2021-12-05 06:00

【BUBKA1月号】R-指定「Rの異常な愛情」―或る男の日本語ラップについての妄想―番外編

入場曲は椎名林檎

――そんな中、12月9日にはついに「Rの異常な愛情」が有観客で行われる運びとなりました。

R-指定 いや~、おまたせしました。

――前号ではこの号からDABO編を始めると話していたんですが、イベントでじっくり語って頂けることになりましたのでご期待下さい。なので今回はスピンオフとして「R‐指定とポップス」という話が出来ればと。ポップスといえば、横アリのMCでも話してたけど「UMB」の入場曲が椎名林檎だったR‐指定さんですが(笑)。

R-指定 棘あるわ、その言い方。もう19歳の時のことなんで大目に見てください(笑)。

――なんで登場に椎名林檎を選んだの?

R-指定 一世一代の場所やから何かしらインパクトを残さないと、っていうのもあったけど、もう単純にめっちゃ好きだからですね。しかもリアルタイムで聴いてたんでこれや!って。それに18~20の時って、ポップスを改めて聴き直す時期でもあったんですよ。それこそ、ヒップホップや日本語ラップに出会う前に、おとんが運転する車の中でかかってたサザンオールスターズとか中島みゆきさん、小田和正さんとかから聴き直したり。

――そもそもの話なんだけど、楽器を習ってたりした経験は?

R-指定 全然無いですね。音楽一家でもないし、音楽的素養は全然無い(笑)。音楽の授業で習う鍵盤ハーモニカとかリコーダーもてんで駄目で、合唱も居残りで練習させられてたぐらい。それがいまや音楽で飯食ってるんやから変な話で。

――横アリで歌ってるんだからね(笑)。サザンの影響についてはBUBKA2021年04号で「僕の一番のルーツはサザンオールスターズ」って話してるし、“LAZY BOY”は、サザンの3rdアルバム『タイニイ・バブルス』に収録された“働けロック・バンド (Workin’ for T.V.)”へのオマージュだと、Creepy Nutsのツイッターアカウントから発表されて。

R-指定 サザンの影響は相当でかいと思いますよ。それこそDABOさんもサザンが好きなんですよね。いとうせいこうさんも「桑田佳祐の日本語の崩し方を知らなかったら自分はラップ出来なかった」っていう話をされてたり。

Twitterでシェア

関連記事

BUBKA RANKING23:30更新

  1. 吉田豪インタビュー、TOSHI-LOW 90年代、あの刹那の先にある今
  2. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.9 坂本慎太郎、ブレイクしたくない 好きな人に届いているいまがベスト
  3. 宮戸優光「前田さんとの関係が、第三者の焚きつけのようなかたちで壊されてしまったのは、悲しいことですよ」【UWF】
  4. 渡辺正行「テレビに出る前の原石を、たくさん見ることができたのは幸せですよね」
  5. 吉田豪インタビュー、中村一義…いつも『最後の聖戦』の気持ちで
  6. みうらじゅん「アブノーマルもラブさえあればラブノーマルだと思うんですよね」<永いおあずけ>
  7. イコラブと山本彩が初コラボ!『あのコン』を熱唱
  8. 吉田豪「What’s 豪ing on」Vol.13 小山田圭吾、コーネリアスの記憶 そして現在
  9. 【BUBKA2月号】栗栖正伸、イス大王が語る遅咲きヒールとしての苦節50年
  10. 佐々木チワワ氏が説く“歌舞伎町のリアル社会学”
  1. フジ佐久間みなみアナ、引き締まった腹筋も披露…1stフォトブック発売「ありのままの自分を」
  2. 阿部華也子、生田キャスターに写真集を渡すも「絶妙の恥ずかしさ」
  3. 阿部華也子「自分の顔をまじまじと見るのが恥ずかしい」2nd写真集発売
  4. 鈴木絢音、幼少期の“敬礼”ショット公開
  5. 乃木坂46井上和、髪もシャツも濡れた艶やかな姿を披露…プールサイドでの新カットが解禁に
  6. 乃木坂46・5期生の井上和、憧れの先輩と同じ「non-no」で専属モデルデビュー
  7. 鈴木絢音、『あざとくて何が悪いの?』で方言を交えた、めんこい“あざと女子”を披露
  8. 乃木坂46の5期生菅原咲月、金曜レギュラーとして『ラヴィット』登場!最速の開始20分で洗礼を受ける
  9. 宮田愛萌、フォトブック発売決定!ファンを惑わす“あざとぶり”は健在
  10. 日向坂46佐々木久美・齊藤京子・丹生明里、一足お先に展覧会を見学