゃない』をコンサート初披露。続く『恋する充電プリウス~恋するフォーチュンクッキー2~』では再びOGメンバーがステージに登場。

小田から“チーム8でずっと最年長”と紹介された太田奈緒は「やっぱりチーム8ってスタッフさんとかファンの皆さんに本当に愛されてるんだなって思ってすごく幸せだし、その一員として自分がいれて本当に良かったなって心から思います!すてきな時間をありがとうございました!」と感謝を伝え、OGメンバーはステージを後に。最後は現役メンバーによる『10年桜』で昼の部を締めくくった。

【BUBKA(ブブカ)2023年5月号増刊「AKB48 小栗有以ver.」 [雑誌] Kindle版】
Amazonで購入

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS

BUBKA(ブブカ)2024年6月号 BUBKA(ブブカ)2024年6月号 宮﨑想乃「たゆたう気持ち」 BUBKAデジタル写真集
石浜芽衣「おもかげ」 BUBKAデジタル写真集 西野夢菜 奥村梨穂
朝比奈みゆう 大槻りこ 麻倉瑞季

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 乃木坂46冨里奈央、清涼感あふれる制服姿のグラビアショット
  2. 乃木坂46筒井あやめ、“美しさ”際立つグラビアショット
  3. 乃木坂46『チートデイ』ライブ初披露映像 期間限定公開
  4. 日向坂46・金村美玖が参加した、『音楽の日』坂道コラボのオフショットが公開!番組の企画で芽生えた金村の想いとは?
  5. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学
  6. 吉田豪×宮田愛萌目標は◯◯!「欲しいものは全部欲しい」宮田愛萌が『豪の部屋』で愛情ダダ漏れ読書トーク!宮田さんは出版界の味方です
  7. 乃木坂46・弓木奈於のワードセンスに佐久間宣行が「嫌いにならないですけど、怖いです」と困惑!?
  8. 櫻坂46森田ひかる、漫画を読んでゴロゴロ…リアルな生活を間近で感じるグラビアショット
  9. プロ野球選手のファッションに注目が集まった「ブルーカーペットショー」!MLBの「レッドカーペットショー」では、大谷翔平と佐々木久美が“大接近”
  10. 乃木坂46松尾美佑、暴走する中西アルノを強引に“ねじ伏せる” 異様な光景にバナナマン爆笑
  1. ミスコン出身グラドル浅海ゆづき、キックボクシングで磨き上げた芸術的なスタイル
  2. ベテラングラドルの真骨頂…小柳歩、リミッター越えのハードグラビア
  3. 熊本が生んだ清純系グラドル西本ヒカル、人懐っこい笑顔と24歳の艷やかな表情のギャップに興奮
  4. 雪村花鈴、フレッシュな笑顔がまぶしいグラビアショット
  5. 「ミスヤングチャンピオン2023」板野優花、グラドル界屈指のスレンダーボディーは芸術の域
  6. AKB48正鋳真優、早くも二度目のグラビアで登場!久保姫菜乃&八木愛月の対談も
  7. 乃木坂46冨里奈央、清涼感あふれる制服姿のグラビアショット
  8. 多摩美大卒の朝比奈祐未、“触れたら熱い”グラビアショット
  9. 身長170cm9頭身美女・相原ひかりがグラビアデビュー!ラウンドガールとしても話題に
  10. “トップオシリート”凛々奏、1年半ぶりのDVDで国宝級ヒップとセクシーさがパワーアップ