2021-10-30 11:00

日向坂46高本彩花×濱岸ひより、アイドルらしさとモデルらしさを併せ持つ二人が放つ輝き【BUBKA12月号】

10月29日に発売された「BUBKA12月号」に、日向坂46の高本彩花と濱岸ひよりが登場。本記事では、誌面に掲載されたインタビューを抜粋、その一部を紹介する。

「BUBKA12月号」に登場した日向坂46濱岸ひよりと高本彩花
「BUBKA12月号」に登場した日向坂46濱岸ひよりと高本彩花
撮影/幸田昌之

――波長が合う関係性だそうですが、仲良くなったきっかけは?

高本 舞台『あゆみ』でいろいろな役をやったなかで、親子のペアになったときがあって。たしか、私がお母さんだったかな……?

濱岸 あんまり覚えてないんです(笑)。

高本 ふたりで絡みがあるシーンのリハからお互いツボに入っちゃって、「絶対に笑わないようにしよう」って会話するうちに、どんどん仲良くなりました。

濱岸 あや姉さんとはプライベートで本当に仲が良くて、めちゃくちゃ尊敬してるけど、友だちみたいな関係です。

――友だちのような関係性になったのはいつからですか?

濱岸 もともと、買い物をしたいときにあや姉さんを誘うことが多くて。ファッションやメイクに詳しくて、どこにどんな物があるか知ってるので、一緒に行くと不安がないんです。専属モデルに決まったときも、色々とアドバイスをしてもらいました。

高本 去年くらいからお泊まりをよくするようになりました。ご時世的に外食が難しいから私の家に来てもらって、おうちでご飯を食べて、のんびり過ごして……って流れで、「帰らないで~」って言って泊まってもらうことが多いです。ひよたんは「時計の針があそこまで行ったら帰ります」ってすぐ帰ろうとするんですよ。

濱岸 長い時間居座っちゃうことが多いから、さすがに申し訳なくなって。「じつは早く帰ってほしい」って思われてたらどうしようって思うんです。

高本 じゃあ、本当に帰りたかったわけじゃない?

濱岸 違います! 私も誰かと一緒にいたい人なので。

【電子版のご購入はこちら】

「BUBKA12月号」表紙は日向坂46上村ひなの、髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世
「BUBKA12月号」表紙は日向坂46上村ひなの、髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世

Amazon

楽天Kobo

Apple Books(Mac または iOS デバイスのみ)

Google Play

紀伊国屋Kinoppy

BOOK☆WALKER

honto

セブンネットショッピング

DMM

ebookjapan

ブックパス

Reader Store

COCORO BOOKS

コミックシーモア

ブックライブ

dブック

ヨドバシ.com

その他、電子書籍サイトにて配信!

Twitterでシェア

関連記事

MAGAZINE&BOOKS
BUBKA(ブブカ)2022年1月号増刊「=LOVE 野口衣織ver.」 ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021 -良い施設に白髪は宿る- 証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~
吉田豪の部屋の本 vol.1 -@猫舌SHOWROOM- 玉袋筋太郎のプロレスラーと飲ろうぜ Rの異常な愛情(R-指定)
原辰徳に憧れて